ローンやファクタリングなど会社に必要なお金を借りるための手段を紹介中

ローンやファクタリングなど会社に必要なお金を借りるための手段を紹介中コラム

会社に必要なお金といっても、その目的は各経営者によって異なります。

これから起業したいという人が会社設立のためのお金を必要とする状況もあれば、事業をさらに拡大したいという目的でお金が必要であると考える人もいます。

また会社の経営危機を救うために資金調達が必要であるというケースもあります。

では実際に会社のためにお金を借りる方法にはどのようなものがあるのか、ご一緒に見ていくことにしましょう。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

ビジネスローンで借りる

ビジネスローンは会社経営者がビジネスに必要な資金を調達するために設けられたものです。

そのためこのローンを利用する会社経営者は大勢います。

ビジネスローンには様々なメリットが存在します。

たとえばローン会社の中には即日融資を可能とするところがあります。

そのためすぐにでもお金を借りたいという人が好んで利用するローンでもあります。

このビジネスローンと消費者金融が一般向けに提供しているサービスとの大きな違いとして、総量規制の有無を挙げることができます。

総量規制とは「借り過ぎ」を予防するための決まりです。

内容は借り入れ最高額は年収の3分の1以下でなければならないというもので、この決まりゆえに希望する額の融資が受けられないこともあります。

対照的にビジネスローンは総量規制が適用されることはなく、審査次第では高額融資が可能です。

それでも金利は高めに設定されていることが多く、返済が長引くほど多くの利息を支払わなければならなくなります。

国からの公的融資制度を利用する

会社のためにお金を借りる手段として、日本政策金融公庫や商工中金など、国が運営する機関からの融資を受けることもできます。

これらの機関から融資を受ける場合、最大のメリットとして挙げられるのは金利が低いことです。

高額の融資を受けた場合、全額返済は容易ではありません。

それに加えて金利が高いと多額の利子を支払うこととなります。

しかし国からの公的融資制度を利用する場合はこのような点を心配する必要はありません。

審査は融資条件を満たしていればパスしやすく、そのため起業を希望する人の多くも、この公的融資制度を利用しています。

デメリットとして挙げられる点は審査に時間がかかるということです。

ビジネスローンのように即日融資とはいかないために、今すぐにお金が必要という経営者には向かないかもしれません。

また保証人が必要となるケースもあり、この点もわずらわしさを感じさせる一因となりえます。

助成金による援助を受ける

会社に必要なお金を助成金という形で受け取ることもできます。

これは厚生労働省による資金援助で、主に雇用に関係した場合に支払われるという決まりがあります。

助成金の最大のメリットは、条件を満たしていれば返済しなくてよいということです。

しかし助成金はすぐに受け取れるものではありません。

申請してから受け取れるまでの期間は1年から1年半ほどで、審査に多くの時間を有します。

そのため直面している会社のピンチを救うため、もしくは今現在訪れている事業拡大のチャンスを逃さないようにするためにお金を借りたいという経営者には不向きの資金援助です。

逆に時間はかかってもいいので、とにかくお金が必要であるという場合や、数年先を見越しての融資を希望する経営者の場合、返済しなくてよい助成金はもってこいの資金援助といえます。

ファクタリングでお金を調達する

会社によってはファクタリングで資金調達が可能なこともあります。

ファクタリングとは売掛金をファクタリング会社に引き取ってもらい、取引先によって将来支払われるはずの代金をファクタリング会社に今すぐ支払ってもらうというシステムです。

この際、ファクタリング会社には手数料を支払いますので、売掛金がそのまま現金になることはありません。

利益は必ずマイナスとなります。

それでも売掛金がある会社の場合、ファクタリングは安全に行える資金調達法の1つです。

なぜならファクタリングは借金ではなく、売掛金を前倒ししてお金に換える方法だからです。

当然のことながら起業を行うための資金が必要であるという人の場合、売掛金がないためにファクタリングは行えません。

ファクタリングはある程度の業績があり、すでに取引先とのビジネスが成立している会社のみが行えるものです。

そのためファクタリングに適した状況にある会社は、資金調達の面でのアドバンテージを有しているといえます。

状況と重要視する点を考慮してお金を借りる

これまで見てきたように、会社が必要とするお金を借りる手段はいくつか存在します。

もちろんここで取り上げたもの以外にも存在しますが、資金調達法によって申し込みから入金までの期間が異なったり、高額融資を受けられるところもあればそうでないところもあるなど、状況は様々です。

基本的にスピード重視での資金調達を希望する場合、ビジネスローンやファクタリングがファーストチョイスとなります。

しかしビジネスローンは金利が高く、ファクタリングは売掛金がなければ行えないことを覚えておくべきです。

とにかく利息の支払いを抑えたいという場合、国からの公的融資制度や助成金制度を利用することができます。

しかしどちらも国による制度であり、きちんとした計画がなされていない場合は審査をパスできません。

また後者の場合は入金までの時間が長いという点も覚えておく必要があります。

いずれにせよ重要視する点や会社が置かれている状況によって資金調達法は異なってきますので、この点をしっかりと理解しておくべきです。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

以上、【会社に必要なお金を借りたい】調達先で違う経営に必要な資金を選択できる…でした。

タイトルとURLをコピーしました