ファクタリングには延滞や遅延があるって本当?典型的なケースを紹介!

ファクタリングでは延滞や支払いの遅延が起こるリスクがあると知っているでしょうか。

ファクタリングは借金ではないから延滞が起こることはないと思っている人もいるでしょう。

しかし、実際にはファクタリングを利用して延滞になったり、支払いの遅延が起こったりしている事例があります。

どのようなケースで延滞や遅延が起こるのでしょうか。

この記事ではファクタリングでの延滞や遅延について具体的なケースを紹介します。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

ファクタリングの仕組みと延滞・遅延

ファクタリングの延滞や遅延について理解するためには、ファクタリングの仕組みを理解する必要があります。

ファクタリングの仕組みには大きく分けると2社間と3社間の二種類があります。

2社間ファクタリングの場合には、ファクタリング会社との間での取引になり、売掛金は自社が売掛先から回収することになるのが特徴です。

売掛金を回収したらそのお金をそのままファクタリング会社に渡して取引が完了するという仕組みになっています。

一方、3社間ファクタリングの場合には売掛金を回収するのがファクタリング会社になります。

売掛先から直接ファクタリング会社に売掛金が支払われる仕組みになるため、自社は売掛債権を買い取ってもらって代金を受け取った時点で取引にかかわることがなくなります。

その代わりに売掛先が支払いが終わるまではファクタリングの取引にかかわってくれる形になるのが特徴です。

ファクタリングで自社が原因で延滞や遅延が起こるケース

ファクタリングでは自社が原因で延滞や遅延が起こるケースがあります。

2社間ファクタリングのときには自社が原因になる可能性があるので注意しましょう。

2社間ファクタリングの場合には期日までに売掛金を回収してファクタリング会社に支払わなければなりません。

売掛金の回収ができなくて支払えない、支払日を忘れてしまっていたなどといった理由で延滞になることがあり得ます。

売掛金に比べてファクタリングで調達できた資金は少ないので、当初想定していたよりは少ない現金で経営をしなければならなくなります。

そのため、回収はできたけれど別の目的で使ってしまったというケースも決して少なくありません。

ただ、ファクタリング会社との契約上、売掛金の全額を期日には支払わなければなりません。

手持ちの現金が足りなくて払えず、支払いを遅延させざるを得ない状況に陥ることがあります。

ファクタリングで売掛先が原因になって延滞や遅延が起こるケース

ファクタリングでは売掛先が原因で取引上の遅延や延滞が発生するケースもあります。

2社間ファクタリングのときにも自社が売掛金を受け取れず、債権回収が困難になってしまう場合があります。

この際には自社が責任を負うことになりますが、3社間ファクタリングのときには状況が違うので念頭に置いておきましょう。

3社間ファクタリングの場合には自社が債権回収をしてファクタリング会社に支払いをする義務がありません。

債権回収をするのはファクタリング会社です。

この場合に売掛先の支払いが遅延した場合には、売掛先が背金を負って延滞のペナルティを受けることになります。

自社の損益だけを考えるのなら2社間ファクタリングに比べると3社間ファクタリングは延滞によるリスクが低いことがわかります。

ただ、自社都合でファクタリングをしたのに取引先に負担を強いるのは後々の関係にも影響するので注意が必要です。

ファクタリングで延滞や遅延が起こるとどうなるのか

ファクタリングで延滞や支払いの遅延が発生したときにはどのような対応を強いられるのでしょうか。

基本的には契約によって延滞をしたときのペナルティが定められています。

一般的には遅延損害金を支払わなければなりません。

融資を受けたときと同様に年率が定められていて、日割り計算で遅延損害金が上乗せされていきます。

早く支払いができれば金額は売掛金から大きく上がることはありませんが、数ヶ月もの遅延になると金額が大きくなって払えない状況に陥ることもあります。

この責任を負うのが2社間ファクタリングでは自社、3社間ファクタリングでは売掛先になります。

具体的な遅延損害金の金額や利率の計算の仕方などは各社で異なりますが、一般的な融資の遅延損害金と同等の高い年率のことが多いのでうっかり支払いを忘れないように注意しましょう。

どうしても遅れてしまう理由がある場合には、事前にファクタリング会社に相談するのも大切です。

ファクタリングにおける延滞や遅延のまとめ

ファクタリングでは売掛金を期日までにファクタリング会社に支払う必要があります。

その期日よりも支払いが遅れてしまったら延滞になり、遅延損害金の支払いがペナルティとして発生するのが一般的です。

延滞や支払いの遅延の原因になるのは自社または売掛先です。

2社間ファクタリングでは自社が売掛金の債権回収をしてファクタリング会社に支払うので、遅れたら責任を負うのは自社です。

しかし、3社間ファクタリングの場合には売掛金をファクタリング会社が直接売掛先から回収するため、遅延した場合の責任を負うのは売掛先になります。

2社間ファクタリングでも3社間ファクタリングでも、売掛先が払えなかったときには延滞せざるを得ない状況になるでしょう。

その際にどちらが負担をするかが取引方法によって異なります。

今後の売掛先との関係も考慮して、延滞することになった場合の対応について相談しておくのがおすすめです。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、ファクタリングでの延滞や支払いの遅延をするとどうなるのかを解説!…でした。

タイトルとURLをコピーしました