ファクタリングとキャッシングの違いとは?どちらを使うべきかを考えよう!

キャッシングはファクタリングと並んで資金調達の方法としてよく注目されています。

キャッシングとはクレジットカードのキャッシング枠を利用して借り入れをする方法です。

個人でもキャッシング枠があるクレジットカードを作成することができますが、法人向けのビジネスカードでもキャッシング枠を設けることが可能です。

このような仕組みのキャッシングはファクタリングとはどのような違いがあるのでしょうか。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

利用を始めるときのファクタリングとキャッシングの違い

ファクタリングとキャッシングの違いとして大きいのは、利用を始めるときの手続きです。

ファクタリングの場合にはファクタリング会社に相談を持ちかけて、売掛債権の買取が可能かどうかを話し合うことから始まります。
どの債権ならいくらで買い取れるかを大まかに見積もってもらった上で正式に申し込みをおこない、審査を受けて買取金額を提示してもらうという流れが一般的です。

提示された内容で納得できたら契約を締結して売掛債権の売買取引を進めます。

一方、キャッシングの場合にはクレジットカードの発行を申し込み、キャッシング枠を希望するだけで済むので簡単です。

すると審査の際にキャッシング枠をいくら設けられるかが検討され、審査が通った場合には枠を付けてもらえます。

また、もともと持っているクレジットカードやビジネスカードにキャッシング枠を付けてもらうために審査を受けることも可能です。

資金調達の方法についてのファクタリングとキャッシングの違い

ファクタリングとキャッシングの違いとして資金調達の具体的な方法も挙げられます。

ファクタリングの場合には申し込みをして契約を締結したら、ファクタリング会社から現金を受け取ることができるというシンプルな仕組みです。

ファクタリング会社によって支払い方法には違いがありますが、一般的には指定した銀行口座に振り込んでもらえます。

一方、キャッシングの場合には審査を受けてクレジットカードにキャッシング枠ができただけでは現金を手に入れられません。

さらにATMに行ってクレジットカードを利用し、キャッシングの手続きをする必要があります。

この際にATMの手数料も負担することになるので注意が必要です。

ただ、キャッシングの場合にはキャッシング枠の範囲内で何度でも借りることができます。

ファクタリングでは一回ですべてが完結するので、新たに資金が必要になったら別の売掛債権の売買をしなければなりません。

審査期間におけるファクタリングとキャッシングの違い

審査期間の長さはファクタリングとキャッシングの違いとしてかなり大きい点です。

ファクタリングの場合には2社間ファクタリングか3社間ファクタリングかによって審査期間に大差があります。

2社間ファクタリングの場合には最短で数十分程度で対応しているファクタリング会社もありますが、一般的には数時間程度です。

3社間ファクタリングの場合には即日での対応が難しいものの、翌営業日~3営業日くらいで対応する会社が多くなっています。

審査が通って契約を締結できればすぐに支払いをしてくれるため、即日または数日のうちに現金を手に入れられるのがファクタリングの特徴です。

しかし、キャッシングでは審査に2週間~3週間かかるのが一般的です。

すぐに現金が必要なときにはファクタリングの方がキャッシングよりも優れていると言えるでしょう。

利用可能性についてのファクタリングとキャッシングの違い

ファクタリングとキャッシングの違いとして利用可能性も念頭に置いておいた方が良いポイントです。

ファクタリングはできるけれどキャッシングはできない、逆にファクタリングはできないけれどキャッシングはできるというケースがあります。

ファクタリングは優良な取引先の売掛債権があるのが重要で、そもそも売掛債権がない場合や、倒産寸前の売掛先の債権しかないときには利用することはできません。

しかし、優良な売掛債権があれば自社が倒産しそうな状況でもファクタリングで資金調達ができます。

一方、キャッシングの場合には返済能力があるかどうかが審査で重視されるため、利益が安定している企業でないとなかなか審査が通りません。

ただ、上場企業でキャッシング枠付きのビジネスカードを作れたとしても、優良な売掛債権がなくてファクタリングはできないこともあります。

ファクタリングとキャッシングの違いを総まとめ

ファクタリングとキャッシングはまったく性質が違う資金調達の方法なので、適切に使い分けるのが大切です。

使い分けのポイントとしては優良な売掛債権があるか、返済能力があると認められるか、資金調達にかけられる時間がどのくらいあるかが重要でしょう。

ファクタリングは優良企業の売掛債権があれば、最短即日で現金を調達できるのが魅力です。

キャッシングと違って審査期間が短いので、すぐに現金が欲しいときに向いています。

一方、キャッシングは借り入れをするため、返済能力がある安定企業であれば審査が通りやすいのが特徴です。

それでも2週間以上は審査にかかるのが一般的なので、早急に資金が必要なときには向いていません。

キャッシングはクレジットカードのキャッシング枠さえ作っておけばいつでも使えるメリットがあります。

長期的な視野で用意しておくのは良いですが、喫緊の資金課題を解決するにはファクタリングが有望です。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、知っておきたいファクタリングとキャッシングの違いを網羅的に解説!…でした。

タイトルとURLをコピーしました