AI審査のファクタリング会社における3つのメリットとデメリットを紹介

AI審査のファクタリング会社における3つのメリットとデメリットを紹介コラム

新しい金融サービスとして最近話題になっているファクタリング。

売掛の債権を期日より早く現金化することができるため多方面から反響を読んでいるサービスではありますが、ファクタリングにあたって重要な位置づけとなっているのが提出書類をもとにした審査です。

その審査については、今までは人の手による審査が主流でしたが現在はAIを利用したAI審査というものもサービスとして提供され始めています。

AI審査をすることでどのようなメリットがあるのか、またデメリットはあるのかについて順番に紹介していきます。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

ファクタリングAI審査の3つのメリット

では、ファクタリングのAI審査についてどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは大きなメリットとして3点ご紹介します。

スピードが速い

まずAI審査における1つ目のメリットは、審査に関わるスピードの速いということ。

ファクタリングにおいて、人間が審査する立場であれば、案件を複数抱えている場合も少なくありません。

その人が何件も案件を抱えている場合、利用者が相談をしても今抱えている案件が終わってからやっと審査をしてもらうことができる、というように案件が後ろ回しになってしまったりということがあります。

しかしAI審査の場合はそのようなことはなく、人と比べて1件あたりの審査にかかる時間が各段に短いため、一般的に、ファクタリングのAI審査を行う場合は、人間が審査を行うよりも早くサービスの提供を受ける傾向があります。

またAI審査においては営業時間にとらわれず、24時間審査受付可としているファクタリング会社もあります。

AI審査であれば必要書類を提出するために来店する必要がなく、ホームページ上でアップロードをすればそれで審査が開始となる場合もあるのです。

そうなると、例えば申込み、審査を含め最短で即日現金の提供を受けた、といった事例もあるようです。

費用を抑えることができる

そして2つ目のAI審査のメリットは、手数料などを含めたファクタリングに関わる費用を抑えることができるということ。

一般的にAI審査の場合、手数料も人力での審査の場合に比べて割安になっていると言われています。

人力での審査の場合、どうしてもその審査する人間の人件費が費用に加算されてしまっています。

しかしAI審査であればそのような人件費は不要のため、浮いた人件費の分はユーザーに有利な条件で現金化できる可能性があります。

また、AI審査であれば申込みから必要書類の提出まですべてホームページ上で可能な場合もあります。

その場合、本来であれば事務所に出向く際の交通費用や、必要書類のコピーにかあかる経費といった費用を抑えることも期待できます。

正確で公平な審査

最後の3つ目のAI審査のメリットとしては、審査における正確性と公平性です。

人間による審査の場合、審査される利用者の外見や態度といった先入観が少なからず審査に影響を与えてしまいます。

もちろん経営状況や売掛債権の内容などから最終的には総合的に判断をするとは思いますが、そういった先入観も1つの判断材料とされてしまうことは否定できません。

しかし、AI審査であればそういった先入観による判断材料は初めから考慮されません。

売掛先の信用状況や経営状況などからAIがスコアリングを行い、正確で公平な審査を受けることができるのです。

https://www.kariiku.online/shinsaochi/

ファクタリングAI審査のデメリット

このようにメリットだらけに思えるファクタリングのAI審査ですが、やはりデメリットと思われる面もいくつかあります。

それは、AI審査だからこそ柔軟さにかけるという点です。

人での審査の場合、利用者の態度などといった先入観で公平で正確な判断ができなくなる場合があるとご紹介しました。

しかしその一方で、利用者がのっぴきならない事情がある場合などは人間が審査する場合、最大限どうにかしたいという気持ちで対応を行うということもあり得ます。
ときにはマニュアル以上のことをしてくれることがある場合もあるかもしれません。

しかしAI審査であれば、あくまで事情などは含めないスコア上での判断になるため、そういった利用者側の心情や事情に配慮することはできないのです。

公平であるがゆえ仕方ないと思う部分かもしれませんが、そういったデメリットがあるということも承知をしておく必要があります。

また、AI審査を怒っている業者が現時点では限られているということもデメリットの1つといえます。

少しでも良い条件でファクタリングを行いたいと思うため、AI審査に飛びついてしまうかもしれません。

ですが、そうなると極端に選択肢が狭まってしまう場合もありますので注意が必要です。

オンラインファクタリングとは?通常のファクタリングと違いを紹介
オンラインファクタリングとは基本的にすべての手続きをオンラインで完結させられるサービスです。クラウドファクタリングと呼ばれる場合もあります。クラウドサインで契約書を締結でき、銀行振込で資金を手に入れられる仕組みになっています。手数料が低いのがメリットですが、対面取引ではないので信頼性の高い会社に依頼するのが大切です。

ファクタリングAI審査まとめ

ファクタリングのAI審査においては、メリットも多い一方でデメリットもあることも理解しておくことが必要です。

一刻も早く債権を現金化したく、来店する暇もないほどであれば、ファクタリングのAI審査を行っている会社を探して相談するのも良いでしょう。

しかし状況が複雑な場合など、審査にあたって利用者が説明をしたいことがある場合などはAI審査にはあまり適していない場合もあります。

相談する案件に応じ、AI審査を利用するかどうか見極めが重要です。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

以上、AI審査のファクタリング会社における3つのメリットとデメリットを紹介…でした。

タイトルとURLをコピーしました