インボイス制度とファクタリングの関係を知りたい!今後は使いやすくなる?

インボイス制度とファクタリングの関係コラム

インボイス制度の導入によって企業は対応を余儀なくされるようになっています。

ファクタリングにも深い関係があるので気になっている人も多いでしょう。

インボイス制度はファクタリングの今後にどのような影響を与えるのでしょうか。

この記事では取引の売り手と買い手の両方の視点で、インボイス制度とファクタリングの関係についてわかりやすく解説します。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

ファクタリングはインボイスファイナンス

まず前提知識として理解しておきたいのがファクタリングはインボイスファイナンスだということです。

インボイスとは日本語では請求書のことで、例えば商品を販売した企業が購入した企業に対して代金の支払いを求めるために発行します。

ファクタリングがインボイスファイナンスと言われるのは、インボイスによって証拠づけられている権利を売却することによって資金調達をする手段だからです。

ファクタリングは売掛債権の売却だとよく言われていますが、言い換えれば請求書に基づく請求権を譲渡する取引です。

請求書を取引先に発行した時点で売掛債権が生まれ、その権利をファクタリング会社に買い取ってもらう代わりに資金を手に入れられるのがファクタリングの仕組みになっています。

インボイスファイナンスには他にも方法がありますが、最も単純で直接的な資金調達になるのがファクタリングです。

売り手にとってのインボイス制度とファクタリングの関係

インボイス制度によって売り手は適格請求書(インボイス)を発行するために登録をすることが求められるようになります。

対象となるのは消費税の課税事業者で、適格請求書発行事業者の登録をして国の定める記載事項をすべて載せた請求書を発行することが義務付けられます。

記載事項に漏れがあると無効になる可能性があるため、今まで使用してきた請求書はそのまま使えないこともあるのが注意点です。

記載しなければならない項目は発行社名や取引内容、取引年月日に加えて、適格請求書発行事業者の登録番号や受領者の名称など、多岐にわたっています。

ファクタリングをするときには請求書がベースになるため、課税事業者については適格請求書発行事業者になり、規格に合わせて請求書を発行しなければなりません。

インボイス制度に従って請求書を発行できなければファクタリングを使えなくなるリスクが高いので早急に対応する必要があります。

買い手にとってのインボイス制度とファクタリングの関係

商品やサービスの買い手は請求書を発行する側ではなく、発行を受けて支払いをする側です。

請求書を発行することがない買い手の方はあまり気にしなくても良いと思いがちですが、注意すべき点があります。

インボイス制度とファクタリングの関係として特に押さえておきたいのが、適格請求書発行事業者が増えるにつれてファクタリングを利用する取引先も多くなる可能性があることです。

請求書のフォーマットが明確化されて、信頼性の高い請求書をどの企業も用意するようになります。

適格請求書の発行が当然になるとファクタリングをしやすくなるのです。

そのため、取引先がファクタリングをして売掛債権を譲渡するという通知が届くこともあります。

代金の支払先が変わるため、支払先を間違えないように対応することが必要です。

インボイス制度によって買い手はファクタリングへの対応を求められる機会が増えることになります。

インボイス制度によるファクタリングへの大きな影響とは

インボイス制度によって売り手にとっては請求書の発行のために登録が必要になり、適格請求書の条件を満たすためのフォーマットの再考も余儀なくされます。

ただ、必要項目が明確化されるため、機械的に正しい請求書かどうかを判定するのが簡単になります。

近年ではクラウドファクタリングが生まれてきていて、オンライン審査でファクタリングをおこなうことが可能になりました。

インボイス制度によって適格請求書が定式化されることにより、さらにオンラインでの自動審査が容易になります。

インボイス制度に従って請求書を作成するのは大変かもしれませんが、結果的にはファクタリングを利用しやすくなります。

オンラインで手続きができれば時間も場所も問わずに資金調達が可能です。

インボイス制度とファクタリングの関係として念頭に置いておきたいポイントです。

インボイス制度とファクタリングの関係のまとめ

インボイス制度によって動揺している企業も多いですが、ファクタリングとの関係を考えると基本的には売り手にとってメリットになります。

インボイスファイナンスであるファクタリングにはインボイス制度の影響は大きく、売り手となる企業は適格請求書に合わせてフォーマットを整えて発行できる体制を作らなければなりません。

しかし、適格請求書をルーチンで出せるようになれば、信頼性のある請求書を発行できるのでファクタリングをしやすくなります。

インボイス制度とファクタリングの関係は密接で、今後の制度改革によってまた影響が生まれるかもしれません。

しかし、当面はファクタリングをしやすい環境ができると考えられます。

課税事業者の場合には適格請求書発行事業者になることがインボイス制度では必須です。

速やかに対応してファクタリングに使える請求書を発行できるようになりましょう。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

以上、インボイス制度とファクタリングの関係とは?売り手と買い手に分けて紹介!…でした。

タイトルとURLをコピーしました