リバースファクタリングとは?買掛金による取引方法をわかりやすく紹介!

ファクタリングにおける買掛金を使うケースとは

ファクタリングでは売掛金に着目して、早めに資金を手に入れられるように売掛債権を買い取ってもらうのが一般的な方法です。

ただ、ファクタリングにおいては買掛金を利用するケースが見られるようになってきました。

買掛金で取引をするリバースファクタリングについて聞いたことがあるでしょうか。

この記事ではリバースファクタリングとは何かを説明した上で、メリットやデメリットをわかりやすく解説します。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

買掛金を利用するリバースファクタリングとは

ファクタリングでは売掛金を早く手に入れるのを目的として利用するのが一般的です。

リバースファクタリングでは逆転の発想で、買掛金の支払いを遅らせるのを主な目的としています。

ファクタリングでは売掛金を商品やサービスの提供者が早く手に入れたいというニーズに応えているサービスです。

売掛金の支払期日よりも前にファクタリング会社に手数料を払って資金を調達できる仕組みになっています。

資金繰りを改善する方法として有用なのでファクタリングを利用する企業も増えてきました。

一方、リバースファクタリングでは主体になるのが商品やサービスの提供を受けた利用者です。

例えば、本来なら買掛金を月末には払わなければならない場合に資金がなくて厳しい場合があります。

この際にリバースファクタリングをすることでファクタリング会社に立て替えてもらい、買掛金を後からファクタリング会社に支払うことが可能です。

買掛金でリバースファクタリングをするときの流れ

買掛金があるときにはファクタリング会社を通じてリバースファクタリングをすることが可能です。

リバースファクタリングで買掛金の支払いを遅らせるときにはどのような流れになるのかを確認しておきましょう。

まず、取引先から商品やサービスの提供を受けて請求書を受け取ります。

その制空書を持ってファクタリング会社に相談して、請求書に基づく取引先への支払いを依頼します。

請求書の内容や自社の信用に基づいて手数料が確定され、内容に納得して契約を締結したらファクタリング会社が取引先に買掛金の支払いをしてくれるという仕組みです。

そして、契約に基づいて定められた期日までにファクタリング会社に買掛金を支払うことで取引は完了します。

このような流れで商品やサービスの提供会社よりも長い支払いサイトで後払いできるのがリバースファクタリングです。

買掛金でリバースファクタリングをするメリット

買掛金によるリバースファクタリングは商品やサービスを利用する企業にとって大きなメリットがあります。

基本的にリバースファクタリングは商品やサービスの売買をする時点で取引先と交渉する仕組みになっています。

リバースファクタリングでは買掛先の企業がファクタリング会社に支払う手数料を負担するのが一般的です。

つまり、利用企業は買掛金をそのままの金額でファクタリング会社に支払えば良いということになります。

一般的なファクタリングでは利用する企業が手数料を負担しますが、リバースファクタリングでは違うのは覚えておいた方が良いでしょう。

商品やサービスの提供をする企業としては売れなければ利益が出ないので、手数料分を負担してくれることが多くなっています。

買掛金と売掛金では企業間の立場が違うため、このような差異が生まれています。

買掛金でリバースファクタリングをするデメリット

買掛金によるリバースファクタリングをしようとするとデメリットもあります。

そもそもリバースファクタリングをしようと考えてくれる取引先企業が少ないのが最も大きなデメリットです。

リバースファクタリングをするときには自社も取引先企業も同じファクタリング会社と契約を締結しなければなりません。

さらに手数料も負担してまで取引をしようと思ってもらえなければならないため、リバースファクタリングの契約締結は容易ではありません。

他社を圧倒するような技術がある企業ではリバースファクタリングに成功している事例もあります。

しかし、他社との差別化が難しい場合にはリバースファクタリングの話を持ちかけた時点で断られてしまうリスクが高いのがデメリットです。

買掛金の支払いを遅らせたいと思ったときには、まず取引先と交渉してみましょう。

お互いのメリットを考えたときに、解決できる手段の一つとしてリバースファクタリングに落とし込める可能性は十分にあります。

買掛金でおこなうリバースファクタリングのまとめ

通常は売掛金の早期回収のために用いるのがファクタリングですが、リバースファクタリングでは買掛金を活用できます。

買掛金の支払いを遅らせたいときに有効な方法で、ファクタリング会社が先払いによって対応してくれる仕組みです。

基本的には3社間ファクタリングで、取引先が手数料を負担するという形で契約を整えるのが一般的になっています。

なかなか対応してくれる企業がないのがデメリットではあるものの、リバースファクタリングの契約ができれば買掛金の支払いを遅らせつつ、取引先にも資金が入るのがメリットです。

買掛金の支払いが厳しくて困っているときにも、取引先と交渉してみると良い方法です。

リバースファクタリングは買掛金を持っている企業にとって重要なサービスの一つなので、ファクタリング会社に相談してキャッシュを有効活用できる道を導き出しましょう。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、リバースファクタリングによる買掛金を使うケースがある?活用するやり方…でした。

タイトルとURLをコピーしました