2社間ファクタリングとは?仕組みとメリット・デメリットを詳しく紹介

2社間ファクタリングとはファクタリング会社と一対一で取引をする売掛債権の売買です。

ファクタリングのやり方としては2社間ファクタリングの他に3社間ファクタリングもありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

依頼先の会社によっては2社間ファクタリングにしか対応していないこともあります。

ここでは2社間ファクタリングの仕組みやメリット・デメリットを紹介するので参考にしてください。

2社間ファクタリングの仕組み

2社間ファクタリングは取引を希望する企業とファクタリング会社の間で契約をする取引です。

売掛先の企業はファクタリングに一切関与しないのが特徴です。

ファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらうことによって企業は現金を手に入れられます。

その後、企業は売掛先から売掛金の支払いを受けます。

その売掛金をファクタリング会社に支払うことで取引が完了する仕組みです。

つまり、売掛金を受け取る権利を持つ企業がファクタリング会社に権利を譲渡することにより、対価として現金を受け取る取引になっています。

契約上は債権譲渡契約をするのが一般的です。

すると基本的にはファクタリング会社が売掛先から売掛金を回収しなければなりません。

しかし、2社間ファクタリングではファクタリング会社と売掛先の間で直接のやり取りが発生しないように業務委託契約をするのが通例です。

売掛金の回収は依頼主の企業が担当する仕組みにしています。

2社間ファクタリングのメリット

2社間ファクタリングのメリットは資金を手に入れるためにファクタリングを利用した事実が売掛先に知られることがない点です。

ファクタリングをすると資金繰りが厳しい状況だと売掛先が疑うようになるでしょう。

今後も取引を続けて大丈夫な企業なのかどうかが不安になってしまう可能性があります。

しかし、2社間ファクタリングは売掛先にファクタリング会社との取引を一切知られるリスクがありません。

また、2社間ファクタリングは早ければ即日で売掛債権を現金にできます。

ファクタリングの審査に必要な書類を一通り揃えて提出したら、数時間で取引判断ができるファクタリング会社が多いからです。

オンラインで書類のやり取りができる仕組みの会社も増えているため、速やかに手続きを進められます。

3社間ファクタリングでは売掛先への通知が必要になるため、2社間ファクタリングに比べると契約手続きだけでも時間がかかるのが一般的です。

2社間ファクタリングのデメリット

2社間ファクタリングのデメリットは手数料が高いことです。

2社間ファクタリングはファクタリング会社がリスクを負うので手数料が高めになっています。

ファクタリングでは売掛先の信用が重要で、期日までに支払いができる企業が売掛先になっているかどうかを調査してから債権譲渡契約をします。

しかし、2社間ファクタリングではスピード審査をするのが一般的になっているため、売掛先の調査を十分にできません。

債権回収ができないリスクを考慮して手数料を10%から40%程度にしているケースが多くなっています。

また、2社間ファクタリングは売掛金の回収をしなければならないのがデメリットです。

業務委託契約によって、債権回収をするのはファクタリングを申し込んだ企業の方になっているからです。

もし期日に売掛金が入金されなかったら、ファクタリング会社に事情を説明した上で取り立てをしなければなりません。

2社間ファクタリングの向き・不向き

2社間ファクタリングのメリット・デメリットを考慮すると、ファクタリングの方法として選ぶのに向いているケースと向いていないケースがあることがわかります。

とにかくすぐに現金が必要だというケースでは2社間ファクタリングが向いています。

3社間ファクタリングの場合には契約成立までに2週間以上もかかることがあるので、数日後には支払いが必要な場合にはあまり意味がないでしょう。

また、2社間ファクタリングは売掛先の企業との信頼関係が崩れないようにしたいときに向いています。

ファクタリングを利用した事実が発覚したら取引できなくなりそうな不安があるときには適切な方法です。

しかし、売掛金の回収が難しそうな取引先の場合には債権を回収できずにトラブルになるリスクがあります。

また、過去の取引が円滑に進められていないと審査が通らない可能性が高いので、2社間ファクタリングにはあまり向いていません。

2社間ファクタリングのまとめ

2社間ファクタリングはファクタリングを申し込む企業とファクタリング会社の間で売掛債権の譲渡契約と、債権回収の業務委託契約をすることで成立する取引です。

売掛先の企業とはファクタリングに関連する契約が一切発生せず、通知をする必要もありません。

売掛金の回収をするのももともと売掛債権を持っていた企業なので、売掛先とファクタリング会社の間に接点ができることもないのが特徴です。

2社間ファクタリングは3社間ファクタリングよりも審査が早く、売掛債権を速やかに現金化できるメリットもあります。

ただ、手数料が3社間ファクタリングに比べると高い点には注意が必要です。

2社間ファクタリングは即日現金化したい、売掛先にはファクタリングをした事実を隠したいときに向いています。

2社間ファクタリングか3社間ファクタリングかで迷ったときには、どちらかのケースに当てはまるかどうかを考えて決めましょう。

以上、2社間ファクタリングはどのようなときに向いている取引方法なのかを解説…でした。

タイトルとURLをコピーしました