ファクタリングの信用問題で注意しておくべき事とファクタリングの選び方

ファクタリングは、売掛金を担保して専門の事業会社からお金を調達できるサービスです。

こういったサービスは、サービスの提供会社とサービスの利用者の間で信用がある事で成立します。

しかし、近年では、闇金による給与ファクタリングなど様々な問題が存在していて被害に遭う人がいます。

利用者側の信用に関する問題としては、ファクタリングを使う事で取引先から倒産の恐れがあるのではないかと思われてしまう事があります。

そう思われないようにするには、信頼性の高い事業者を選ぶ事が大切です。

信用問題が起こるファクタリングとはどのような会社があるのか?

事業会社側の信用に関する問題としては、審査基準が曖昧である事、闇金による給与ファクタリングが存在している事、正しく債権の売買が行われているかどうかという事があります。

この資金調達方法と金融サービス自体は法的に問題ないですが、闇金による給与ファクタリングは利用者の給与を差し押さえるという建前で担保を行うので、新たな闇金の隠れ蓑として問題です。

事業会社の信頼性があってこそ、売掛金を安心して担保にして資金調達ができます。

企業や個人がファクタリングを使う際には事業会社の信頼度を確認して、資金調達先を見つける必要があります。

闇金まがいの会社が増えてきているので、運用実績が豊富な事業会社を探す事が資金調達を早期に行える近道となります。

また、企業が事業を継続し続けるのに必要な資金を短期間で調達するのに役立つファクタリングを行っている会社を選ぶ際に気をつける点として手数料の高さがあります。

手数料が高ければ高いほど、資金調達で手に入るお金が減ってしまいます。

現金調達の金額を高くするには、手数料ができるだけ低い所を選ぶようにしましょう。

利用者側のファクタリングの信用問題について

ファクタリングは、借りる側にも信用が十分にある事が大切です。

この資金調達法を使うには、カードローンや事業者ローンなどと同じように審査を受ける必要があります。

債権が焦げ付いていると、事業会社は債権を処理する事が難しくなります。

その為、焦げ付いていない債権である必要があります。

ファクタリングは、どのような企業でも使えるわけではなく、適切に処理ができる債権を担保できる事が条件となります。

条件を満たしていても、事業会社の審査に落ちた場合は、このサービスで資金調達が難しいかもしれません。

資金調達をしようと思っている企業は、普段から取引先や銀行などから信用がある状況にしておく事が賢明です。

企業に信用があるかどうかは、事業会社独自の信用基準が設定されていたり、事業会社間のネットワークで情報が共有されています。
事業会社毎に審査基準が異なっているので、1箇所の事業者で断れても、他の事業会社に申し込んでみる事は可能です。

但し、事業会社のネットワークで債権を買い取らない方が良いという情報が出回っていると、債権を買い取ってもらう事は難しくなってきます。

ファクタリング事業会社の審査では売掛先の企業の状況を重視する傾向がある

ファクタリングがカードローンや事業者ローンと大きく異なる所は、利用企業や個人の売掛金を買い取るという点です。

買い取って、債権回収を様々な方法で行う事で事業会社は利益を上げられます。

つまり、審査においては利用者の現在の資金繰りよりも売掛先の経営状況の方が重視される傾向があります。

安定した経営状況である売掛先であれば、利用者が債権を事業会社に売却しても十分に回収をした上で利益が出ます。

財産価値がある債権であれば、買い取る価値があるという事です。

売掛先企業の信頼度次第で、買い取ってもらえるかどうかが決まってきます。

ファクタリングを利用する時に信用問題として気をつけるべき事とは

ファクタリングによる資金調達で、信用トラブルに発展しないように気をつけるべき事があります。

1つの債権があって異なる2つ以上の事業会社に買い取ってもらおうとする多重譲渡は詐欺罪になります。

こういう面でも信用トラブルとなってくるので、売掛金を売却する所は明確に決めておかなければいけません。

2020年3月までは譲渡特約禁止条項が記載されている債権を売る事ができませんでした。

しかし、2020年4月からこういった債権を債権譲渡できるようになっているので、問題が無くなっています。

ファクタリングを使う時の信用トラブルをクリアするには、売掛金が担保にしても大丈夫であるのか、二重譲渡になっていないかどうか、売掛金が不良債権になっていないかどうかを事前に確認してから、サービスに申し込んだ方が良いでしょう。

信用で成り立っている金融サービスである為、信用されないようなトラブルを起こさないようにするには、債権譲渡を正しく円滑に行えるようにしていく事が大切です。

ファクタリングの信用問題に関するまとめ

金融に関するサービスを正しく使いこなすには、利用者・事業会社双方の信用がとても重要です。

信用が無ければ、どのような金融サービスも最大限に使えなくなってしまいます。

ファクタリングを使う際にも信用は大切な要素であり、トラブルを引き起こさないようにする為に、利用の際に約款と法を守る必要があります。

サービスを利用する企業や個人にとっては、ファクタリングは債権を買い取ってくれる事で資金調達の速度を上げる事ができるメリットがあります。

信用問題が起こると、そのメリットを最大限に享受できなくなってしまい、ファクタリングの優れた特長を殺してしまいかねません。
資金調達手段の一つとしてファクタリングを活用していく事で、企業や個人は資金繰りを改善させるキッカケ作りが行えます。

トラブルが起こらないようにするには、事業会社選びにおいて、信頼度の高い会社を選ぶ事が重要です。

審査基準があいまいであったり、アクションがルーズであったりする事業会社に債権を買い取ってもらうと、損をしてしまう事もあります。

しっかりと見極めた上で、サービスに申し込むと安全です。

以上、正しくファクタリングで資金調達するには信用問題をクリアする事が必要…でした。

タイトルとURLをコピーしました