資金調達の方法はどちらが魅力的?ファクタリングとカードローンの違いとは

カードローンはファクタリングと何が違うのかが気になっている人もいるでしょう。

カードローンとは銀行や消費者金融からお金を借りる方法の一つです。

基本的には使途自由となっているのが特徴で、審査を受けたときに設けられた上限額までなら自由に借りられます。

ATMで簡単にお金を引き出せるのが特徴で、気軽に資金調達ができる点からよく利用されています。

このようなカードローンの概要を理解した上で、ファクタリングとの違いを詳しく見ていきましょう。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

利用者と資金用途についてのファクタリングとカードローンの違い

ファクタリングとカードローンでは利用者と獲得した資金の用途に違いがあります。

ファクタリングを利用するのは基本的には事業者です。

法人だけでなく個人事業主も利用していますが、あくまで事業目的の資金を調達するのに利用されています。

ファクタリングでは売掛債権を売却することによって事業で利用するのに必要な資金を工面するのに用いる方法だからです。

ファクタリングの専門会社や銀行などの金融機関に相談してファクタリングをすることになります。

それに対してカードローンは個人が生活費などの支払いに利用するために金融機関と契約して借りるのが特徴です。

カードローンで借りたお金は事業目的では利用できない仕組みになっています。

個人事業主でも生活費には使えますが、事業に使ってしまうと規約違反になるため、カードローンはあくまで生活周辺の資金の工面に用いるのが原則です。

審査におけるファクタリングとカードローンの違い

ファクタリングとカードローンでは審査の内容に違いがあります。

審査の対象として重視されるのがファクタリングでは売掛債権の取引先企業なのに対して、カードローンでは借り入れの契約をする個人になっています。

基本的にファクタリングでは売掛債権を売却する企業や個人事業主が審査対象にはなりません。

経営を続ける力があるかどうかを確認することはありますが、借り入れをするわけではないので支払能力や信用情報についての調査はおこなわれないのが一般的です。

しかし、カードローンでは金融機関から一定額を限度として貸付をすることになります。

金融機関としては確実に返済できる人に貸したいと考えるのがもっともなことでしょう。

そのため、個人信用情報機関の情報を照会して金融事故を起こしていないか、収入についての書類の提出を求めて返済できるかといったことを確認します。

利用方法についてのファクタリングとカードローンの違い

ファクタリングとカードローンの違いとして利用方法については知っておいた方が良いでしょう。

ファクタリングの場合にはファクタリング会社に相談して契約をします。

債権譲渡契約をするのが一般的で、別途業務委託契約を締結する場合もあります。

債権譲渡契約に基づいて売掛債権をファクタリング会社に譲渡し、代金として現金を受け取るという利用方法になっています。

一方、カードローンの場合には金融機関と契約を締結しますが、この時点では融資が実行されません。

カードローンでは審査が通って契約した後、ATMなどを使用して現金を引き出す必要があります。

借りる金額は審査によって決まった上限額以下であればいくらでも構いません。

100万円の限度額だったときにはとりあえず10万円借りて、また足りなくなったから20万円を追加で借りるということも可能です。

ファクタリングは一回で取引が完了するのでカードローンとは利用方法が大きく異なります。

返済義務についてのファクタリングとカードローンの違い

契約をした後に返済義務を負うかどうかもファクタリングとカードローンの違いです。

ファクタリングは売買取引になるので、返済義務を負うことはありません。

しかし、カードローンの場合にはATMなどで借り入れをしたときから返済義務を負います。

カードローンの規約に従って毎月指定日までに振込をするか、口座振替で引き落としてもらう必要があります。

ファクタリングでは売買が成立して債権譲渡と代金の支払いが終わった後、ファクタリング会社への支払いが発生することもあります。

契約形態によって違いがあり、2社間ファクタリングの場合には売掛先から代金が支払われたら速やかにファクタリング会社にそのまま渡すことが必要です。

ただ、この義務をきちんと果たせば債務を負うことはありません。

資金調達をすると必ず債務を負うことになるカードローンとは違う点です。

ファクタリングとカードローンの違いを総まとめ

ファクタリングとカードローンの違いは多岐にわたっています。

利用する人が法人や個人事業主などの事業者なのがファクタリングの特徴で、売掛債権を事業資金にする目的で活用されています。

カードローンは個人が生活資金を手に入れるために利用するのが一般的です。

カードローンは事業目的では利用できないのが原則なので、ファクタリングとは明らかに目的が違います。

また、カードローンは借り入れに相当するため、契約に応じて返済をしていかなければなりません。

金融機関としては返済できる人に貸したいため、個人信用情報や収入についての情報を集めて審査をしています。

しかし、ファクタリングの場合には売掛金が入れば問題ないので、資金調達をする企業や個人事業主の審査はあまり厳しくありません。

売掛先が支払える状況であればスムーズに一括で資金調達ができるのがファクタリングの特徴です。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、ファクタリングとカードローンの違いは何?使い分けのポイントを解説…でした。

タイトルとURLをコピーしました