取引先にファクタリングをバレたくない理由と対策はありますか?

取引先にファクタリングをバレたくない理由と対策はありますか?コラム

取引先にファクタリングをバレたくないと思うのはもっともなことです。

取引先にバレてしまうと先行きが不安になるという会社経営者は大勢います。

ただ、バレないようにするために対策を講じることは可能です。

この記事では一般的に取引先にファクタリングをバレたくないと言われる理由と、バレる原因と対策についてまとめました。

ファクタリングをする際に注意した方が良い点も解説するので、上手にファクタリングを活用していきましょう。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

取引先にファクタリングをバレたくない理由

多くの会社経営者が取引先にファクタリングをバレたくないと考えるのは、資金難に陥っていると知られてしまって取引が不利になるリスクがあるのが理由です。

資金が不足していて資材の調達ができない、製品生産ができない、サービスの安定提供ができないといったことになると取引先としては一大事になります。

事業には必ず資金が必要になるので、ファクタリングによる資金調達をしている時点で資金繰りが苦しく、経営継続ができるかどうかの瀬戸際にあると考えられてしまいます。

結果として取引を中止されてしまうこともあり得るのが切実な問題です。

また、ファクタリングをしている事実が知られたことによって会社としての評価が下がり、取引量が減ってしまうこともあります。

今後の経営に大きな影響が生じる可能性があるため、取引先にファクタリングをバレたくないと考えるのは経営者としては至極当然です。

取引先にファクタリングがバレる原因

ファクタリングをしても取引先にバレなければ問題ないでしょう。

取引先にファクタリングをした事実がバレてしまうから、ファクタリングの利用を断念するというケースもあります。

しかし、バレる原因に対策をすれば問題はありません。

取引先にファクタリングがバレる原因は二つあります。

一つは3社間ファクタリングを利用したときには取引先に連絡をして承諾を受ける必要があるからです。

取引先には自社ではなくファクタリング会社に支払いをしてもらう形にします。

そのため、3社間ファクタリングではファクタリングをした事実は確実に取引先に伝えられることになってしまいます。

もう一つは売掛金の支払われなかったときにはファクタリング会社が売掛債権を行使して資金回収をするからです。

取引先に催促をしたり、督促状を出したりするため、ファクタリングをした事実が発覚してしまいます。

取引先にバレたくないときは2社間ファクタリング

取引先にファクタリングをバレたくないときには2社間ファクタリングをしましょう。

2社間ファクタリングでは売掛債権の譲渡契約をするときに、取引先の承諾を得る必要がありません。

登記によって売掛債権が譲渡されたことを明確にするのが2社間ファクタリングでは一般的です。

法的に有効な形で売掛債権の所有者をファクタリング会社だと示せるので、ファクタリング会社としては二重譲渡などの問題が起こるリスクを回避できます。

この方法では自社に売掛金が支払われた時点でファクタリング会社に送金すれば良いだけです。

ただ、取引先が経営不振になって売掛金を支払えなかったときには注意が必要です。

ファクタリング会社が取引先に直接支払いの催促をしないようにするには、債権回収の業務委託を受けておく必要があります。

債権回収をする業務負担はありますが、万が一のときにもバレることがない点で効果的な対策です。

取引先にファクタリングをバレたくないときの注意点

取引先にファクタリングをバレたくないと考えて2社間ファクタリングを選び、債権回収の業務委託を受けるのは必ずしも賢い方法ではありません。

バレないという点では優れていますが、そもそもバレても問題ないこともあります。

取引先と長い付き合いで信頼関係が樹立されているなら、ファクタリングをしても同情されるだけで済む場合もあります。

むしろ資金繰りに苦労していることを察して早めに入金してもらえることもあるため、積極的に相談した方が良い場合もあるのが事実です。

初めての取引先や、大手で多数の顧客を抱えている取引先の場合にはバレたときのリスクが大きいのは確かでしょう。

しかし、継続取引をしてきた相手なら事実を伝えた方が良好な関係を保てることもあります。

2社間ファクタリングは一般的に手数料が高いという問題もあるため、できれば3社間ファクタリングでコストを削減した方が良いでしょう。

コスト削減によってお互いの事業がうまくいくこともあり得るので、信頼できる取引先なら事実を伝えることも検討しましょう。

取引先にファクタリングをバレたくないときの対策まとめ

ファクタリングをすると資金繰りに苦労していることが発覚してしまうため、取引先にファクタリングをバレたくないと考えるのはもっともなことです。

取引先に事実が伝わらないようにするには2社間ファクタリングをして、債権回収の業務委託を受けるのが効果的な方法です。

ただ、ファクタリングは事業を加速させるための資金調達方法としても使われるようになり、世の中の認識が変わってきました。

取引先にファクタリングで資金調達をする事実が伝わったとしても好意的に解釈してもらえる可能性が十分にあります。

信頼関係のある取引先なら事実を伝えて3社間ファクタリングをした方が良好な関係を築ける可能性もあるので、取引先との関係に注意してファクタリングのやり方を決めましょう。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

以上、【取引先にファクタリングをバレたくない】注意点や良い方法など伝授…でした。

タイトルとURLをコピーしました