ファクタリング会社を乗換するのはいつなの?メリットや注意点についてご紹介

ファクタリング会社を一度だけ利用するという人もいれば、継続的に利用するという人もいます。

当然のことながら後者の場合、ファクタリング会社との付き合いが長くなるわけです。

しかし同じファクタリング会社と長年取引するよりも、他のファクタリング会社に乗換たほうがメリットとなるケースもあります。

それゆえに現在利用しているファクタリング会社との契約を破棄し、新たな会社と契約する人がいます。

これをファクタリング会社の乗換といいます。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

ファクタリング会社の乗換は可能

そもそも現在利用しているファクタリング会社との契約を破棄し、新たなファクタリング会社と契約することなどできるの?と感じる人がおられるかもしれません。

現在これを禁ずる法律は存在せず、自由に乗換ることができます。

しかし乗換できない状況も存在します。

例えばすでに売掛債権を売却した場合、売却先のファクタリング会社との間で取引が完了したことになります。

そのため売掛債権を返してもらい、他社に乗換ることはできません。

ちなみに後の項でも触れますが、売却した売掛債権を他のファクタリング会社へ売ってしまった場合は違法となります。

また逆に乗換を行った後、再び元のファクタリング会社と契約することは可能です。

この点に関する決まりも特に設けられていませんので、乗換たはいいものの、やはり以前のファクタリング会社のほうが良かったと感じた場合、元のファクタリング会社と再契約することができます。

ファクタリング会社乗換によるメリット①:手数料が減る

多くの人がファクタリング会社を乗換る理由は、手数料に関することです。

ファクタリングとは企業の売掛債権をファクタリング会社に買取ってもらい、その代わりに手数料を支払うというシステムです。

つまり企業側は利益をいち早く現金化することを最優先する場合、この方法を用います。

しかし多くの場合、ファクタリング会社に支払う手数料は利益に対して何%という形で設定されています。

そのため利益が大きいほど手数料も高くなるわけです。

これではせっかく大きな仕事を受けても、企業側はなんとなく損をした気持ちになってしまいます。

実のところ、ファクタリング会社が設定する手数料は一律ではなく、会社によって異なります。

そのため手数料が高いところもあれば、低いところもあるのです。

最初に契約したファクタリング会社の手数料が高く、その後手数料の安いファクタリング会社を見つけたという場合、企業は乗換に踏み切ります。

とりわけファクタリングを継続的に利用する企業の場合、この乗換によって利益に大きな違いが生じることもあるのです。

ァクタリング会社乗換によるメリット②:条件の向上

ファクタリング会社の乗換によって生じるメリットは手数料が安くなることだけではありません。

場合によっては好条件での取引が可能となります。

例えばより早く売掛金を現金にしたいという企業にとって、入金をスピーディーに行ってくれるファクタリング会社はうってつけだと言えます。

また中には現金の受け取りは会社に赴き、手続きをそこで行ってから手渡しするというファクタリング会社も存在します。

その一方で全ての作業をオンラインで行い、お金の引き出しも銀行やATMで行えるというファクタリング会社もあります。

こうしたところをチョイスすれば、作業にかかる手間を省くことができます。

上記でも考慮したように、多くの人がファクタリング会社を乗換る理由は手数料に関することです。

しかしファクタリング会社自体も顧客を増やさなければなりませんから、様々な好条件を提示しているところも少なくありません。

それで乗換を考慮する際は手数料の安さの次に、その他のメリットについても調べることができます。

ファクタリング会社の乗換前の注意点

ファクタリング会社を乗換る前に注意すべき点があります。

まず絶対にしてはいけないのが、売掛債権の二重譲渡です。

これは簡単に言うとファクタリング会社に売却したはずの売掛債権を他のファクタリング会社に売ってしまうことです。

これは違法となり、罰せられてしまいます。

実のところ、悪気がなくても売掛債権の二重譲渡を行ってしまう企業もあります。

なぜなら売掛債権は実際に存在する資産ではなく将来的にお金になるというものであるがゆえに、管理がきちんとなされていないと二重譲渡されてしまうのです。

とりわけいくつかの売掛債権をファクタリング会社に買取ってもらっている企業の場合はこの点が益々ややこしくなるために、記録を残すなどして徹底した管理を行うべきです。

多くの場合、ファクタリング会社の方では売掛債権の二重譲渡のチェックは行いません。

そのため全ての責任は企業側が背負うことになってしまいます。

リスクの少ないファクタリング会社の乗換

これまで見てきたように、ファクタリング会社の乗換によって得られるメリットはそれぞれの会社が提示する条件に左右されます。

それでも手数料の低いファクタリング会社は契約企業にとって大きなメリットを生じさせるために、この点のチェックは必須です。

またファクタリング会社の乗換はリスクが少ない行為であるといえます。

なぜなら契約に至るまでの手数料や解約金などの請求がなく、乗換ができるからです。

それでも注意すべき点もあります。

まずは信頼できるファクタリング会社に売掛債権を買取ってもらうようにすべきです。

ファクタリング会社の中にはコンサルタントとしてアドバイスしてくれる人が在籍しているところもあり、多くの場合このようなところは信頼できます。

またコンサルタントのアドバイスに耳を傾けるなら、有益な仕方でファクタリングを利用できます。

いずれにせよいくつかのファクタリング会社をチェックし、その条件をしっかりと把握することが成功の鍵となりますので、この点をしっかりと行うべきです。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、ファクタリング会社を継続的に利用する人が乗換を検討する理由について…でした。

タイトルとURLをコピーしました