ファクタリングサービスは売掛金をまるで前受金のように変えることができる

ファクタリングサービスは売掛金をまるで前受金のように変えることができるコラム

ファクタリングサービスとは企業間の掛け取引によって発生する「売掛金」を買取業者に売却することで現金を得るものです。

これはマネーフローの観点に置き換えると本来は後払いされるはずの売掛金を前払いの「前受金」へと置き換えるサービスと言うことができるでしょう。

前受金が発生する業種は売掛金が発生する業種と比べると圧倒的に少ないため、ファクタリングを利用することによって擬似的にですが前受金を前提とした経営を可能とすることができるようになります。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

ファクタリングにおける売掛金と前受金について

ファクタリングの基本は売掛金の買取現金化となっています。

大半の企業はお金のやり取りを簡易化するために「掛け取引」を採用しており、実際に現金が移動するタイミングは限定されています。

仕事の報酬や商品の受け渡し後に現金が渡される場合は帳簿上では先に「売掛金」を計上しておき、実際に現金が後払いされてから会計処理を行なってその売掛金を売上金として確定させます。

ファクタリングとはこの実際にはまだ現金化されていない段階の売掛金を、業者側が売上金を受け取る権利(売掛債権)を買い取ることでいち早く現金化するシステムです。

一方で掛け取引には後払いとは逆に、先に現金を渡してしまう先払い形式も存在します。

たとえば新規事業を獲得するためや取引先の資金繰りを支援するといった目的で先払いが行われることがあり、その際に発生する売上金は「前受金」という形で処理されます。

前受金は売掛金とは逆に「まだ仕事や商品搬入を実行していないのに先に入ってきているお金」ですからファクタリングの対象とすることはできません。

ファクタリングを使って前受金を作る方法

ファクタリングによって売掛金を現金化する行為は、売掛金を前受金に変換していると捉えることもできます。

ただし厳密には売掛金をファクタリングした時点で現金として計上されるため、帳簿上における前受金のように取り扱いができるわけではありません。

あくまで「先に現金を受け取る」前受金の特徴を再現することができるという程度に考えておくといいでしょう。

ファクタリングを利用することでほとんど全ての掛け取引を先払い形式に変換することができるようになるわけですが、そこにはファクタリング手数料が介在することも忘れないようにしましょう。

手数料が差し引かれる以上は前受金とは異なり、事前の計算通りの売上金が手元に入ってくることはなくなります。

この手数料を正しく計算しておかないとファクタリングによってマネーフローを改善するつもりが、逆に資金繰りを悪化させてしまい破産への道を進めることにも繋がりかねないと言えるでしょう。

https://www.kariiku.online/untenshikin/

ファクタリングを前受金作りのように使うメリット

ファクタリングサービスによって売掛金を前受金代わりに使うことのメリットは、運転資金を安定的に確保できるようになることです。

掛け取引においては実際に仕事をしてからお金が入ってくるまでの間に1ヶ月〜2ヶ月ほどのギャップが生じます。

取引内容によっては半年や1年以上先にならないとお金が入ってこないことすらあるため、特に体力の弱い中小企業にとってはその「待ち時間」が致命的なダメージとなるリスクがあります。

ファクタリングによって売掛金を前受金に変えることができれば、常に仕事を終えた直後にお金を得ることができるため圧倒的に経営が安定しやすくなると言えるでしょう。

たとえ手数料を差し引かれることになったとしても、一定以上の規模で事業展開をしている会社なら手数料のデメリットを遥かに上回るほどの経営的メリットを得ることが可能です。

またファクタリングによる現金化はあくまで買取によるものなので借入として扱われないメリットも存在します。

借入があるとそれだけで銀行評価などが下がってしまうため、ファクタリングによって秘密裏に現金調達を行うことには様々な副次的効果も期待できます。

ファクタリングの勘定科目はどうする?よく使われる勘定科目を紹介!
ファクタリングをしたときには勘定科目が契約内容によって異なり、融資とは違う仕訳をする必要があります。売掛金が関わるのは同じですが、未収入金と短期借入金・短期貸付金、支払手数料と売上債権売却損の使い分けが重要です。ファクタリングでは取引が売掛債権の売買か融資かによって使用する勘定科目が異なるので注意しましょう。

ファクタリングと前受金の違いを明確にする

ファクタリングは便利なサービスですが、前受金を普通に受け取ることが可能ならそちらを利用した方が何かと安心なのも確かです。
前受金が成立する業種は限られますが、特に建設業では前受金による取引が行われることがよくあります。

しかしその一方で、ファクタリングの利用がもっとも活発なのも実は建設業界です。

つまり建設会社では常に前受金による取引をするかファクタリングを利用するかの選択が用意されていることになるため、その時の事情に応じて両者を使い分けることは非常に重要になってくるでしょう。

また一部の掛け取引においては「両建て」といって売掛金と前受金が同時に発生することがあります。

大抵の両建ては資金繰りのために本来は全て売掛金になるはずのお金の一部を先に前受金として支払ってもらう形の契約となります。

両建てを行った場合は当然ファクタリングに使えるのは売掛金の部分のみとなるため、前受金とファクタリングで得られる現金とのバランスを考慮して契約判断をする必要があるでしょう。

ファクタリングと前受金に関するまとめ

ファクタリングは売掛金による取引の大部分を、あたかも前受金で受け取るように変更することができるサービスとなっています。

前受金を受け取ることができれば数ヶ月先にならないと入ってこない売上金を当てにした資金繰りをしなくて済むようになるため、ファクタリングで前受金取引に似た状態を作り出すことには多くのメリットがあると言えます。

特に事業が上手く回らず資金繰りに苦しんでいる会社や、スタートアップで初期費用の不足に悩まされている会社にとってはファクタリングは経営安定のための切り札ともなることでしょう。

しかしファクタリングの利用には手数料の存在など、かなりのリスクも存在しています。

前受金とまったく同じ感覚でファクタリングを使うことはできないので、双方の違いや特性を熟知した上でどちらを採用するのかを判断していくことが重要となります。

今はまだファクタリングを必要としていない経営者であっても、万が一の事態に備えてファクタリングの知識を高めておくことはリスクヘッジとしても非常に大切です。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

以上、ファクタリングで得られる現金は前受金とは厳密には異なるため違いに注意…でした。

タイトルとURLをコピーしました