ファクタリングの手数料相場と少しでも安く抑えるためのコツについて

ファクタリングを語るうえで欠かせないのが、ファクタリング会社に支払う手数料についてです。

ファクタリング会社はファクタリングサービスを提供する対価として手数料を請求して売上を立てています。

ファクタリングを利用する側からすれば、手数料は安いに越したことありません。

ファクタリングを利用した際の手数料がいったいどうなっているのか、手数料全般について解説します。

二社間ファクタリングの手数料の相場

二社間ファクタリングとは、ファクタリングについて売掛先に知られないファクタリングのことです。

ファクタリング会社は、売掛先と直接やり取りをしません。

二社間ファクタリングのメリットは、売掛先からの印象を一切損ねないことです。

そのため利用する側としては、できれば二社間ファクタリングを選びたいのが普通です。

ただ、二社間ファクタリングはファクタリング会社が売掛金を回収できないリスクが高いため、その分手数料を高く設定しています。
手数料はファクタリング会社次第ですが、最大で20%ほどの相場となっています。

手数料が高ければ利用する側は損なので、安易に二社間ファクタリングを選べません。

いくらファクタリングが便利でも、手数料が高いとデメリットのほうが大きくなってしまいます。

「それでも二社間ファクタリングが良い」という場合に限り、二社間ファクタリングを利用しましょう。

二社間ファクタリングは、手数料が高いのが一般的です。

三社間ファクタリングの手数料の相場

三社間ファクタリングとは、売掛先にファクタリングが知られてしまうファクタリングのことです。

売掛先にファクタリングを知られるのは痛いですが、もちろんメリットもあります。

二社間ファクタリングと比較してファクタリング会社が売掛金を回収できないリスクは低いため、手数料が低く設定されています。

ファクタリング会社によって手数料が異なるのは二社間ファクタリングと同様ですが、三社間ファクタリングなら最大でも10%ほどの相場です。

二社間ファクタリングと比較し、手数料がかなり安いのは間違いありません。

ですので「どうしても手数料を安く抑えたい」と希望するなら、売掛先にファクタリングを知られることは目をつぶって三社間ファクタリングにしましょう。

三社間ファクタリングの場合は売掛先から売掛金を回収する手間も省けますし、十分メリットがあるファクタリングです。

ファクタリングの手数料を安くするためのコツ

ファクタリングの手数料をできる限り安く抑えたいなら、平均的に手数料が安い三社間ファクタリングにしましょう。

二社間ファクタリングのメリットが大きいのは事実ですが、背に腹は代えられません。

手数料を安くしたいなら、三社間ファクタリングを前提に考えるのが基本です。

また、ファクタリングの審査対象は売掛先なので、売掛先の信用が増すような書類やデータを用意して提出するのも手数料を抑えるのに効果的です。

売掛先が確実に支払ってくれるとわかれば、手数料を上乗せされにくくなります。

それぐらい売掛先の信用は大事なので、信用してもらえるように手を尽くすのは無駄ではありません。

他ではファクタリング会社の手数料を十分に比較してから利用先を決めることも、安く抑えるためのポイントです。

手数料はファクタリング会社次第なので、同じようなファクタリングでも手数料に差が生じます。

ファクタリング会社によっては手数料に関連したキャンペーンをおこなうケースもあるので、十分熟考したうえで慎重に選びましょう。

ファクタリングはサービスと手数料のバランスが重要

ここまでファクタリングの手数料に着目して解説してきましたが、最も大切なのはサービスと手数料のバランスです。

いくら手数料が安くても、サービスが雑ではファクタリングに対し不満を覚えかねません。

安かろう悪かろうのファクタリングは、誰一人として望んでいないはずです。

ファクタリング会社の手数料について調べる時は、同時にサービスの詳細についても調べましょう。

もしも納得のいく充実したサービスを提供するファクタリング会社なら、手数料が少しぐらい高くても許容できます。

最も避けたいのは、サービスが悪くて手数料も高いファクタリング会社です。

今はファクタリングブームなので、ファクタリング会社の皮を被った悪徳会社もあります。

悪徳会社を利用すれば後悔することになりますので、サービスと手数料のバランスに十分注意してファクタリング会社を選んでください。

ファクタリングの手数料にはバラつきがある

ファクタリングの手数料は、最初から何%と固定されているわけではありません。

もしも二社間ファクタリングを利用すれば手数料はどうしても高くなりますし、三社間ファクタリングなら安い手数料で利用可能です。

手数料を安く抑えたいなら、三社間ファクタリングがオススメです。

また、手数料を安くするための方法として売掛先の信用が増す書類を提出したり、ファクタリング会社を十分比較してから選ぶのも効果的です。

そうした努力によっても、ファクタリングの手数料を安くできます。

ファクタリングはサービスと手数料のバランスが大事なので、どちらも納得できるファクタリング会社を選びましょう。

良心的なサービスと手数料のファクタリング会社なら、1度だけにとどまらず何度も利用できます。

以上、ファクタリングの手数料相場と少しでも安く抑えるためのコツについて…でした。

タイトルとURLをコピーしました