クレジットカード現金化とファクタリングの違いを知れば資金難が解決できる!

クレジットカードのショッピング枠を使って、現金化業者に換金してもらうことをクレジットカード現金化といいます。

現金化業者では品物を買い取る方法とキャッシュバック方式で現金化する方法の2通りあります。

電子マネーやギフト券などを購入して換金するのは買い取り方式、情報商材などを購入して換金するのがキャッシュバック方式です。

どちらもクレジットカード現金化できますが、ギフト券を購入して現金化した方がクレジットカードの場合、換金率が高めで即現金化できます。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

ファクタリングとクレジットカード現金化の違いはどのようなことですか?

クレジットカードはショッピング枠を使って現金化するのに対して、ファクタリングは売掛金を前払いして現金化するものです。

どちらも信用情報機関に照会しないので、サラ金やクレジットカードで審査に落ちた人でも申し込むことが可能です。

過去に支払いの遅延で信用を失った人であっても、ファクタリング会社は細かくチェックを行なわないので、売掛金があれば利用することができます。

最近では個人事業主からの申し込みも多く、給料が確定していれば必要書類を出すだけでファクタリング業者から必要な額を受け取ることが可能です。

これまでファクタリングというと取り立て業者というイメージが強かったですが、最近では収入があることがわかっている書類さえ提出できれば、いつでも現金を手にできる会社というイメージが定着しつつあります。

法人だけでなく個人でも気軽に利用できるようになってきたため利用者が急増しています。

ファクタリングとクレジットカード現金化の違い②

クレジットカードを現金化しようとすると限度額の壁があります。

ショッピング枠は通常10万から50万円、人によっては100万円までの限度額となっています。

ファクタリングの方は会社の売上金そのものを前払いしてもらえるので桁が違ってきます。

多い会社になると1,000万円以上現金化することもできます。

ファクタリングの存在を知らない会社だと、消費者金融に手を出してしまいがちです。

万が一にも消費者金融に多額の借金を作るとなると利息が高くついてしまい自転車操業となってしまいます。

実際ファクタリングを知らないがために次々消費者ローンに手を出してしまい、倒産してしまった中小企業があります。

ファクタリングさえ知っておけば一時的に現金を立て替えることができたのに、無駄な高利を払い続けていたがために経営が圧迫されていきます。

従業員に支払う給料さえ払えない状況になってきたら、ファクタリング業者に相談すると目先の現金のことはすぐに解決します。

ファクタリングとクレジットカード現金化の違い③

クレジットカードで現金化を行なうと利用停止のリスクが伴い、リボ払いで返済して残高が貯まっても使えないカードになる恐れがあります。

本来クレジットカードでは商品券の類いは決済できないように制限されているはずなのですが、電子マネーやギフト券に関しては規制が緩く決済できてしまいます。

現金化しなければ利用停止の恐れはないのですが、頻繁に現金化したり金額が大きくなってくると調べられてしまいます。

そのときに現金化したのがクレジットカード会社に知られると利用規約に違反してるということで、利用を一時的に凍結されて支払うだけとなっていきます。

横のつながりがあるカード会社だと新規の申し込みも審査で落とすようになっていくので、あてにしてた現金化が難しくなるというケースもあります。

ファクタリングならその辺安心して利用できるので、毎月のように申し込んでも現金化を停められる心配はないので自由に申し込めます。

ファクタリングとクレジットカード現金化の違い④

クレジットカードを現金化したときの換金率は条件のいい所で90%から92%ほどです。

換金率というのはファクタリングでいうと手数料のことです。換金率のことを買取率と表すクレジットカードの現金業者もいます。

ファクタリング業者の手数料は会社によってさまざまですが、平均して3から10%ほどです。換金率にすると90から97%になります。

振り込みは即日なので午前中に申し込めば午後には振り込まれます。換金スピードはクレジットカード現金化もファクタリングもそう変わりません。

申請する場合、クレジットカード現金化の場合は、身分証と換金するギフト券の商品コード、銀行口座の番号だけで済みます。

ファクタリングの場合は、身分証と請求書または発注書または納品書などが最低限必要となります。

会社によっては、商業登記簿謄本、確定申告書、印鑑証明書などいくつか求められることがあります。

書類の数だけでいえばクレジットカード現金化の方が少ないですが、金額でいえばファクタリングの方が桁が一桁から二桁多くなってきます。

多額の現金を手に入れるのであればファクタリング業者に相談した方が経営における資金難を解決できます。

ファクタリングとクレジットカード現金化の違いまとめ

クレジットカードは限度額が限られているので多くても1枚につき100万円までしか現金化できません。通常は10万から50万円ぐらいまでです。

それ以上の金額を借りるとなると大口のローン契約が必要となってきます。

そうなると審査に時間がかかり即日現金化できるというわけにはいかなくなります。

ファクタリングなら必要書類さえ揃えれば審査も行なわないので即日現金化することが可能です。

どのくらい現金化したかというのは2社間なら周囲に漏れる心配はありません。

最近では医療関係や建築業界のファクタリングを専門とした業者も増えてきています。

これまではファクタリング業者が少なかったため、審査に時間がかかったり、必要とする書類が無駄に多かったりしました。

しかし今では迅速に手続きが行なわれるようになり、現金化するまでの時間が早くなってきているのが特徴です。

中小企業だけでなくフリーランスなどの個人事業主でも気軽に利用できるため、急な用事で現金が必要になったとき、ファクタリング業者に相談すればいつでも現金化できる便利な時代になってきました。

支払いでお金が必要になったとき売掛金があればその日のうちに現金化できるのがファクタリングです。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、ファクタリングならクレジットカード現金化よりたくさんの金額が手に入る…でした。

タイトルとURLをコピーしました