事業資金を調達する場合は消費者金融を利用するべき?ファクタリングを利用するべき?

消費者金融業者とは個人に対して融資を行っている業者のことあり、必要なときに必要な分だけお借り入れができる便利なサービスです。

もっとわかりやすくいえば、プロミス、アコム、アイフルなどをイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

消費者金融は、かつてサラ金と呼ばれていた時代もありましたが、今ではそういった呼び方をする人は少なくなってきました。

消費者金融業者に対して怖いイメージを持っている人も少なくありません。

しかしそういった人は闇金業者と間違って理解している人がほとんどです。

また消費者金融とファクタリングを混同している人もたくさんいます。

そこでこの記事では、ファクタリング業者と消費者金融の違いについても解説しましょう。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

ファクタリングと消費者金融の違いを教えてください

さて、ファクタリング業者とはどんな業者なのでしょうか?

消費者金融との違いについて解説する前にファクタリング業者についてしっかりと理解しておくことが大切です。

ファクタリング会社とは、企業や個人事業主が保有する「売掛金」を買い取ってくれる会社のことです。

どんな人が利用するのかといえば、「銀行融資に断られてしまった」とか「融資を利用するほどではないが資金が必要」といったイメージです。

また融資は時間がかかりますが、ファクタリングはスピーディに対応してもらうことができるので、今すぐに現金が欲しいという場合にもよく利用が検討されます。

さて、ファクタリング会社に売却できる「売掛金」とはそもそも何を指しているのでしょうか?

売掛金とは、商品・サービスを販売した際に発生する代金を受け取る「権利」のことです。

売掛債権、売上債権と呼ばれることもあります。

自分で事業をしている方ならわかると思いますが、会社同士でやり取りをした場合、その都度現金が支払われるのではなく信用取引が一般的ですね。

例えば代金を月末に締めで翌月末などにまとめて支払いといったものです。

月の取引回数が多い場合にはまとめて支払った方が効率が良いというメリットがありますが、代金が手元にくるまで時間がかかるというデメリットがあります。

ファクタリングと消費者金融の違い②

消費者金融もファクタリングも現金が必要になってしまった時に現金を調達する手段であることに違いはありません。

しかし消費者金融は利用者の信頼をもとにゼロからお金を借りるのに対し、ファクタリングは会社の売掛金を買い取ってもらうと言う点で大きな違いがあります。

つまり消費者金融は借金になりますが、ファクタリングは借金ではありません。

本来自分が受け取るべき売掛金は外部のサービスを利用して先に手に入れる手法のことです。

またそれ以外にも次のような違いがあります。

・手数料

ファクタリングを利用するときには手数料が必要になります。

2社間ファクタリングで買取売掛金額の10%~30%、3社間の場合で買取売掛金額の1%~5%が相場と言われています。

これは消費者金融を利用するよりも圧倒的に高いといえます。

・用意してもらえる金額

消費者金融は審査によって決められた限度額内であれば自由に借りられるのに対し、ファクタリングの場合は上限が決まっています。
売掛金の上限がファクタリングの上限となっていて、例えば売り上げが200万円しかない場合、どんなに頑張っても200万円しか融通してもらうことはできないのです。

手数料や用意してもらえる金額だけを考えると消費者金融を利用した方が圧倒的に少ない負担で現金を調達することができるのです。
これを説明してしまうと「ファクタリングを利用する意味は無いのではないか」と思うかもしれませんが、ファクタリングを利用するメリットも存在します。

例えば、消費者金融を利用すると決算書にその履歴が残ってしまいますが、ファクタリング業者であればその影響はほとんどありません。

銀行から融資を受ける場合に、審査に影響を与える事は無いのです。

つまりファクタリングの場合信用情報への記載やその後の融資への影響はありませんし、取引先にその情報が知られることもありません。

事業資源が不足してしまったときに消費者金融を利用するとイメージダウンは避けられませんが、ファクタリングであれば全くイメージに影響する事は無いのです。

ファクタリングと消費者金融の違い③

さらに 消費者金融ではなくファクタリングを利用するメリットについて紹介します。

消費者金融で調達したお金は必ず返済しなければいけませんが、ファクタリングで調達したお金は返済する必要はありません。

なぜなら本来自分が受け取るべきだったお金を先にもらうだけなので、借金と言う扱いにはならないからです。

返済する必要もなく現金を手に入れることができると言うことを考えると、ファクタリングを利用したほうが精神的なダメージが少ないのは間違いないでしょう。

ファクタリングと消費者金融の違いまとめ

この記事ではファクタリングと消費者金融の違いについて紹介してきました。

ファクタリングは手数料が高くなってしまうと言うデメリットはありますが、取引先に自社の経営状況を知られることなく資金調達をすることができます。

今、必要な金額や会社のイメージを総合的に考え、自分にとって最も都合が良い方法を選択するのがオススメです。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、消費者金融とファクタリングの違いについてメリットとデメリットを解説…でした。

タイトルとURLをコピーしました