掛け払いや掛売りなどファクタリング活用で資金調達方法がスムーズになる

掛け払いや掛売りとは、その場でお金を支払わずに後でお金をやり取りする方法です。

例えば、クレジットカードで支払いをすると実際にお金が支払われるのは後日。

その場ではお金は払わない支払い方法のことを「掛け払い」と言い、売る側は「掛売り」となります。

そういった支払い方法をまとめた呼び方だと理解しておきましょう。

売掛金でのやり取りも「掛け払い」や「掛売り」になりますし、一般の消費者も会社も当たり前のように行っていることです。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

掛け売りや掛け払いならファクタリングを利用することができる

・ファクタリングの仕組み
掛け売りでやり取りした場合、後になってから売上のお金が入ってきます。

現時点では打ち上げ金は手元にはありません。

しかし後日に入金されることが分かっているため、ファクタリングを利用して資金調達することができます。

ただし、「掛売り」をしている側はファクタリングが利用できますが、「掛け払い」をした側は利用することはできません。

後日に売掛金などでお金が入ってくることが、利用するときの最低条件となっています。

・ファクタリングを利用するときの流れ
ファクタリングは、ファクタリング業者に債権を買い取ってもらう方法です。

サービスを行っている業者はたくさんあるので、手数料を支払って利用するようにしましょう。

利用するためには請求書や見積書、契約書などが必要です。

業者を選んだら申し込みをし、請求書などを提出して契約後に現金を受け取ります。

ファクタリングにはいくつか種類があり、いつお金が入ってくるのかも異なります。

早ければ即日で入金してもらえることもありますが、1週間以上かかることもあるのでよく確認しておきましょう。

掛売りや掛け払いのファクタリングは大きく分けると2種類ある

・2社間ファクタリングの特徴
2社間ファクタリングとは、業者との間で契約をして利用するファクタリングです。

自身と業者だけで手続きすることができますし、入金までがスピーディー。

早ければ即日、遅くても3日ほどで現金を手にできることが多いです。

ただし、3社間ファクタリングと比べると手数料が高めです。

ファクタリングの契約をしてお金を受け取り、掛け売りのお金が入ってきてから業者に支払いをしていくようにしましょう。

・3社間ファクタリングの特徴
3社間ファクタリングとは、自身と業者、売掛会社の3社で行う方法です。

2社間とは違い、売掛会社も含まれているので現金を手にするまでに時間がかかることもあります。

しかし、代わりに手数料が少ないため、入金までに時間がかかっても出費を減らしたいに向いています。

契約をしたあとは業者からお金を受け取りますが、支払いをする必要はありません。

売掛会社が、ファクタリング業者に掛け売り金額を支払うことになります。

掛売りでファクタリングを利用するメリット&デメリット

・ファクタリングを利用するメリット
メリットは何といっても、すぐに資金を調達することができる点です。

いくら掛売り金額があっても今すぐ入金されるわけではありません。

債権を買い取ってもらうことができるため、すぐに現金が必要なときに役立てることができます。

また、売掛会社が支払い不能になっても、代わりに返済する必要はありません。

債権ごと買い取ってもらうため、売掛会社が倒産をしても肩代わりをすることはありませんよ。

・ファクタリングを利用するデメリット
ファクタリング業者を利用すると手数料が必要です。

3社間であれば手数料は比較的少ないですが、2社だと割高だと感じることも。

また、3社間の場合は売掛会社も含まれることになるため、ファクタリングを利用しようとしていることを知られることになります。

資金繰りに困っていると知られてしまうことになるので、よく考えて申し込むようにしましょう。

ファクタリング業者を選ぶポイント

・手数料や入金スピードを比較する
掛け払いや掛け売りを使ってファクタリングを利用するのであれば、しっかりと業者を選ぶようにしましょう。

手数料は2社間であれば20%となっていることが多いです。

しかし、中には30%ほど手数料が必要な業者もあるので、比較しておくことが大事。

ファクタリングを利用するときは入金を急いでいることが多いので、入金スピードも確認しておきましょう。

2社間であれば3日以内で入金されることが多いです。

・いくらまで利用できるのか明確に聞いておく
ファクタリングは資金調達のために行うので、いくら必要なのかを考えておきましょう。

業者によって利用できる上限金額が違うので、希望する金額が受け取れるのかを確認しておく必要がありますよ。

掛け払いや掛売りの金額そのまま利用できるわけではありません。

売掛会社の信用度によっても利用できる金額が変わることもあるため、事前に聞いておくと安心です。

ファクタリングは掛け売りのお金を先に受け取れる便利なサービス

掛売りや掛け払いでやり取りをすると、すぐにお金が入ってこないというデメリットがあります。

資金に余裕があれば問題ありませんが、何かあったときに現金が足りなくて困ってしまうことも。

そんなときは、ファクタリングを利用して資金調達をしていきましょう。

2社間と3社間がありますし、手数料や入金スピードが違うのでどちらにするのがよく考えることが大事です。

どちらもメリットとデメリットがあるので、いつまでにお金が必要なのか、手数料を払う余裕はあるかなどで選ぶようにしましょう。
ファクタリング業者を選ぶときは条件を確認するのはもちろん、口コミなどをチェックしておきます。

担当者の接客態度、説明が分かりやすいかなども含め、納得できる業者を選ぶようにして下さい。

ファクタリングは違法ではありませんし、利用しても問題ないサービスです。

個人事業主でも利用できることもありますから困ったときは相談してみるようにしましょう。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、【掛け払い&掛売り】困ったときはファクタリングを利用して資金調達しよう!…でした。

タイトルとURLをコピーしました