ファクタリングの仕組みには2種類ある!それぞれの特徴と違いを知ろう!

ファクタリングは資金調達の方法としてよく注目されるようになりました。

ファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらうことによって、すぐに現金の資金を調達できるのが魅力です。

ただ、ファクタリングには2つの仕組みがあり、それぞれにメリットもデメリットもあるので注意した方が良いでしょう。

それぞれの仕組みを理解して、シーンに応じてより適切なファクタリングの方法を選ぶようにするのが大切です。

ファクタリングの仕組みには2つある

ファクタリングには大きく分けると2つの仕組みがあります。

ファクタリングにかかわる会社の数によって2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという二つに分類が可能です。

ファクタリング会社では両方に対応していることも、一方にしか対応していないこともあります。

2社間ファクタリングは売掛債権を買い取ってくれるファクタリング会社と、売掛債権を持つ会社の2社間で取引がおこなわれます。

しかし、3社間ファクタリングの場合にはファクタリング会社と売掛債権を持つ会社に加えて、売掛先の会社も取引に関与するのが特徴です。

ファクタリングをするときには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの仕組みの違いを理解して、どちらが良いかを考えることが重要になります。

ケースバイケースでどちらが大きなメリットをもたらすかは異なるので、それぞれの仕組みを正しく把握して使い分けることが必要です。

2社間ファクタリングの仕組み

2社間ファクタリングは売掛先の企業とは一切関係なく、売掛債権を持つ企業とファクタリング会社の間で取引をすることになります。

2社間の合意によって契約が成立するので、3社間ファクタリングに比べるとスムーズに契約できるのがメリットです。

2社間ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社が買い取り、その買取代金としてすぐにファクタリング会社から企業に支払いがおこなわれます。

そして、売掛金が現金として入った段階で企業がファクタリング会社に売掛金を全額支払うという仕組みです。

売掛債権によって支払われるお金を受け取る権利がファクタリング会社に移行される仕組みになっています。

そのため、売掛先の企業からお金を徴収するのはもともと売掛債権を持っていた企業です。

売掛先がきちんと期日までに支払ってくれれば何も問題はありません。

しかし、支払いの遅れが生じたときなどには企業が対応をする必要があります。

3社間ファクタリングの仕組み

3社間ファクタリングはファクタリング会社と売掛債権を持つ企業に加えて、売掛先の企業もかかわる取引方法です。

売掛債権を持つ企業がファクタリングを依頼したときに、売掛先の企業にも連絡して取引する仕組みになっています。

3社間ファクタリングでは売掛債権そのものをファクタリング会社に譲渡するのが特徴です。

売掛先から資金回収をするのは、もともと売掛債権を持っていた企業ではありません。

ファクタリング会社が債権回収の権利を持ち、直接売掛先に請求をして回収する仕組みになります。

このような形を作り上げるには売掛先の企業に通知することが必要です。

一般的にはただ通知するだけでなく、了承を得ることになるため、3社間での合意に基づく取引になります。

3社間ファクタリングにすると債権回収はファクタリング会社に任せられるのが特徴です。

その分だけファクタリング会社に負担とリスクがあるため、手数料が大きくなる傾向があります。

どちらの仕組みのファクタリングを選ぶべきか

ファクタリングでは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらを選んだら良いのでしょうか。

仕組みを比較するとどちらにもメリットもデメリットもあるのは明らかでしょう。

2社間ファクタリングは売掛先の企業が一切関与することがありません。

ファクタリングの契約がスムーズに進みやすいため、即日で売掛債権を現金にできることもよくあります。

しかし、3社間ファクタリングの場合には売掛先に連絡が取れなければならないため、取引の成立までに数日かかることも珍しくありません。

3社間ファクタリングでは債権回収をファクタリング会社に任せられるため、請求書を出して支払いをしてもらう手間を省くことができます。

しかし、ファクタリング会社にとっては手間がかかるため、手数料を高くしているのが一般的です。

スピードと手数料が2社間ファクタリングと3社間ファクタリングを選ぶときに重要なポイントです。

ファクタリングの仕組みのまとめ

ファクタリングの仕組みは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つに分けられます。

ファクタリング会社と売掛債権を買い取ってもらう企業の2社で取引が成立するのが2社間ファクタリングです。

さらに売掛先の企業が関わるのが3社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングは売掛先の企業が契約に関与しないため、スムーズに契約して売掛債権を現金にできます。

ただ、2社間ファクタリングの場合には売掛先からの債権回収について売掛債権を買い取ってもらった企業が責任を負います。

3社間ファクタリングの場合には売掛先に通知をして、ファクタリング会社が直接債権回収をする仕組みになっています。

2社間ファクタリングとは違って債権回収をする必要がなくなるのがメリットです。

3社間ファクタリングは契約の成立までに時間がかかるのはデメリットになります。

仕組みによってメリットもデメリットも異なるので、よく吟味して選ぶのが大切です。

以上、ファクタリングの仕組みには2種類ある!それぞれの特徴と違いを知ろう!…でした。

タイトルとURLをコピーしました