企業の資金繰りが厳しい時こそ立て直せる利用すべき資金調達法があります!

企業の資金繰りが厳しい時こそ立て直せる利用すべき資金調達法があります!コラム

「資金操り」とは企業が有しているお金を管理し、必要な資金がなくならないようにすることを意味します。

資金管理が不安定になると経営にも影響が出ることとなり、タイミングが悪いと倒産の危機に直面するような状況に追い込まれることもあります。

仮にそこまで追い込まれないとしても、事業拡大の機会を失ったり、大きな利益を出せる機会を逸したりすることもあります。

ではこうした状況に直面したとき、何を行うべきなのでしょうか?この点について見ていきましょう。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

まずは理由を解明する

資金繰りが厳しいとき、まずは負の流れを食い止めることが先決です。

そのためなぜこのような状況に陥ったのか、その理由を見つける必要があります。

たいていの場合、予測していた儲けが得られなかったり、思わぬ出費がかさんだり、提供した商品やサービスに対する料金が後払いであるために一時的な金欠に陥るといったことが原因となります。

しかしこうしたことが度々起こるようであればそれは資金繰りがきちんと管理できていない証拠であり、方針を見直す必要があります。

それでも原因がわかれば比較的容易に立て直しが可能となるケースもあります。

例えば思わぬ出費がかさんだことが原因であるのなら、経費削減に踏み切るだけで必要な資金を調達できることもあります。

また得られるはずの利益が後払い形式である場合、それを見越して経営の予定を調整することも可能です。

資金調達の方法

経営を立て直して流れに乗せるために、まずは資金調達が必要であるという状況に直面することがあります。

お金を借りるという点において、いくつかの方法が存在します。

一般的なものとしては金融機関からの借金です。

これは必要な額のお金を借り、返済時に利息を支払うという仕方で行われます。

次にクラウドファンディングを利用するという方法です。

これはインターネット上でお金が必要であることを公にし、助けを求めるというスタイルです。

観覧者が企業に魅力を感じてくれた場合、投資がなされます。

投資してくれた人には返礼品を贈るのが一般的ですが、これが魅力的なものであれば宣伝効果も高まります。

そして提供した商品やサービスに対する料金が後払い形式であるがゆえに資金繰りが厳しくなった場合、ファクタリング会社を利用することができます。

ファクタリングとは売掛金を先払いしてもらうことです。

つまりファクタリング会社に売掛金を譲渡すると、すぐにお金が手に入るというシステムです。

ではこのファクタリングについてもう少し詳しく見ていきましょう。

安心できるファクタリング

ファクタリングは売掛金を先払いしてもらえる便利なシステムです。

流れとしてはファクタリング会社で審査を行い、それをパスできたら売掛金を現金化してもらえます。

しかしファクタリング会社を利用する場合、手数料を支払わなければなりません。

つまり売掛金に対する儲けがそのまますぐに現金として手に入るというものではないのです。

この場合の手数料は売掛金を素早く現金に換えるための代金と考えることができます。

ファクタリングでの資金調達は借金ではありません。

そのため負債を抱えたり、返済が滞って利息が膨らんでいくということもないのです。

こうした状況により、ファクタリングは比較的安全な資金調達法であるといえます。

しかしファクタリング会社が定める手数料の額は一定化されておらず、各会社によって異なります。

場合によっては非常に高い手数料を要求してくるところもありますので、この点は事前のチェックが必要です。

資金繰りが厳しいときに注意すべき点

売掛金がある場合はファクタリングによる資金調達が可能ですが、そうでない場合は他の方法での資金調達を考えることでしょう。

この点で非常に手っ取り早いのが消費者金融からお金を借りることです。

審査は比較的パスしやすいところが多く、そのため高額の融資をすぐに受けられることもあります。

しかしこうしたところでは利息が高めに設定されているのが一般的です。

またシステムとしては返済期間が短いほど支払う利息の額が少なくなり、逆に長引けば長引くほど高くなるというものです。

一時的にお金を借りることで経営を流れに乗せることができるのであれば問題ありませんが、長期的な立て直しが必要な場合は高額の利息を支払う結果に陥りかねません。

そのためこの点は注意が必要です。

また資金がないと税金の支払いが遅れてしまうこともあります。

税金の滞納は最悪の場合、資産の差し押さえに発展します。

これでは本末転倒ですので、期日までに収めるようにすべきです。

資金繰りが厳しいときはファクタリングが効果的

これまで見てきたように、資金調達の方法はいくつか存在します。

しかしその多くは不確かなものや、金融機関からの借金という形です。

もちろん信頼できるところからの融資が可能なケースも多々あるために、それら全てが危険であると言い切ることはできません。

それでもファクタリングは安全な形での資金調達法であるといえます。

なぜならこの方法は将来得られるお金を支払い期日よりも前に受け取るもので、借金とは異なるからです。

しかし手数料の支払いが生じるために、儲けは必ずマイナスとなります。

安全な方法での資金調達とはいえ、これを繰り返していくならかなりの損失を被ることになります。

そのため資金繰りの立て直しは徹底的に行うべきです。

それが厳しくなってきたら方向性を考えるというのではなく、原因をはっきりさせて立て直しの回数をできるだけ少なくすることが、資金繰りを安定させるポイントです。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

以上、企業の資金繰りが厳しい時に必要費用を即日で補填する究極サービスとは…でした。

タイトルとURLをコピーしました