ファクタリングは中小企業の味方!資金調達をする方法として考えよう!

ファクタリングは中小企業にとって魅力的な資金調達手段になると知っているでしょうか。

資金繰りが苦しくなって倒産したり、事業縮小をしたりしなければならない状況に陥っている中小企業も少なくありません。

何とかキャッシュを早く手に入れて事業を進めたいことも多いでしょう。

その際に有用なのがファクタリングです。

この記事では中小企業にとってファクタリングとはどのような意義があるのかを紹介します。

ファクタリングは中小企業庁が普及を進めているのか

ファクタリングは経済産業省中小企業庁が中小企業の資金調達の方法として普及を進めていると言われています。

ファクタリングとは売掛債権を利用して資金調達をする方法です。

売掛債権を譲渡して対価を得るのが典型的な方法として知られています。

ただ、中小企業庁が普及を進めているのは売掛債権を担保とする取引です。

信用保証協会による保証を受けて、銀行などの金融機関から油脂を受けることが推奨されています。

中小企業庁では2001年に中小企業信用保険法を改正し、売掛債権担保保証制度を創設しました。

売掛債権を担保として融資を金融機関に依頼したときに、もし貸し倒れになったとしても信用保証協会が部分保証をする制度になっています。

この制度を利用すれば中小企業は金融機関からの融資を受けやすくなります。

ただ、この仕組みは厳密に言えばファクタリングではありません。

ファクタリングは売掛債権の譲渡によって資金調達をする方法だからです。

ファクタリングなら中小企業も資金調達をしやすい

売掛債権を生かして資金調達をするのは中小企業にとってメリットがあります。

中小企業庁が売掛債権を担保にして融資を受けることを推奨しているのは、中小企業にとって資金調達が大きな課題になっているからです。

企業が資金調達をするときには銀行などの金融機関からの融資や国などによる助成金または補助金を利用するのが一般的です。

社債の発行などを利用することも可能ですが、企業としての信用が大手に比べると低いことから資金調達が難しい傾向があります。

銀行融資についても同様で、審査を受けても返済能力に不安があると判断されて融資を受けられないケースが目立ちます。

しかし、売掛債権を担保にすれば、もし金融機関が融資をして返済を受けられなかったとしても、債権回収をすれば融資した資金の一部または全額の回収が可能です。

ファクタリングも同様で、中小企業の支払い能力に不安があったとしても、売掛金で回収できるので契約を前向きに検討してくれます。

中小企業にとってはファクタリングは資金調達のチャンスを切り開ける手段です。

ファクタリングを中小企業が利用するのに重要なこと

中小企業がファクタリングを利用するときには他社との取引によって売掛債権を手に入れることが必要です。

銀行融資を受けるときには中長期的な営業利益の計画や、これまでの実績などを示し、返済を続けられることを示す必要があります。
自社の売上によって利益が生み出されて、融資を受けた金額と利子をきちんと払えることが求められます。

しかし、ファクタリングの場合には中小企業が自社の利益によって支払いができるかどうかは大きな問題ではありません。

重要なのは売掛先がきちんと売掛金を期日までに支払えるかどうかです。

売掛先の業績が安定していて、売掛金を予定通りに支払える状況であれば、ファクタリング会社は債権回収をして利益を上げられます。

ファクタリングを利用するときには自社の信用があればプラスになりますが、それよりもファクタリングに使う売掛債権の売掛先の企業が信用できることが重要です。

中小企業がファクタリングを使うと良いタイミング

中小企業がファクタリングを使うと良いのはどのようなときなのでしょうか。

資金調達を必要とするシーンならいつでもファクタリングをすれば良いというわけではありません。

ファクタリングをするときには手数料がかかるからです。

手数料の分の損失があったとしても、ファクタリングによって早く資金を手に入れることにメリットがあるタイミングに使うのが大切です。

例えば、従業員への給料の支払いをしたいのにキャッシュが足りない、賃貸している物件の賃料の支払いをする現金が不足しているというときがあります。

来月の支払いになっている売掛債権ンがあるなら、ファクタリングをすることで従業員の満足度が上がり、賃料の不払いによって立ち退きを命じられるリスクがなくなります。

現金による支払いが早急に必要なときにはファクタリングを使うと良いでしょう。

また、設備や人材への投資を早めたい、資材調達を前倒ししたいといったときにも有効です。

中小企業とファクタリングの関係のまとめ

売掛債権の有効活用は中小企業庁も推進している資金調達の方法です。

厳密に言えば中小企業庁が推奨しているのは売掛債権を担保とする融資ですが、売掛金が支払われるのを前提として捉えて資金調達をするのは合理的な考え方でしょう。

ファクタリングは融資ではなく、売掛債権を譲渡することによって対価を受け取る取引です。

売上からキャッシュの回収までの期間を短くする方法として融資を受けるのと同様に優れています。

ファクタリングを利用すれば、想定していたよりも早くキャッシュが手に入るのが魅力です。

中小企業は融資を受けようとしても信用が問題になることが多く、なかなか審査が通らないでしょう。

しかし、ファクタリングなら売掛先の信用が重要なので、中小企業でも資金調達をしやすいのがメリットです。

売掛金の支払いを待つことなく資金を手に入れたいときには、ファクタリングを活用してみましょう。

以上、売掛債権を生かすのは中小企業庁も推奨!ファクタリングを使う魅力とは?…でした。

タイトルとURLをコピーしました