ファクタリングは銀行でやるべきかどうかをメリット・デメリットから解説

ファクタリングをするときにはどこでやるかが大きな課題になります。

銀行でファクタリングをするという話を耳にして興味を持っている人もいるでしょう。

ファクタリングを銀行でやる方法は魅力があるのでしょうか。

この記事ではファクタリングを銀行でできるのか、申し込みが簡単にできるのかをわかりやすく説明します。

銀行でおこなうファクタリングについてメリット・デメリットも解説するので参考にしてください。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

銀行ではファクタリングに対応している場合がある

結論としては銀行ではファクタリングに対応している場合がありますが、あらゆる銀行が対応しているわけではありません。

多くの企業にとっては銀行での資金調達というと融資をイメージすることが多いでしょう。

しかし、中小企業庁による推進の影響もあってファクタリングに対応している銀行も増加してきています。

ファクタリングの専門会社とは違って、金融という視点からのサポートを受けられるのが特徴です。

この場合には融資を受けた方が良いのではないかという提案を受けられることもあります。

逆に融資を申し込んだときに審査が通らない可能性が高いというアドバイスに添えて、ファクタリングをしたらどうかとオファーされることもあります。

銀行では顧客重視のビジネスをしているので、資金調達の方法としてどれが優れているかを考えて提案してくれるのが魅力です。

相談を持ちかけるとファクタリングも考慮した提案をもらえます。

銀行でファクタリングをするときの申し込み方

銀行でファクタリングをしたいときには窓口で申し込むのが一般的になっています。

基本的に銀行では顧客からの相談を受けて提案するというスタンスを取っていて、オンラインフォームに入力すれば申し込めるといったオンラインファクタリングには対応していないのが一般的です。

電話やメールでの対応もしていないことが多く、基本的には窓口に行って相談する必要があります。

ただ、近年のオンラインサービスの充実を受けて、Zoomなどのウェブ会議システムを使ってオンライン相談ができる銀行もあります。
ファクタリングについて相談をしてそのまま申し込める場合もありますが、まだ主流にはなっていないので注意しましょう。

利用したい銀行がある場合には対応について問い合わせてみるのも良い方法です。

ただし、基本的には銀行でファクタリングをするときには窓口に一度は出向く必要があります。

ファクタリングで銀行を利用するメリット

銀行でファクタリングをするメリットは利用者としての安心感があることです。

銀行は公平性と透明性のあるサービスを提供しなければならないことが銀行法によって義務付けられています。

ファクタリングについても顧客が不当な損失を負うようなサービスを提供することがありません。

手数料もきちんと審査をして決めるので妥当な金額になります。

また、ファクタリング業界では各社が独自のサービスや審査基準を設けているため、どのような対応になるかは詳しく相談してみなければわからないのが現状です。

悪徳業者も横行していることが知られていて、中小企業庁でも注意警戒をするように促しています。

しかし、銀行なら悪徳なことはまずあり得ず、サービスの水準も高いので安心です。

顧客重視で丁寧な説明をしているのも魅力で、初めてファクタリングをするときでも安心感があるでしょう。

ファクタリングで銀行を利用するデメリット

ファクタリングをするときに銀行を利用するとデメリットもあります。

銀行では融資の審査も厳しいですが、ファクタリングについても例外ではありません。

依頼主の企業と売掛先の企業を徹底的に調査して、合理的な買取率を算出する努力を続けています。

債権回収ができないリスクがどのくらいあるかによって買取率を変更するのが一般的で、売掛先の事業状況に応じて算出しています。
調査に時間がかかるのもファクタリングを利用する上ではデメリットになる場合があるので注意しましょう。

ファクタリングの専門会社では即日振込に対応していることもありますが、銀行では2営業日か3営業日くらいかかるのが通例です。

対応が早い銀行でも翌営業日の振込が最短で、即日で現金を手に入れられることはありません。

今後の対応改善によって即日対応の銀行が出てくることもあり得ますが、基本的には審査が厳しくて時間もかかるのはデメリットです。

銀行でおこなうファクタリングのまとめ

ファクタリングをするときには銀行を候補として検討することができます。

金融機関として銀行法による制限を受けながら利用者にとって不利なことがないように公平性と透明性があるサービスをしているのが銀行の魅力です。

ファクタリングをするときには審査を通して徹底した計算をしてくれるので手数料が妥当な金額になります。

また、銀行ではファクタリング以外にも融資などによる資金調達の方法を提案できます。

窓口での相談をして申し込むのが一般的ですが、相談時に他の資金調達の方法について提案を受けられるのも特徴です。

ただ、銀行でおこなうファクタリングは時間がかかるのがデメリットです。

審査を徹底しておこなっているため、即日で現金を手に入れることはできません。

資金調達を急ぐ場合には銀行以外のファクタリング会社も比較検討した方が良いでしょう。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、ファクタリングは銀行でやろう!銀行で申し込む方法について詳しく紹介!…でした。

タイトルとURLをコピーしました