ファクタリングは即日で現金を手に入れられる?現状の対応と実現する方法を紹介

ファクタリングは即日でもできるということを知っているでしょうか。

ファクタリングによる資金調達は売掛債権があれば短い期間でできるのが魅力です。

中小企業が資金繰りに困ったときにも利用を検討するように中小企業庁も情報発信をしています。

即日でできるくらいにスピーディーなら利用してみたいと思う方も多いでしょう。

ここでは即日のファクタリングについて詳しく紹介するので参考にしてください。

ファクタリングは即日で実現可能

ファクタリングはやり方によっては即日で一通りの契約手続きをして現金を手に入れられます。

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらう取引です。

一般的には数日~数週間がかかりますが、ファクタリング会社によって対応には違いがあります。

スピーディーな資金調達をしなければならない中小企業が増えている影響で、可能な限り即日対応をしている会社が増えてきているのが現状です。

ただし、即日対応とはいえ審査に数時間はかかるのが一般的です。

夕方になってから申し込みをしても即日で契約することはできない場合が多いので注意しましょう。

大まかな目安としては午前中に申し込みをして午後に審査が終わり、夕方には債権譲渡契約を交わして現金を振り込んでもらうという流れになります。

その日のうちに支払いが必要な場合にも、朝一にファクタリング会社に申し込みをすれば間に合う可能性があります。

即日でファクタリングをする方法

即日でファクタリングをして現金を調達するには2社間ファクタリングを選ぶ必要があります。

ファクタリングの方法には2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。

ファクタリングにかかわる会社が自社とファクタリング会社だけなのが2社間ファクタリング、さらに売掛先が含まれるのが3社間ファクタリングです。

3社間ファクタリングでは売掛先に通知をしたり、ファクタリングの承諾を得たりする必要があるため、即日で取引をするのは困難です。

しかし、2社間ファクタリングの場合には売掛先とのやり取りは一切必要ありません。

ファクタリング会社との間で契約できるので、スムーズに取引を進められます。

ただし、即日での契約と入金に対応をしているかどうかはファクタリング会社ごとに異なります。

2社間ファクタリングでも契約までに数日、入金にさらに1営業日程度がかかることもあるので注意しましょう。

即日でファクタリングするのに必要な準備

即日でファクタリングをするには準備が必要です。

ファクタリングを申し込むときには書類を揃えなければなりません。

まず、売掛債権の根拠となる書類を用意することが必要です。

契約書や請求書、発注書などを根拠書類として利用できます。

また、一般的には決算書、登記簿謄本、身分証明書、印鑑証明書、通帳を用意する必要があります。

自社の取引情報や財務状況から審査をする仕組みになっているからです。

細かな必要書類についてはファクタリング会社ごとに異なり、少なくて済む場合には売掛債権の証明になる書類と通帳や決算書または試算表程度で済むこともあります。

しかし、厳しいファクタリング会社では基本取引契約書などの提出も必要になるので、どのファクタリング会社に相談するかは慎重に考える必要があります。

ファクタリング会社も増えていて、どこに申し込むかを検討するのにも時間がかかりがちです。

早めに検討していざというときにすぐに相談できるようにするのが大切です。

即日のファクタリングの注意点

即日のファクタリングには注意点があります。

スピード審査をしているのが即日対応のファクタリングに共通するポイントです。

これが原因で手数料が高い傾向があります。

ファクタリング会社としては売掛債権を買い取った後、きちんと売掛金を回収できることが重要になります。

売掛先について調査をして確実に支払ってくれるかどうかを見極めてから契約をしたいのが本音です。

利用者の便宜を図って即日対応をできるようにするために、ファクタリング会社はリスクを負っています。

もし債権回収ができなかったとしたら、資金回収できなくなるリスクがあるからです。

そのため、手数料を高くして大きな損失を被らないようにしているのが一般的です。

大手企業の売掛債権の場合のように、明らかに支払いが滞ることがないとわかる場合には手数料が安くて済むときもあります。

しかし、売掛先によっては40%前後の手数料がかかることもあるので注意が必要でしょう。

即日でできるファクタリングのまとめ

ファクタリングによる資金調達は準備を整えてあれば即日で契約にも入金にも対応してもらえる可能性があります。

即日対応できるかどうかはファクタリング会社によって異なり、基本的には2社間ファクタリングを選ぶことが必要です。

必要書類を準備して午前中に申し込めば、夕方には銀行口座に現金を振り込んでもらえます。

ただ、売掛先によっては審査に時間がかかることもあります。

必要書類の準備に時間がかかったり、相談先のファクタリング会社を選ぶのに苦労したりすると即日現金化は難しいこともあるので注意しましょう。

将来的にファクタリングによる資金調達をする可能性があるなら、早めに相談先の候補会社を見つけておくのがオススメです。

即日対応が可能なファクタリング会社は増えているので、必要書類の内容や審査のスピード、手数料の高さなどを比較して候補を決めておきましょう。

以上、即日でファクタリングをすることは可能!何を準備したら良いかを解説…でした。

タイトルとURLをコピーしました