売掛金回収をしたい!具体的な方法と回収不能になったときの対策方法は?

売掛金回収とはどのような方法でできるのか、どんなときにやらなければならないのかが気になっている人もいるでしょう。

売掛金回収をしなければ経営を安定させるのは難しいので、高い売掛金回収率を維持するのが重要です。

この記事では売掛金回収の具体的な方法や、売掛金回収で困ったときに知っておきたいポイントを幅広く紹介します。

売掛金回収が困難になった場合にできる対策についても解説するので参考にしてください。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

売掛金回収をする一般的な方法

売掛金回収をするときには売掛先に対して何らかの形で督促をする必要があります。

健全な取引では請求書を送付したら期日までに売掛金を支払ってくれるという形ですが、請求書を送っても支払われないということもあるでしょう。

このような際に本格的に売掛金回収に乗り出す必要が生じます。

一般的にはまず請求書を送ったけれど確認してくれたかという趣旨のメールを送って連絡します。

それでもレスポンスがないときには電話をして催促をするのが基本です。

ただ、電話に出てくれないということもあります。

訪問して話をすることもできますが、近年ではこの時点で自社では売掛金回収が困難と判断して別の手段を選ぶ会社が増えてきました。

売掛金回収の代行をしている専門会社に依頼する方法です。

代行を依頼すれば売掛金の取り立てをする負担がなくなるため、他の業務に支障をきたすことがありません。

自社からできることを一通り試して売掛金回収が難しかったら、専門会社に依頼するのが一般的です。

売掛金回収期間として一般的な長さはどのくらいか

売掛金回収について期間がどのくらいなのかを理解しておくのも大切です。

売掛金が発生してから回収するまでにかかる期間は一般的には1ヶ月~2ヶ月になっています。

支払いサイトが30日~60日になっていることが多いからです。

売掛金が発生した翌月末あるいは翌々月末が支払い期日になっているのがよくあるパターンです。

売掛金回収期間として1ヶ月~2ヶ月というのはあくまで典型例であって、企業間の交渉によって短くすることも長くすることもできます。

月内の売掛金はその月末に支払うといったやり方をしているケースもないわけではありません。

ただ、日本では一般的に売掛金の支払いは翌月払いか翌々月払いのことが多いため、売掛金が発生すると当面は現金が入ってこないことを覚悟しなければなりません。

それまでの現金をいかにして工面するかが大きな経営課題になることもあります。

売掛金回収率が低いときには対策が必要

売掛金回収はすべて期日通りにおこなえるのが理想的です。

しかし、実際には期日になっても払ってもらえず、メールを送っても支払いがないということもあります。

このような状況を放置してしまうと売掛金回収率が低下します。

売掛金回収率が低下している場合には対策をしなければ、売上を現金化できずにキャッシュ面で苦労することになりかねません。

売掛金回収が完璧にできていると言えない場合には、定期的に売掛金回収率を計算して推移を確認しましょう。

売掛金回収率は年間の売上高を12ヶ月で割って月間の売上高を算出した後、売掛金で割って算出します。

売掛金回収率が高ければ売掛金が未回収になっている部分が少ないことがわかります。

もし売掛金回収率が小さくなってきているなら、早急に対策をするのが大切です。

このままではキャッシュが不足してしまって倒産に向かうリスクがあります。

売掛金回収が不能になってしまうケースとは

売掛金回収はいつまでも可能だと思うかもしれません。

しかし、実際には売掛金回収が不能になってしまうこともあるので注意しましょう。

例えば、売掛金の支払期日が来てから5年間が経過した場合に、特に何もアクションをしなかった場合には時効になって回収不能になってしまいます。

売掛先に訴訟を起こしたり、支払いの督促や民事調停の申し立てをしたりすれば事項は免れますが、ただ口頭で話をしていたくらいでは5年で時効になるので注意しましょう。

一方、企業が倒産してしまった場合にも実質的に回収不能になってしまいます。

厳密に言えば破産法によって売掛金回収が禁止されているものの、破産手続き上では配当を受け取れる可能性があります。

しかし、破産した企業が抱えている資産はわずかなので、回収不能になるのとほぼ同じです。

他にも民事再生法や会社更生法などによって裁判所が認可をした場合には債権が消滅することがあります。

売掛金回収代行を利用する方法と特徴

売掛金回収が難しいときに放置してしまうと時効になり、場合によっては相手会社が倒産してしまう可能性もあります。

確実に回収していくのは安定した企業経営をする上で欠かせないことなので、早めに対策を取りましょう。

売掛金回収代行を利用する方法は自社の負担を減らしつつ、法的に有効な方法で回収を続けてくれる魅力的な方法です。

売掛金回収代行に依頼すると、督促状を出して売掛金回収が可能な期間を延長したり、電話や訪問による回収を試みたりしてくれます。

最終的には催告書を送ることから始めて、裁判所を通して強制執行の手続きを進めてもらうことも可能です。

売掛金回収代行を利用すれば社内負担を最小限に抑えながら、売掛金回収の確率を大きく引き上げられます。

売掛金回収代行に依頼すると手数料がかかりますが、1%~8%程度が相場なので資金繰りの対策として有効でしょう。

売掛金回収が難しいと判断できた時点で代行業者に相談するのは大切です。

売掛金回収についての総まとめ

売掛金回収は現金を手に入れる上で欠かせないことです。

製品やサービスによって売上が出たとしても、売掛取引をしている場合には売掛金回収をしなければ現金が入ることはありません。

一般的な1ヶ月~2ヶ月の期間で支払い期日を設定し、期日までに支払われなかったときには積極的にアプローチをして売掛金回収をするのが重要です。

売掛金回収を怠っていると5年で時効になってしまって回収不能になっていまいます。

売掛金を支払えないのは経営が厳しいのが理由の場合が多いので、売掛先が倒産してしまって回収できなくなることもあるでしょう。
もし売掛金回収の催促や督促が社内で大きな負担になるなら、売掛金回収代行を依頼するのが賢い方法です。

専門会社として売掛金が回収不能にならないように徹底したたいおうをしてくれます。

売掛金回収率を上げたいときにも売掛金回収代行に相談するとまだ回収可能な債権を見つけて対応してくれます。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、売掛金回収とは?どのようなときに必要なのかを詳しく知っておこう!…でした。

タイトルとURLをコピーしました