ファクタリングと商工ローンの違いは?ファクタリングなら負債が増えない

商工ローンとは、中小企業が融資を受ける方法のひとつです。

銀行と比較して融資の条件や審査が緩いため、中小企業が資金を調達するのに適しています。

また、審査や手続きも素早く終わるので、短期間で資金を確保するのにも利用しやすいです。

そのため、ファクタリングではなく商工ローンを利用して資金を調達している中小企業も多く存在します。

今回は、ファクタリングと商工ローンの違いや、どちらを利用するのが良いかについて解説します。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

ファクタリングと商工ローンの違い① 負債の比率が増加するか

ファクタリングと商工ローンの違いのひとつは、利用することで負債の比率が増加するかしないかということです。

ファクタリングと商工ローンでは財務上の扱いが異なり、ファクタリングは売掛金という資産の減少として処理されますが、商工ローンは借入金という負債の増加として処理されます。

したがって、ファクタリングを利用した場合は負債の比率は増加しないのに対し、商工ローンを利用した場合は負債の比率が増加することになります。

負債の比率が増加すると銀行などの融資の審査に影響し、融資を受けられなくなるようなケースがあります。

そのため、商工ローンを利用して負債を増やしたために、銀行からの融資が打ち切られて結局資金が不足するといった事態もあり得ます。

銀行などからも融資を受けている場合や、審査に通過できるか不安のある場合には、商工ローンではなく負債の比率を増やさずに資金を確保できるファクタリングを利用する方が良いと言えます。

ファクタリングと商工ローンの違い② 資金調達にかかる手数料

ファクタリングと商工ローンでは、資金調達のためにかかる手数料が違ってきます。

ファクタリングには手数料の上限が定められておらず、ファクタリング会社によって幅広い手数料が設定されています。

一方、商工ローンでは手数料が法律で定められているので、上限が明確になっています。

ファクタリング会社の中には1回の資金調達で20%以上の手数料がかかるようなところもあり、商工ローンと比較すると多額の手数料がかかりやすいです。

ファクタリング会社やファクタリングの方式で手数料は変わるので、ファクタリングを利用する場合はなるべく手数料の安いファクタリング会社を探す必要があります。

商工ローンの手数料は基本的にはファクタリングをする場合よりも安く済むことが多いため、手数料を抑えて資金を調達したいのであれば、ファクタリングよりも商工ローンを利用することをおすすめします。

いずれにせよ資金調達の際には、手数料をきちんと確認するようにしましょう。

ファクタリングと商工ローンの違い③ 審査の基準

ファクタリングと商工ローンの違いとしては、審査の基準が異なる点も挙げられます。

ファクタリングでは資金調達を行う事業者に対する審査は非常に緩く、売掛先の財務状況や信用の審査が重視されています。

したがって、ファクタリングは審査のハードルが低く、多くの事業者が資金を調達することができます。

それに対し、商工ローンでは資金調達を行う事業者の財務状況や信用を重視した審査が実施されます。

審査では細かいチェックが行われており、事業内容や資金のほか、将来性がある事業であるかも確認されます。

銀行と比較すると審査はやや緩いですが、それでもリスクのある事業者とみなされた場合には融資を受けることはできません。

赤字決算が続いているような場合は、融資を断られるケースもあります。

このような差があるので、商工ローンの審査を通過するのが厳しく融資を受けられないような場合には、ファクタリングによる資金調達に頼ることになるでしょう。

ファクタリングと商工ローンの違い④ 資金調達のスピード

ファクタリングと商工ローンでは、資金調達のスピードでも違いが見られます。

ファクタリングは手続きから入金までのスピードが非常に早く、即日振込に対応しているファクタリング会社も存在します。

一方、商工ローンでは手続きや審査にある程度時間が必要となるので、実際に融資を受けられるまでには1週間程度かかることがあります。

銀行の融資を利用した場合はさらに時間がかかるので、商工ローンでの資金調達も遅いわけではありませんが、それでもファクタリング会社を利用する場合と比較すると資金調達にやや時間がかかることになります。

今すぐに資金を確保しなければならない場合や、入金までのスピードを重視する場合には、ファクタリング会社を利用することになるでしょう。

ただし、ファクタリング会社のすべてが即日振込に対応しているわけではなく、利用初回には手続きに時間がかかってしまうケースもあります。

実際の入金までにどれくらいの時間がかかるかは事前に確認しましょう。

ファクタリングと商工ローンの違いまとめ

今回は、ファクタリングと商工ローンの違いについて取り上げました。

ファクタリングでは負債の比率が増加しないのに対し、商工ローンでは負債の比率が増加するという違いがあります。

そのため、負債の比率を増やしたくない場合には、ファクタリングを利用するべきと言えます。

また、資金調達にかかる手数料も異なっており、上限のないファクタリングよりも、法律で上限が定められている商工ローンの方が手数料を抑えられることが多いです。

審査の基準に関してもファクタリングと商工ローンでは違いがあり、ファクタリングの方が審査が緩くさまざまな事業者が資金調達に利用しやすいです。

資金調達のスピードの面でもファクタリングと商工ローンでは差があり、即日振込に対応していることもあるファクタリングの方が短期間で資金を確保するのに向いています。

これらの違いを理解した上で、ファクタリングと商工ローンのどちらの方法で資金を調達するか検討することをおすすめします。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、短期間で資金を確保したいなら商工ローンよりファクタリングがおすすめ…でした。

タイトルとURLをコピーしました