黒字経営でもお金が残らない時はファクタリングでキャッシュを補充するのが有効

黒字経営でもお金が残らない時はファクタリングでキャッシュを補充するのが有効コラム

会社経営を行っていると高い確率で会社にお金が残らない状況に遭遇することになります。

この状況になってしまうと資金繰りが悪化し、最悪の場合は会社の倒産という事態を招くことになります。

単純に経営が赤字で収入に対して支出の方が多い状況で会社にお金が残らないのであれば原因は明確で、対応策が打てるかどうかはともかくお金が残らないこと自体に悩む必要はないでしょう。

しかし問題なのは、たとえ経営自体は黒字であっても会社にお金が残らない奇妙な状態に陥ることがある点になります。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

会社にお金が残らないのは「キャッシュ不足」状態のこと

会社経営をする上でのお金は会計上のものと手元で動かすことのできる現金とに分けて考えることができます。

手元にある現金は一般的に英語の「キャッシュ」で表現され、健全な経営を行うためには必要不可欠なものとなっています。

キャッシュはビジネスを循環させるための血液でもあり、会社の寿命を決める体力そのものでもあります。

会社にお金が残らないといっても会計上の話であればそれほど大きな問題とはなりません。

しかしこのキャッシュが不足してしまうと一気に会社経営そのものが危機的状況に追い込まれていくことになります。

キャッシュは会社が黒字の際に資金を内部留保することで貯めておくことができますが、経営においては積極的な投資や支出が不可欠になることも多くキャッシュは常にギリギリの状態になっていることも多くあります。

特に中小企業や個人経営の会社では手元にキャッシュをほとんど残さず会社の運転資金に回し続ける自転車操業が常態化してしまっているケースも珍しくはないと言えます。

会社にお金が残らない原因の一つはキャッシュの外部持ち出し

会社にお金が残らない原因には経営上の問題の他に、外部要因によるものがあります。

一番わかりやすい例は内部の社員による横領です。

当たり前の話ですが会社に残しておいたはずのキャッシュが誰かの手によって外部に持ち出されてしまうと、会社にお金は残らなくなります。

大型の横領事件はよくニュースになりますが実は細かい横領は小さな会社でも日常的に発生しています。

大抵は額が小さいのと会計処理が杜撰なために見逃され、何となく会社からキャッシュが流出し続けている状態になっています。

社員の横領なら経費を厳しくチェックすることで回避することもできますが、社長や幹部クラスが会社のキャッシュと自分の財布を混合しているような場合にはこうしたお金の外部持ち出しを完全に防ぐことは難しくなるでしょう。

自分が経営者であるのなら、会社のお金とプライベートなお金はしっかりと分けて混合して扱わないと言うのは大原則になります。

黒字経営でも会社にお金が残らないことがある

黒字経営をしているのに会社にお金が残らず、黒字倒産してしまうケースは決して少なくはありません。

特に事業を行うために一定の設備投資が必要になる業界では、仕事はあるのにそれを受けて回すためのキャッシュが不足してしまい破綻に至ることはよくあります。

黒字倒産のメカニズムには色々ありますが、大きな要因となるのは売上金の回収までに時間が空いてしまいその間にキャッシュが尽きてしまうという構造的な問題です。

ほとんどの事業では仕事の報酬を日払いで受け取ることはできません。

ほぼ全ての契約では翌月以降の決められた期日に売上金をまとめて受け取ることになるため、それまでの間は売上金を将来的に受け取る権利である「売掛債権」を抱えて待つことになります。

しかし実際にお金が入ってくるまでの時間を耐えるほどのキャッシュが残っていないと、会社の体力が尽きてしまい会計上は黒字のはずなのに倒産してしまうわけです。

設備投資のタイミングや計算通りに在庫を捌けないといったミスによって、キャッシュ不足は簡単に起こってしまうため注意しましょう。

会社にお金が残らない場合の対処法

黒字倒産を避けるためには普段からキャッシュを内部に溜め込んでおく必要がありますが、それでは新しい投資ができず経営が発展しなくなってしまいます。

また従業員への賃上げや株主への還元をせずに内部留保の比率を高めていくことは非難の対象ともなります。

そもそも内部留保に回せるほどの売上を確保できない会社も多いため、キャッシュ不足を補うためには何かしらの方法で資金調達をするのが現実的な方策となるでしょう。

一般的に資金調達として考えられるのは銀行などからの融資ですが、融資を受けるためには厳しい審査や経営への口出しを許容する必要があります。

またお金が足りなくなったからといってすぐに融資で現金調達ができるわけではないので、スピード感や緊急時の対応という面ではあまり頼りにはできません。

借金という形でキャッシュを作る方法もありますが、借金の情報は全ての金融機関に共有されてしまうため会社の経営危機を広める形にもなってしまいます。

また返済計画を組み込みながら経営を立て直すのも容易なことではありません。

そんな時にもう一つの方法として考えられるのがファクタリングです。

会社にお金が残らない場合のファクタリングまとめ

ファクタリングとは「売掛債権」を買取に出すことでキャッシュ化するサービスです。

つまり将来の売上金を受け取る権利そのものを現金化することで、早急にキャッシュを補充することができるのがファクタリングの利点となっています。

借金ではなく買取なので金融機関に情報共有されない点も、経営状態の悪化を知られたくない経営者には魅力的な要素となるでしょう。

ただしファクタリングには手数料などの諸経費がかかるため、受け取り可能なキャッシュは本来得られるはずだった売上金よりも減ってしまいます。

そのためファクタリングは継続的な現金調達手段とするにはあまり向いていないと言えるでしょう。

それこそ急な設備投資や過剰在庫などによって不測の事態が生じ、とにかく一刻も早く会社にキャッシュを入れておきたいといった状況でこそファクタリングは有効となります。

会社にお金が残らない状況を確認したら、まずはその原因を特定してキャッシュを流出させる傷口を塞ぐようにしましょう。

そのあとでファクタリングなどの現金調達を使い、緊急輸血を行うのが会社を救うための手順となります。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

以上、ファクタリングなら黒字会社にお金が残らない場合の資金繰りを改善できる…でした。

タイトルとURLをコピーしました