ファクタリングで審査落ちすることがある?落ちる条件を知っておこう!

ファクタリングの審査落ちとはどのようなケースか

ファクタリングでは審査落ちをする場合があると聞いたことがあるでしょうか。

ファクタリングの審査落ちとはどのようなケースで起こり得るのか、もし落ちたときに対策はできるのかが気になっている人もいるでしょう。

この記事ではファクタリングの審査落ちについて詳しい情報をまとめました。

ファクタリングに申し込んでも審査が通らない原因は何なのかを明らかにした上で、対策方法を紹介するので参考にしてください。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

ファクタリングで審査落ちする理由は自社にはないことが多い

ファクタリングは銀行で融資を申し込んでも断られてしまった企業でも利用できるという定評があります。

利用の際には必要書類を提出して審査を受けることになりますが、落ちることはあまりないのではないかと思われがちです。

しかし、実際にはファクタリングでも審査落ちをしているケースがあります。

ただファクタリングで審査落ちした原因は申し込んだ会社にはないことが多いので注意しましょう。

審査落ちをする原因として典型的なのは売掛先の信用情報や経営状況などに問題があることです。

ファクタリングの審査では売掛先が期日までに支払いができるかどうかが重要になります。

ファクタリング会社は売掛債権を買い取って売掛金を受け取ることにより利益を得ているからです。

そのため、売掛先が十分な利益を得ていて売掛先を支払えるなら買い取ってくれます。

しかし、支払えないリスクが大きいときには審査落ちになるのが一般的です。

ファクタリングで自社が原因で審査落ちするケースとは

ファクタリングでは自社が原因で審査落ちするケースもないわけではありません。

一般的には売掛先が重要視されますが、懸念事項もあるので自社も審査対象になります。

まず、すぐに倒産してしまうリスクがあるかどうかです。

倒産しても売掛債権の譲渡が完了していれば、売掛先にアプローチして債権回収をすることはできます。

しかし、2社間ファクタリングをする場合にはファクタリング会社は慎重にならざるを得ません。

2社間ファクタリングでは売掛先に債権譲渡がおこなわれたことを伝えずに取引が進められているからです。

売掛金を回収するのも自社が担当する仕組みになっています。

この状況で倒産されてしまうとファクタリング会社としては債権回収のときにトラブルが起こるリスクがあります。

そのため、少なくとも当面は倒産するリスクがないくらいの経営状態になっていることが審査されるのが通例です。

ファクタリングで審査落ちしたときの打開方法

ファクタリングで審査落ちをしたとしても打開は可能なので心配する必要はありません。

審査落ちをした原因は基本的には売掛先の信用度が低く、ファクタリング会社としては買い取れないと判断したからです。

他の売掛債権があるなら再チャレンジをしてみましょう。

大手の優良企業が売掛先であれば審査落ちすることはほとんどありません。

中小企業や個人事業主が売掛先の場合には信用が問題になって審査が通らないことがあります。

また、取引期間が長くていつも確実に売掛金の支払いを受けられている場合には信用できると判断されて審査が通りやすくなります。
今回が初めての取引だったり、過去に何度も支払いの遅れがあったりする場合には審査落ちするリスクが高くなるので注意しましょう。

このような視点で売掛債権を選定し直すと、一度審査落ちをしたとしても契約できる可能性があります。

ファクタリングの審査落ち対策には会社選びも重要

ファクタリングでは審査落ちをしたとしても他のファクタリング会社に相談すると通ることもよくあります。

会社によってどのような審査基準を設けているかが異なるからです。

2社間ファクタリングか3社間ファクタリングかによっても違いがあり、2社間ファクタリングでは審査落ちをしたけれど、3社間ファクタリングなら通ったということもよくあります。

審査を通して何を評価するかは会社ごとに違うため、信用できるかどうかの判断も変わって当然でしょう。

一般的に3社間ファクタリングでは2社間ファクタリングよりも売掛先の調査に時間をかけて徹底しておこなう傾向があります。

リスクがありそうだと思った会社でも、調査をしてみれば特に問題なさそうだという判断になることも稀ではありません。

審査落ちをしたときには他社にも相談し、ファクタリングのやり方についても変更してみると良いでしょう。

ファクタリングで審査落ちする理由と対策のまとめ

融資の審査が通らなかったときでも資金調達ができる方法としてファクタリングは有名ですが、ファクタリングでも審査落ちすることはあります。

ファクタリングで審査落ちする原因は自社ではないことが多く、売掛先の支払い能力が問題になっているケースがほとんどです。

自社が原因になるケースとしてはすぐに倒産するリスクがあるときくらいで、融資を受けられない状況でもファクタリングを利用できる可能性は十分にあります。

もしファクタリングで審査落ちをしても信用情報に記録が残るわけではありません。

もっと信用できる売掛債権を用意して審査を受けるようにしましょう。

安定した経営をしている売掛先の債権を選べば審査が通る可能性が高くなります。

取引先の経営状況を考慮して、できるだけ優良な企業の売掛債権を使いましょう。

もし買い取ってくれなかったときにも他のファクタリング会社に相談すれば審査が通ることもあるのも念頭に置いておいた方が良い点です。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、ファクタリングで審査落ちしたらどうすべき?打開する方法を詳しく解説!…でした。

タイトルとURLをコピーしました