会社をいい方向へ成長させる為にファクタリング活用で資金を手に入れる

会社をいい方向へ成長させる為にファクタリング活用で資金を手に入れるコラム

会社の成長には運転資金が不可欠です。

融資を受けて返済に追われている状況に陥ると、良いアイデアが生まれず、会社の成長を阻害してしまいます。

会社の地盤を固めていくには、効率的で現実的な資金調達法を活用する必要があります。

その手段として有望であるのがファクタリングです。

会社が持っている売掛金を事業会社に売却する方法で、売掛先が優良であるほど高く買い取ってもらえます。

融資とは違って会社の信用情報は重視されない点においては、小さな企業でも有力な資金を確保していく方法であると言えます。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

会社をいい方向へ導く為のファクタリング事業会社選び

会社を成長させていくには、良い取引先と付き合いをしていく事と事業に必要な資金を確保する事です。

今までの資金調達の主な方法は、銀行などの金融機関からの融資、株の発行などがありました。

近年では、会社が持っている売掛金を売却して資金を得るというファクタリングを行うケースが増えています。

事業会社への売掛金の売却は、売掛先の信用情報が審査の対象になり、売却を行った会社の信用情報は審査に影響しないのが、融資の審査とは異なる事です。

ファクタリングを提供している事業会社は増加傾向にあります。

サービスの良さは会社毎に変わってくるので、評判の良い事業会社に注目していくと、望んだ金額に近い資金を得られます。

中には入金の金額が渋い所もあります。

売掛先の信用情報をどのように考えて売掛金を買い取っているかが事業会社によって基準が違います。

また、利用が出来るのが企業・個人事業主のいずれにも対応している方が都合が良い事もあります。

手数料の安さにも注目しておくと、入ってくるお金が多くなります。

資金調達をしっかりと行うには、複数の資金を確保する手段を活用する

資金が無ければ、新規事業を興したり、新製品を開発したり、商品の販売促進をしたりする事が出来ません。

会社が成長する為に重視している事業は、より多くのお金が必要になってきます。

安定した経営にしていくには、会社が成長を続けられる素地を作っていく事が重要です。

ファクタリングは資金調達の1つとして活用出来ますが、それを主軸にするのではなく、今まで通り銀行からの融資を受けられるようにしておくと安心です。

また、場合によっては株式会社化しておくと、株主からの支援を受けられる可能性を広げられます。

複数の資金を確保する手段を確立しておくと、会社の資金繰りが安定したものになるでしょう。

ファクタリングの強みは、売買成立がすれば、翌日・即日と短期間で入金してもらえる事です。

金融機関からの融資は、審査を通過して入金してもらうまで時間がかかりがちで、さらに審査も利用会社が提出した事業計画案や会社の財務状況などを総合的に判断してから決められるので、必ずしも融資を受けられる可能性があるわけではありません。

会社をいい方向へ役立たせる為に会社の価値を高めていく

下請法では、元請け会社が下請け会社へ60日以内に代金を支払う事が明記されています。

つまり、最長で60日会社に入金されない恐れもあります。

ファクタリングは、この入金される時間を短縮させる手段としても有効です。

ファクタリング事業会社には翌日・即日の入金に対応している会社があり、それらを活用すれば、今までの60日ぐらいに入金されるというリスクを軽減させられます。

会社をいい方向へ役立たせるには、資金繰りの悪化を防ぐ事が求められます。

ファクタリングの活用は、銀行からの融資が期待出来なかったり、株主を集められなかったり、売掛先会社からの支払いが遅かったりした時に大きな力となってくれます。

この方法は、低リスクで短期間で大金を回収出来ますが、実質的に将来の売上を前借りしている形になるので頼り過ぎるのは禁物です。

株主を増やしたり、銀行の融資を受けられる状況も同時に作っていく事が大切でしょう。

会社の価値を高めていく可能性を秘めていますが、将来の売上をどうするのかを考えておかなければいけません。

普段から優良な売掛先を確保しておく

ファクタリングで大金を確保するには、審査の段階で売掛先の信用情報が重視される事を考えると、普段から優良な売掛先を確保しておきます。

業界で力のある会社を売掛先に持っていれば、事業会社も大金を提示し易くなります。

優良な売掛先を複数持っていれば、いざと言う時に売却がし易いです。

会社にとっては売掛先の信頼度が会社の信頼度にも繋がってきます。

会社を成長させるには、事業に必要な資金に加えて会社の信頼度を高めていく事も大切です。

建築業であれば、資材メーカーや建築会社など複数の会社がお互いに関係を持っています。

そういった関係性が構築されていけば、優良な売掛先が増える事に繋がっていきます。

優良な売掛先の確保は、ファクタリングを使って資金調達に役立つだけでなく、事業の安定性を高めるのにも役立ちます。

銀行からの融資の審査の判断材料にもなるでしょう。

会社の成長に必要な資金を調達する手段としてのファクタリングは、売掛先の質を常に重視しておきます。

そうする事で、必要になる資金を調達出来る機会を増やしていく事が出来ます。

会社をいい方向へ役立つ方法に関するファクタリングのまとめ

会社をいい方向へと役立つ方法は、融資や株の発行だけでなく、ファクタリングも加える事です。

あらゆる方法を並行して使って資金を集めると、会社の資金繰りに困る事が無くなります。

一方で、ファクタリングは将来の売上を前借りしているようなものであるので、長期的な資金調達は金融機関からの融資を受けたり、株の発行を増やしたりする事が望ましいです。

あくまで、短期間の資金調達の方法としてファクタリングを活用していきます。

会社の成長を安定的なものにする為には、資金調達の安定性を高めなければいけません。

新しい調達手段を確保しておくと、会社は将来的に様々な事業展開を行え、幅広い選択肢を選べるようになります。

選択肢を増やしていく環境を整えるには複数の資金の調達法を活用するのが望ましいです。

ファクタリングでは売掛先の信用情報が審査を左右します。

価値のある企業が売掛先であれば、売却益がとても大きくなる可能性を秘めています。

日頃から優良な売掛先を増やしていく事で、資金の調達の効率化を図れるようになります。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

以上、会社の資金集めにファクタリングを利用する事はこれからの会社に役立つ方法…でした。

タイトルとURLをコピーしました