会社を継続させる方法とは?ファクタリングを利用するのがおすすめ!

会社を継続させる方法とは?ファクタリングを利用するのがおすすめ!コラム

これから新しい会社を起ち上げるときには会社を継続させる方法を知りたいと思うでしょう。

会社経営者になるといかにして継続させるかが重要な課題になります。

自分のためでもあり、従業員のためでもあるので、厳しくなったときほど打開しようと躍起になるのが当然です。

ここでは会社を継続させる方法をわかりやすくまとめました。

打開策として有効なファクタリングについても紹介するので参考にしてください。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

会社を継続させるには運転資金が必要

結論としては運転資金の確保が会社を継続させる方法として最も重要です。

会社の経営はリソースによって成り立っています。

リソースはヒト・モノ・カネとよく表現されますが、ある程度、経営が軌道に乗ってから会社を継続させるのが難しくなる原因として多いのはカネの不足です。

従業員が一通り揃って事業が安定し、設備の設置も済んで原料や商品の調達先も決まるとヒト・モノは突然不足することはそれほど多くありません。

重要な役割を果たしている従業員が突然退職したり、取引先が倒産したりした場合には急遽の対策が必要になりますが、カネがあれば人材紹介サービスを利用したり、価格が高くても仕入をしたりして凌ぐことが可能です。

そのため、基本的には会社経営者としては運転資金を確実に確保することが大切です。

現金として柔軟に使える運転資金を必要額用意することで会社を継続させることができます。

運転資金の主な用途

会社経営者は会社を継続させるのに必要な運転資金の金額を見積もって確保に努めることが大切です。

そのためには運転資金の主な用途を理解している必要があります。

運転資金の主な用途はヒトとモノの調達に関連する支払い、租税公課や水道光熱費の支払い、融資を受けているときの返済などです。
継続的に必要な支払いをすべて運転資金でカバーする必要があると考えると良いでしょう。

従業員については新規雇用のときにかかる費用も必要ですが、基本的には給与や賞与、各種手当や福利厚生の提供に必要な費用を運転資金でカバーできれば問題ありません。

モノについても継続で仕入れている商品や資材、定期メンテナンスが必要な機器の保守費用などがカバーされていれば大丈夫です。

ただし、設備については入れ替えや修理が必要になることも見越して積み立てておく必要があります。

このような運転資金を最低でも3か月分、できれば6か月分ほど現金で用意しておくと経営を続けやすくなります。

資金繰りの改善は会社を継続させる方法

会社を継続させるのが難しくなったときには資金繰りが悪くなっているのが原因のことがよくあります。

資金繰りが悪くなると運転資金が不足していき、営業利益は出ているのに倒産するというケースもあるので注意しましょう。

運転資金が毎月の支払額に比べて少なくなっている場合には資金繰りの改善が必要です。

カネが問題になっているときに会社を継続させる方法として、まずは資金繰りの改善を検討しましょう。

資金繰りの改善方法として主なやり方は取引先との支払いサイトの交渉と業務改善です。

仕入先と交渉して支払いサイトを短くしてもらったり、販売先と交渉して延長してもらったりすることで現金が手元に残りやすくなります。

そして、業務フローの変更や設備投資などによる業務改善を通してコストを削減したり、生産性を向上させたりして利益率を引き上げると資金繰りが改善されます。

資金繰りの改善にはファクタリング

会社を継続させる方法としてファクタリングによる資金繰りの改善は有効な手段です。

ファクタリングは売掛金の回収サイクルを早めることができるのが特徴です。

ファクタリング会社に売掛債権を売却するのが特徴で、実質的には売掛金を早期獲得できる方法になっています。

ファクタリング会社に1%~20%程度の手数料を支払うことになりますが、即時資金調達ができる点で優れている方法です。

ファクタリングを利用するだけで運転資金を確保できるようになります。

また、業務改善のためには多かれ少なかれ投資が必要なので、資金調達をすることが欠かせません。

ファクタリングならすぐに調達してヒトにもモノにも投資できるので、速やかに業務を改善できます。

会社の継続が厳しいかもしれないと思ったときには早めに手を売った方が改善するのが容易です。

ファクタリングは会社の継続に不安が生じたときに効果的な対策方法です。

会社を継続させる方法としてのファクタリングまとめ

会社を継続させる方法としてファクタリングは総合的に見て効果的な手段です。

基本的に会社を継続させるには運転資金を確保し続けることが必要です。

毎月の支出管理をして数か月間の経営に必要な現金を常に運転資金として確保していれば経営は安定します。

少し運転資金に余力を持たせておくと、従業員の退職や取引先の倒産などがあっても持ちこたえることが可能です。

もし運転資金が減っていく状況になったら経営継続が困難になるリスクがあります。

その時点でファクタリングによる即時資金調達をして、資金繰りを改善する対策をすれば安定経営を続けられる状況を取り戻せます。

ファクタリングは売掛債権さえあればいつでも買い取ってもらうことが可能です。

会社を継続させる方法としてファクタリングは汎用性があるので利用を検討してみましょう。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

以上、運転資金の獲得が会社を継続させる方法!資金繰りの改善をするには?…でした。

タイトルとURLをコピーしました