請求書払いファクタリングはどんな時に利用すればいいの?正しい利用方法とは

ファクタリングとは手元にある請求書を買い取ってもらうサービスであり、ファクタリングを利用しないよりも早くお金を手に入れることができます。

売掛金を早く現金に変えたい時には重宝するサービスでしょう。

この記事ではそんな請求書払いのファクタリングについてわかりやすく紹介していきます。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

請求書払いで資金繰りは楽になるのか?

請求書買取サービス、つまり請求書払いは一般的に「ファクタリング」と呼ばれています。

厳密に説明すると、企業もしくは個人が持っている「売掛債権」をファクタリング会社に買い取ってもらうサービスのことです。

どうしてこのようなサービスが発生するのでしょうか?

商売をしている方であればわかると思うのですが、企業間の取引の場合、製品やサービスを納品してから現金が振り込まれるまでにはタイムラグがあります。

つまりサービスや商品を提供しても、実際にその代金が振り込まれるのが遅ければ数ヶ月後になってしまうため、その間にはその取引に関してはなんの報酬も得られないことになります。

資金繰りに余裕がある会社なら良いのですが、どこもギリギリでやりくりをしているため、この数ヶ月が命取りになってしまうことがあるのです。

その窮地を救うために発生したのがファクタリング、つまり請求書払いサービスということになります。

ファクタリングを利用して売掛債権を第三者に買い取ってもらうことで、本来の期日より前に報酬が手に入るわけです。

そしてこれにより会社の資金繰りを改善できるのです。

請求書払い②

請求書払いのファクタリングには、2種類の契約方法があります。

それは「2者間」と「3者間」です。

2者間ファクタリングの流れについて解説しましょう。

まず利用者がファクタリング会社に売掛債権を売却すると、ファクタリング会社は代金として売掛金から手数料を引いた金額を利用者に入金します。

その後、取引先が利用者に売掛金を入金すると同時に、利用者が売掛金をファクタリング会社に入金して手続きが完了します。

2者間ファクタリングのメリットとして、債権のやり取りを利用者と請求書買取サービス会社、つまりファクタリング業者だけで行うため、利用者の取引先にはファクタリング業者を利用したことを知られずにすみます。

利用者は取引先から経営状態について痛くもない腹を探られることないので、安心して利用することができるというわけです。

また審査・入金までのスピードが速いというメリットもあります。

請求書払い③

次に3者間ファクタリングについて解説します。

この場合は利用者、取引先の会社、ファクタリング会社の3者間で契約を結ぶことになります。

最初にファクタリング会社が利用者に売掛金から手数料を引いた金額を入金し、その後、取引先がファクタリング会社に直接売掛金を入金するシステムになっています。

債権回収はファクタリング会社によって行われるため、2者間の場合よりも手数料が安いことが大きなメリットです。

しかしファクタリング業者を利用していることが取引先にバレてしまうので、「経営が不安定なのかもしれない」という懸念を持たせてしまう可能性もゼロではありません。

また2者間のファクタリングに比べて手続きに時間がかかるため、急いで現金が必要な場合には不向きです。

3者間のファクタリングの手数料は1.0〜9.0%、2者間のファクタリングの手数料は10〜20%であることを考えると、かなり大きな差になってきます。

手数料はある意味「無駄金」ということになりますから、どちらのサービスを利用するかということはしっかりと吟味する必要があります。

請求書払い④

請求書払いサービスを利用するとどんなメリットがあるのでしょうか?
まず売掛金を期日よりも前に現金化することができるため、会社の資金繰りを改善させることができます。

普段は経営がうまくいっていてお金が回っていたとしても、ちょっとしたきっかけで一時的に資金が足りなくなってしまうことはよくあります。

そんな時に利用するのがいいでしょう。

さらに請求書買取サービスの中には、最短10分や即日での現金化に対応してくれる業者もたくさんあります。

そのため「急に現金が必要になってしまった!」という緊急の資金需要にも対応できます。

また、ファクタリングを利用する時には保証人や担保が必要ありません。

会社の事業資金を融資してもらう場合には保証人や担保が必要となりますが、請求書払いファクタリングサービスではそういったものは全く必要ありません。

事前の準備も少なく済み、誰でも気軽に利用することができます。

最後のメリットですが、請求書払いの利用は借入にならないということもあげることができます。

請求書払いサービス借金ではなく「請求書の売買」です。

借入にならないということは会社の借入履歴にも残ることはありませんから、次回の融資の審査に影響を与えることもありません。

つまりファクタリングサービスはできるだけ借金をしたくない場合にはおすすめのサービスでもあるのです。

請求書払い ファクタリングまとめ

この記事では請求書払いサービス、つまりファクタリングについて解説してきました。

手数料が必要になるなどのデメリットはあるものの、上手に利用すればメリットがたくさんあります。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、請求書払いファクタリングはどんな時に利用すればいいの?正しい利用方法とは…でした。

タイトルとURLをコピーしました