クラウドファクタリングは手数料が安く審査はAIで資金調達まで素早いし遠方からも利用可能

通常のファクタリングの場合、利用時に面談や直接もしくや郵送による書類のやり取りが必要です。

一方でクラウドファクタリングの場合、直接会って面談を行うもしくは書類のやり取りを行ったりする必要がありません。

オンライン上で一連の手続きが完了するため、全国どこからでも利用できるという特徴があげられます。

利用時にさまざまなメリットがあることで、通常のファクタリングではなくクラウドファクタリングを利用するケースも多いという点を把握しておきましょう。

クラウド ファクタリング①

クラウドファクタリングにおけるメリットの1つが、オンライン上で申し込みの手続きが行えるという点です。

電話や対面で申し込む必要はなく、ファクタリング会社のサイトからオンライン上で申し込めるようになっています。

基本的に申し込みは24時間体制で行われているため、好きなタイミングで申し込みを行えます。

実際に申し込むときには、会社名や代表者名のほか、連絡先や売却を希望する売掛債権の額、資金調達完了の希望日などを入力する必要があります。

また申し込み時には、請求書や決裁書一式、身分証明書などいくつか提出が必要な書類が存在しています。

通常のファクタリングの場合、書類の提出は対面もしくは郵送によって行われます。

郵送や対面だと、急いでいる場合には書類提出だけで時間がかかってしまうかもしれません。

一方でクラウドファクタリングは、書類をアップロードするだけで済むため、書類提出にかかる時間を短縮できるというメリットにつながります。

クラウド ファクタリング②

ファクタリングは審査に時間がかかるというイメージを持っている方もいるでしょう。

ですがクラウドファクタリングの場合、比較的審査のスピードが早いという特徴があげられます。

審査がスピーディーに行われる理由の1つが、クラウドファクタリングではAIによる審査を採用している場合が多いからです。

AIによる審査はスピーディーというだけではなく、審査基準が一定しているというメリットにもつながります。

担当者の心情などで審査結果が変わる心配をする必要もありません。

またファクタリングでは、説明などのために面談が行われるケースが多くなっています。

クラウドファクタリングでは、面談が必要な場合でも、来店もしくは特定の場所で担当者と会う必要がありません。

実際に面談が必要な場合であっても、オンライン面談が行われています。

メールや電話のみのやり取りでは不安という方でも、顔を見ながらオンライン上で会話をすることで、安心して利用しやすくなります。

クラウド ファクタリング③

従来のファクタリングの場合、契約手続きは紙の書類に直接署名して捺印をする必要がありました。

クラウドファクタリングの場合、契約書もオンライン化しています。

電子契約で電子署名を行うことが可能なので、契約書のやり取りにも来店や郵送が不要というメリットがあります。

買取代金の支払いも直接指定口座へ振り込まれるため、手渡しなどは必要ありません。

このようにクラウドファクタリングは、契約書のやり取りや買取代金の支払いも含めて、全て対面の必要なく完了する仕組みとなっています。

対面が必要ない仕組みを整えて、全てオンライン化していることによってスピーディーな対応が可能になっているのが一番のメリットだと押さえておきましょう。

急いで運営資金が必要という場合には、売掛債権をクラウドファクタリングで現金化を目指すのも1つの手です。

またオンライン上の手続きにすることで、人件費が節約できるため、通常のファクタリングより手数料も安めに設定されています。

クラウド ファクタリング④

メリットがある一方でクラウドファクタリングには、注意が必要なデメリットもいくつか存在しています。

デメリットの1つが、AI審査だと融通を利かせてもらうのが難しいという点です。

審査に不利な要素があっても、説明すれば納得してもらえる理由があるケースも見られます。

ですがAIによる審査だと理由の説明ができないため、状況を説明したいならクラウドではなく通常のファクタリングが適しています。

また面談の機会が用意されていない場合、担当者の顔が見えないので不安という方もいるでしょう。

担当者の顔が見える形で利用したいなら、通常のファクタリングを利用する、もしくはオンライン面談の機会があるクラウドファクタリングを利用することが大切です。

クラウドファクタリングにおけるメリットの1つが、オンライン上で手続きが完了するため、地域に関係なく利用できることです。

しかし書類のアップロードなどに慣れていない方だと、手続きに時間がかかる場合もあるため注意が必要です。

クラウド ファクタリングまとめ

クラウドファクタリングはオンライン上で手続きが完了するファクタリングです。

通常のファクタリングと比較して、資金調達にかかるスピードが早いため、急いで資金が必要という場合に使われるケースが多くなっています。

スピーディーな対応が可能になっている理由には、手続きがオンライン化しているため、契約書のやり取りや書類提出で対面の必要がない、AIによる審査のため審査にかかる時間が短いなどのポイントがあげられます。

ほかにもオンライン上の手続きとなるため、遠方に住んでいても利用できる、手数料が安いというメリットもあります。

メリットがある一方で、AIによる審査は心情に訴えにくい、面談がない場合もあるなどの注意点も存在しています。

注意するべきポイントを押さえたうえで、メリットを活かしてクラウドファクタリングを利用できるように検討しましょう。

クラウドファクタリングの利用で不安な点があれば、事前にファクタリング会社側に問い合わせるなどの方法で疑問を解決することも可能です。

以上、クラウドファクタリングは手続きがオンライン上で完結して対応がスピーディー…でした。

タイトルとURLをコピーしました