会社の経営が続かないのには原因がある?何をしたら良いか考えてみよう!

会社の経営が続かないのには原因がある?何をしたら良いか考えてみよう!コラム

会社の経営が続かない状況に陥ってしまうときには何か必ず原因があります。

具体的に原因を突き止めることができれば対策を立てることが可能です。

会社の経営が続かない危機が迫ってくるのはどのようなときなのでしょうか。

ここではよくある原因と効果的な対策方法をわかりやすく解説します。

ファクタリングは経営難から脱却するのに有効な手段なので、ファクタリングの詳細についても紹介します。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

会社の経営が続かない危機に陥る原因

会社の経営が厳しい状況になって続けるのが難しくなる原因は主にキャッシュの不足です。

ビジネスでは事業を進めて売上を出し、利益を生み出すことが必要です。

売上から支出を引いた金額が利益で、利益が続いている限りは基本的には経営が続きます。

しかし、資金繰りが悪くてキャッシュが不足していると黒字経営なのに会社の経営が続かない危機に陥る場合があります。

ビジネスでは商品を仕入れて販売したり、仕事を受託してサービスを提供してから支払いを受けたりする場合が多いからです。

商品の仕入れやサービスの提供にはコストがかかります。

その支払いをするキャッシュが不足してしまうと事業が立ち行かなくなり、経営難に陥ってしまいます。

また、業者間の取引では商品を売った時点やサービスを提供した時点ですぐにキャッシュが支払われるわけではありません。

支払いサイトが設けられていて、30日後から60日後の支払いになるのが一般的です。

支払いがあるまではしのげるくらいのキャッシュを常に持つことが経営では欠かせません。

会社の経営が続かないと気づいたときの対策方法

キャッシュの不足が原因で会社の経営が続かないと気づいたらキャッシュの回転をよくする必要があります。

キャッシュを減らさないために仕入をなくしてしまうとビジネスが成り立たなくなり、収入が減ってさらに困難な状況に陥るでしょう。

支出を減らすには従業員を解雇したり、稼働コストがかかる設備の運転を停止したりするなどの対応も可能です。

しかし、生産性が低下してしまってやはり収益に問題が生じるリスクがあります。

そのため、基本的にはビジネスや生産にかかわる部分には手を付けずに、キャッシュを入りやすくするのが効果的です。

基本的には会社の経営が続かないと気づいた時点で資金調達をするのが良いでしょう。

キャッシュを手に入れて一時しのぎをしつつ、経営改善をしてキャッシュの回転をよくすれば経営を継続できるようになります。

会社の経営を続けるための資金調達方法

資金調達によって会社の経営を続けられるようにするにはさまざまな方法の中から適切なものを選び出すのが大切です。

資金調達方法として最も一般的なのは銀行などの金融機関から融資を受ける方法です。

ただ、既に会社の経営が続かないというくらいに厳しい状況になっていると、返済能力がないと見なされて審査落ちになってしまう場合が多いでしょう。

公的融資であれば経営改善の見通しが立つ計画を立案できれば審査が通る可能性があります。

ただし、公的融資では資金の使途が厳しく限定される場合が多いので注意が必要です。

助成金や補助金についても同様に、目的が明確で制度の方針に合っていれば資金調達に使えますが、使途が限られてしまうのが問題点です。

柔軟に使用できる資金を調達するにはファクタリングを使うと良いでしょう。

ファクタリングが経営難の対策としておすすめ

会社の経営難の対策としてファクタリングはおすすめです。

ファクタリングは売掛債権を専門会社に買い取ってもらうことで資金調達をする方法です。

例えば、来月末日支払いの請求書を売掛債権があるときにファクタリングをすると、その売掛金の支払先が買い取ってもらった専門会社になります。

その代わりに買い取りの契約が成立した時点で専門会社の方からキャッシュを受け取れる仕組みになっています。

買い取ってもらうときに手数料がかかる点には注意が必要ですが、融資で利息がかかるのと同じようなものだと考えると良いでしょう。

ファクタリングで調達した資金は使途が制限されることはありません。

目の前の支払いに使用することも、経営改善に使うこともできます。

売掛債権さえあれば基本的にどの会社でも利用できるサービスなので、会社の経営が続かないと気づいたときにはファクタリングを活用してみましょう。

会社の経営が続かないときこそ役に立つファクタリングのまとめ

会社の経営が続かないときにはキャッシュの回転をよくして、経営改善に取り組んでいくことが必要です。

黒字経営なのに倒産するというケースもしばしばあるので、財務諸表を確認して中長期的に経営が成り立つのかどうかを定期的に確認しましょう。

会社の経営が続かないリスクがあると気づいた時点で、ファクタリングによる資金調達をして経営改善を進めれば問題ありません。

売掛債権を買い取ってもらう仕組みのファクタリングは公的融資や助成金・補助金などと違って使途が限定されないため、積極的に社内投資をして経営改善を目指せます。

売掛金を先取りする形の取引なので、融資の審査が通らないケースでもファクタリングなら資金調達が可能です。

キャッシュが不足している状況を打開して経営継続の方向性を定められる対策方法なので試してみてください。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

以上、【会社の経営が続かない】キャッシュ不足や運転資金を補う方法とは…でした。

タイトルとURLをコピーしました