ファクタリングを飲食店が急激に現金化利用する増加理由と相性とは

ファクタリングを飲食店が急激に現金化利用する増加理由と相性とはコラム

売掛債権を買い取って現金化するファクタリングサービスは、主に実際の作業と売上金を入手するタイミングにギャップのある業種で利用されている現金調達方法です。

飲食店は現金支払いがメインであるため、この売上金入手までのギャップが少なく一般的にはファクタリングとあまり縁のない業種とされています。

しかし最近は市場の変化などもあって飲食店においてもファクタリングを利用するケースが着実に増えてきています。

飲食店経営者は積極的にファクタリングサービスについて学んでおくべき時期にあると言えるでしょう。

ファクタリングを使う飲食店が増えてきた理由

これまで買取ファクタリングを利用する業種の代表として考えられてきたのは建設業です。

建設業は実際の建設工事を行ってから、その売上工賃を得るまでに数ヶ月のギャップを要するのが普通です。

そのためファクタリングサービスを利用して多少の手数料を支払ってでも現金入手までの時間を短くすることで運転資金を確保するのは経営の常套手段となっています。

一方で飲食店は会計のほとんどを現金で行ってきたため、敢えて手数料を支払うファクタリングサービスを利用するメリットがなかったと言っていいでしょう。

しかし近年急速に飲食店によるファクタリングサービスの利用需要が伸びてきています。

これにはキャッシュレス決済の普及などによって飲食店の現金入手ギャップが増えてきたことが理由として挙げられるでしょう。

たとえばクレジットカード決済が増えると実際に売上金が入金されるまで2ヶ月程度待たされる期間が生じるため、この期間中に飲食店であっても運転資金が尽きるリスクが増しているわけです。

そのリスクの回避方法としてファクタリングサービスが注目されています。

ファクタリングを飲食店が導入する場合の考え方

一般的に買取ファクタリングにおいては売掛債権と呼ばれる権利を取引することになります。

売掛債権とは売上を受け取る権利のことで、物理的には領収書や請求書などの形で取引されています。

ファクタリング業者はこの売掛債権を買い取ることで利用者側に現金を先渡しするというのがファクタリング現金化の基本構造となっています。

ここで注意したいのは、売掛債権として認められる権利を有していないと買取ファクタリングは成立しようがないという点です。

飲食店の場合、訪れた客の1人ずつと契約を結んでいるわけではないのでこれまで売掛債権の確認はかなり困難だったと言えます。

ですがクレジットカード決済やコード決済などが推進されたことによって、取引の実態が可視化されやすくなり売掛債権の確認も簡単に可能になりました。

特にクレジットカード決済による将来的に受け取りが確定している売上金に関しては、問題なく売掛債権としてファクタリング現金化の対象とすることができるようになっています。

ファクタリング日数の影響は?短いと有利で長いと不利になるのは本当?
ファクタリング日数はファクタリングの買取率と審査の通りやすさに影響があります。一般的な支払いサイトの60日までであれば審査が通りやすいですが、90日以上になると不利です。また、ファクタリング日数に比例して手数料が高くなる場合がほとんどです。可能な限りファクタリング日数が短い売掛債権を選ぶようにしましょう。

ファクタリング現金化を飲食店が行うメリット

ファクタリングの利用目的はほとんどの場合、会社や店舗の運転資金を確保することになります。

通常ファクタリングサービスは銀行などからの融資を受けられなくなった際、緊急避難的に使われることが多い方法となっていました。

しかし飲食店はそもそも銀行からの融資を受けにくい特徴を持っています。

慣例的に現金決済がメインだった飲食店は銀行による運転資金融資の対象となりにくいため、申し込みをしても審査で弾かれてしまうケースが目立ちます。

そのためキャッシュレス決済を導入して売上金が入ってくるタイミングが遅くなったにも関わらず、運転資金を補う方法がなく窮地に陥ってしまう飲食店は決して珍しくありません。

そうした事情から飲食店の場合、最初から銀行融資ではなくファクタリングサービスに頼った方がメリットが大きいと判断することもできるでしょう。

またファクタリングは借金には当たらないため、銀行から評価を下げられる心配がない点も魅力的です。

たとえば状況次第では銀行融資とファクタリングを同時利用することも可能となります。

ファクタリングを利用する飲食店が注意すべきポイント

飲食店がファクタリングサービスで現金調達を行うにあたっては、いくつか注意しておいた方がいいポイントも存在します。

一番大きな注意点はやはりファクタリングの手数料についての問題です。

当たり前ですが手数料を引かれることによって、本来入ってくるはずだった売上金が目減りしてしまうというのがファクタリング最大の懸念事項となっています。

建設業や医療機関など継続的な仕事がほぼ確定していて、年間の売上金が計算しやすい業種であればファクタリング手数料を含めた事業計画を立てやすいと言えます。

それに対して飲食店は景気の動向や天候による客入りの変化など、売上金の変動要因が多過ぎるため長期的な事業計画を立てるのが難しくなっています。

そんな状態で安易にファクタリングを利用してしまうと、手数料によってさらに経営を圧迫して破綻してしまうこともあり得るでしょう。

そのため飲食店が買取ファクタリングによる現金化をする際には、なるべく小規模に抑えながら全体売上の変化をコントロールする慎重さが求められます。

https://www.kariiku.online/shinsaochi/

ファクタリングと飲食店についてのまとめ

ファクタリングによる売掛債権の現金化は、キャッシュレス決済の拡大によって経営の仕組みが抜本的に変わりつつある飲食店にとっても重要な現金調達方法となってきています。

ただしこれまでファクタリングを多用してきた業態での常識が、飲食店にはあまり通用しない部分があることには特に注意が必要です。

建設会社などがやっているのと同じ流れで飲食店がファクタリングを利用してしまうと、予想以上に経営への悪影響を受ける可能性もあります。

そのため飲食店がファクタリングを導入する際は、最初から全力で利用するのではなく少しずつ様子を見ながら利用のバランスを見極めていくことが大切になるでしょう。

また、そうした慎重な運用に対処してくれるファクタリング業者を選ぶことも飲食店には重要です。

特定の業種をメインに扱っていたファクタリング業者だと飲食店特有の問題を認識していないこともあるので、明確に飲食店への対応を表明しているファクタリング業者を探しておくのがおすすめとなります。

以上、ファクタリングを飲食店が急激に現金化利用する増加理由と相性とは…でした。

タイトルとURLをコピーしました