会社経営を続けたいけれどもお金がない!頼りになる資金調達法で救われる

会社経営を続けたいけれどもお金がない!頼りになる資金調達法で救われるコラム

努力を積み重ねてやっと自分の会社を経営することができるようになったけれど、今は不景気なのでお金の周りはあまり良くありません。

もしかしたら「会社の経営を続けたいけれどもお金がない」と言う状況に陥ってしまうことがあるかもしれません。

会社にお金がなくなってしまったときには、銀行などの金融機関で融資を受けるのが一般的な方法で最初に思いつくかもしれませんが、ファクタリングと言う方法を知っておくと選択肢が広がって便利です。

そこでこの記事では経営を続けたいけれどもお金がないと言う人のために、ファクタリングサービスについて解説していきたいと思います。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

売掛金回収に時間を要する場合がある

ファクタリングを簡単に説明すると、自分の会社の売掛金をファクタリング会社へ売却し、手数料を差し引かれた代金を受け取って資金調達する方法です。

売掛金を回収するときには数カ月かかってしまうことも珍しくありませんが、ファクタリングを利用すれば手数料が引かれてしまうと言うデメリットはあるものの、すぐに手元に現金を用意することができます。

経営を続けたいけれどもお金がないと言うピンチのときにはとても役立つのではないでしょうか。

融資を利用すると、利用する前に必ず審査が実施されますね。

この審査はかなりしっかりと調査されるため、時間がかかってしまいます。

その間に資金がショートし会社が倒産してしまっては、意味がありません。

そこでファクタリングを上手に利用して現金を調達すれば、会社にお金がない状況に現金を用意することができ、ピンチをうまく乗り切れる可能性がアップするかもしれません。

最近ではオンラインで完結するサービスも増えていて、対面による面談や契約があるサービスよりもスピーディに対応してもらうことができるでしょう。

ファクタリングを利用するときに必要な書類って何がある?

経営を続けたいからファクタリングを利用したいと思った時、どんな書類を用意すれば良いのでしょうか。

ファクタリングを申し込む際に必要になる書類はサービスごとに異なりますが、大まかに説明すると次のようなものが必要になります。

・登記簿謄本
・身分証明書
・印鑑証明
・決算書や確定申告
・入金確認ができる通帳
・売掛債権を証明できるもの(請求書など)
・取引先との基本契約書

この必要な書類を見てもらえばわかると思うように、会社に対して審査が行われる事は無いのです。

財務状況などをチェックされることもないため、スピーディーに現金を振り込んでもらうことができるのです。

もちろん経営者個人の資産がチェックされることもないので、プライバシーを守ったまま現金を入手することができます。

ここで紹介した書類の一覧は ざっくりとしたものであり、実際に利用する場合はファクタリング業者に確認することをお勧めしていますが、こういった書類が必要になると言うことを事前に分かっておけば、余裕を持って用意することができるはずです。

ファクタリングはいいことだけではないことを肝に免じておく

ファクタリングを利用するときに発生するデメリットについても理解しておきましょう。

・手数料が高いこともある

ファクタリングを利用する1つ目のデメリットは「手数料が高い」ことです。

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがありますが、手数料の目安は以下の通りです。

・2社間ファクタリングの手数料相場:10%~30%
・3社間ファクタリングの手数料相場:1%~10%

3者間ファクタリングの1%と言うのは融資よりも少なくて良心的な手数料ですが、2者間ファクタリングの30%と言うのは非常に高いですね。

自分の会社の売掛金を先に振り込んでもらうためだけに30%の手数料を支払うのは、よく考えれば勿体無い話です。

またそれ以外のファクタリングのデメリットとして

・売掛金以上の資金を調達できない
・分割払いができない
・3社間ファクタリングでは売掛先企業に利用を知られてしまう
・2社間ファクタリングでは債権譲渡登記をしなければいけない場合がある

と言うものがあります。

会社の経営を続けたいけれどお金がないと言うイレギュラーが発生してしまった場合、パニックになってしまってよく考えずに飛びついてしまうこともあるかもしれませんが、こういったデメリットがあることをしっかりと理解しておくことが非常に大切です。

もちろん上手に利用すれば経営を助けてくれるのに間違いありませんが、しっかりと調べておきましょう。

これあkらの会社を上手くまわすためにもファクタリングを検討してみては

経営を続けたいけれどもお金がないと言う時は、融資を受けるよりもファクタリングを利用した方が良いケースも多数あることでしょう。

ファクタリングを利用すれば融資よりもスピーディーにお金を調達することができますし、手数料もそれほど高くないので会社の資金を無駄に使わずに済みます。

さらに金融機関を利用する必要は無いため、信用情報機関にお金を借りたと言う情報が一切残らず、今後の融資に関しても全く影響を及ぼしません。

もちろんデメリットもないわけではありませんが、必要に応じて融資とファクタリングを上手に利用することが経営を続けるためのコツと言えるでしょう。

せっかく立ち上げた自分の会社を経営していくために、ファクタリングの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

以上、【経営を続けたいけどお金がない】頼りになる資金調達法で救われる…でした。

タイトルとURLをコピーしました