どんぶり経営を脱出したい!どのような経営課題があるかを抽出考えてみよう!

どんぶり経営を脱出したい!どのような経営課題があるかを抽出考えてみよう!コラム

どんぶり経営を脱出したいと会社経営者が考えることはよくありますが、どのような状況なのでしょうか。

どんぶり経営とはいわゆるどんぶり勘定で経営をしている状況を指します。

資金管理が行き届いていなくて計画的な資金活用ができていない経営状況になっています。

日本ではそれでも経営を継続してきた中小企業がたくさんあります。

しかし、経営不振になるとどんぶり経営を脱出したいと考えるのが一般的です。

ここではどんぶり経営を脱出したい状況に陥ったときの対策について解説します。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

どんぶり勘定による経営を脱出したいときは経営課題の抽出が必要

どんぶり経営を脱出したいと考えた時点で、まずやるべきなのは経営課題の抽出です。

どんぶり経営に対する問題意識が生まれたときには、経営不振になっていて長期的に経営を続けられなくなるリスクが高いという不安があるでしょう。

経営課題を抽出して必要性が高いものから解決していくことが不可欠です。

どんぶり経営を脱出する上でまず基礎になる部分なので、あらゆる経営課題を洗い出してみましょう。

どんぶり勘定をしてきた場合には資金についての課題を考えがちです。

しかし、根本的な原因は資金不足ではない場合もあります。

業務効率が低いために無駄に人件費がかかっていたり、人材や設備の不足によって納期の遅れが生じて取引先が減っていたりする場合もあります。

どんぶり経営に終止符を打つには経営にかかわる事業・業務のすべてを把握することが必要です。

まずは経営課題の抽出に力を注いで具体策を考えられるようにしましょう。

どんぶり経営から脱出するための基本

どんぶり経営から脱出するためには資金管理が不可欠です。

たった今、どのくらいのキャッシュがあるのか、いくらの債務を抱えているのか、売掛債権をいくら持っているのかといったことを正確にリアルタイムで把握できる体制を整える必要があります。

年次決算しかしていない場合にはどんぶり経営から脱却することはできないでしょう。

リアルタイムでの資金管理をするにはシステムを導入するのが効率的です。

基本的な会計システムを導入するだけでも現状を把握しやすくなります。

経営全般にまたがって一元管理できるシステムを導入すればさらに活用の可能性が広がるでしょう。

ただ、システムの規模が大きくなればなるほど導入コストも大きくなります。

従業員の業務フローの変更も必要になるので、現場や事業に応じたシステムの選定は必要です。

システムを導入して安定運用できるようになればどんぶり経営から脱出できるでしょう。

どんぶり経営から脱出できない原因とは

現実的な問題としてどんぶり経営を脱出したいと思っていてもできないということがよくあります。

原因として大きいのは会計システムなどを導入して運用を始めるための資金がないことです。

システムの導入コストはクラウドサービスの普及によってかなり小さくなりました。

しかし、クラウドサービスを利用すると毎月固定で利用料金が発生します。

初期費用がゼロのシステムもありますが、最初に設定をしてもらったり、従業員の教育をしたりするのにコストがかかることもあります。

どんぶり経営になっていると導入時にコストをかけても大丈夫なのか、月額料金を本当に支払っていけるのかが不安になるでしょう。

資金について出入りの状況を把握できていないので、利用料金の支払いによって赤字になるのではないかという懸念が生まれるのは当然です。

どんぶり経営から脱出したいときにはこのジレンマを克服する必要があります。

ファクタリングを使ってどんぶり経営を終わらせよう

どんぶり経営に終止符を打つにはファクタリングが有効です。

ファクタリングは売掛債権を売却することによって早期に資金を調達できるサービスです。

資金が不足して支払えなくなってしまうのではないかという不安を解消するにはうってつけの方法でしょう。

会計システムや経営システムなどの導入費用がかかる場合はファクタリングでまず調達すれば解決できます。

そして、システムの運用を始めれば資金の全体状況や収支の推移を把握することが可能です。

経営課題との関連性を考えて、どの課題をまず解決すべきかを考えられるようになります。

課題解決には資金が必要ですが、ファクタリングを利用すればすぐに現金化できるのでスピーディーに解決に取り組むことができます。

どんぶり経営から脱出するには資金調達のスピードを上げるのが大切です。

ファクタリングを活用してできるだけ単金間でどんぶり経営を終わらせましょう。

どんぶり経営からの脱出口になるファクタリングのまとめ

どんぶり経営を脱出したいならファクタリングで資金調達をして経営課題の解決を進めていきましょう。

まずは会計システムなどによってリアルタイムで資金管理をおこなえるインフラを整えるのが大切です。

そして、資金状況を確認しながら優先度が高い経営課題の解決に資金を使っていくのが合理的で、速やかな改善につながります。

どんぶり経営から単純に脱出するだけなら会計システムを導入するだけでも十分です。

しかし、どんぶり経営を脱出したいと思ったときには経営課題を抱えている場合がほとんどです。

ファクタリングによって資金を調達する方法は経営改善につながります。

どんぶり経営からの脱出口になるサービスなので有効活用しましょう。

  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • QuQuMo(ククモ)
    詳細はコチラ

以上、【どんぶり勘定による経営を脱出したい】資金管理システムで有効活用できる…でした。

タイトルとURLをコピーしました