ファクタリングと闇金の見極め方は?被害に遭わないための基礎知識を解説

ファクタリングはどのようなサービスなのかがわからずに悩んでいる人もいるでしょう。

うまく活用すると資金繰りをよくすることができる魅力的なサービスです。

ただ、ファクタリングについて調べていると闇金という噂もあるので心配になる方もいるでしょう。

ファクタリングは銀行などの金融機関でもおこなっているサービスです。

闇金とはどのような点が違うのかを詳しく見ていきましょう。

ファクタリングは闇金に似ている部分がある

ファクタリングが闇金という噂が流れるのは似ている部分があるからです。

ファクタリングは売掛債権を譲渡する代わりに、売掛金から手数料を引いた金額をファクタリング会社に支払ってもらえるサービスです。

例えば、来月末日に支払予定の50万円の売掛債権があるときに、ファクタリングをすると当日~2週間程度で30万円~48万円くらいの現金を受け取れます。

そして、売掛金を手に入れたらファクタリング会社に支払う、あるいはファクタリング会社に直接売掛先から売掛金を受け取ってもらうという流れになっています。

闇金に似ているのはすぐに現金を手に入れられることと、手数料が高い場合があることです。

闇金は即日で現金が手に入る代わりに、違法な金利で返済を要求するのが一般的です。

ファクタリングも即日対応をしている業者が増えています。

手数料も40%くらいになる場合もあるため、法外な手数料を取られてしまうと闇金のようだと思われてしまうのももっともなことでしょう。

ファクタリングを装う闇金は存在する

ファクタリングと闇金の関係としてもっと切実なのは、実際にファクタリングを装って闇金家業をしている事例が存在していることです。

資金繰りに苦労している中小企業や個人事業主をターゲットにして、即日で現金が手に入るファクタリングのサービスだという話を持ちかけています。

まだファクタリングについての知識が十分に浸透していないこともあって、闇金と同じ手口なのにファクタリングだから大丈夫と誤解して取引をしてしまうケースがありました。

現在でもファクタリングを装っている闇金がいることが知られているので注意が必要です。

特に中小企業の資金繰りにファクタリングが有効だという話が取り上げられるようになってからは、ますます闇金が目立つようになりました。

金融関係の専門家もファクタリングと謳っている闇金が横行している点を指摘して、むやみやたらに利用しないように促しているケースもあるのが現状です。

ファクタリングと闇金の大きな違い

ファクタリングと闇金はまったく別物なので、正しい知識を持っていれば闇金に騙されることはありません。

資金繰りに苦労していてすぐに現金が欲しいという気持ちに付け入ってくるのが闇金の特徴です。

しかし、ファクタリングはあくまで取引なので、急いでいる顧客に対して真摯に対応するのは確かですが、自社の利益やリスクも考慮してきちんと審査をしています。

審査なしでお金を手に入れられるようだったら闇金だと考えた方が良いでしょう。

ファクタリングと闇金の大きな違いは売買か違法な貸金かです。

ファクタリングは売掛債権を買い取ってもらって代金を受け取ります。

その後に返済義務が生じることは一切ありません。

しかし、闇金の場合には形式上は貸金になるので、借りたお金を返さなければならない形になっています。

実際には闇金の場合には違法な内容になっているため、言われた通りに返済しなければならないわけではありません。

ファクタリング会社や闇金かを見破るコツ

ファクタリング会社なのか闇金なのかを見破るには、相手の提供しているサービスが売掛債権の売買なのか、貸金なのかを判断するのがコツです。

貸金の場合には貸金契約をすることになりますが、ファクタリングなら債権譲渡契約になります。

契約書の文言をきちんと読めば明らかな違いがあるので判断可能です。

また、闇金の場合にはバックデートで契約書を交わせば良いという説明をしたり、契約書がそもそも存在しなかったりします。

契約書がなくても問題ないといった説明をする場合が多いので、闇金かどうかを判断するときにはわかりやすいポイントでしょう。

ファクタリング会社なら必ず契約書を締結します。

契約書をうやむやにするような様子があったら闇金だと判断して、すぐに手を引くのが大切です。

闇金でも契約書を交わす場合がありますが、売掛債権を担保にする、返済義務があるといった文言が契約書にあったら貸金なのでファクタリングではないと判断できます。

ファクタリングと闇金の関係についてのまとめ

ファクタリングと闇金は似ている部分もあるのは確かですが、ファクタリングは闇金と違って合法的なサービスです。

闇金は違法な金利を設定して悪徳なやり方で取引をしている貸金業者なので、ファクタリングか貸金かという視点を持つと区別できます。

ファクタリングについてあまり知らないまま利用している人が多い影響で、闇金の被害に遭っている事例が多数出てきました。

その影響でファクタリングは闇金だと言われている場合もありますが、あくまで闇金がファクタリング会社を装っているケースがあるだけです。

契約書を見てみればファクタリング貸金かは簡単に判別できます。

ファクタリングという名前を使って闇金が活動をしているケースがある点には注意が必要です。

契約書の内容を隅々までチェックする、有名で実績があるファクタリング会社を利用するなど、闇金の被害に遭わない工夫をしてファクタリングを活用していきましょう。

以上、ファクタリングと闇金の見極め方は?被害に遭わないための基礎知識を解説…でした。

タイトルとURLをコピーしました