資金が必要な時にはどうする?ファクタリングと借金の違いを大公開!

借金とはどのような方法なのかについてイメージを持っている人は多いでしょう。

借金とは端的に言えばお金を借りることです。

期日を決めてお金を返すという約束や契約をして、現金を受け取ります。

そして、期日になったら金利による利子を上乗せして返済するのが一般的です。

借金はファクタリングとどのような違いがあるのでしょうか。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

金融サービスとしてのファクタリングと借金の違い

ファクタリングも借金も金融サービスとして利用することができます。

ファクタリングと借金の違いを金融サービスという点から見ると、資産の売却か借り入れかという点が異なります。

ファクタリングは売掛債権を売却することによって資金を調達する方法です。

製品を販売したり、サービスを提供したりしたときに、後払いで支払ってもらうことがあります。

この際に契約書や請求書などに基づいて、いつまでにいくら支払われるかが明記されて書類が手に入ります。

この代金を請求する権利を譲渡することによって対価を得るのがファクタリングです。

資産としての売掛債権を現金で買い取ってもらう仕組みになっています。

しかし、借金の場合には資産との交換によって現金を手に入れるわけではありません。

お金を借りて返済する義務を負うという形になっています。

返済できなかったときには延滞金の支払いが必要になったり、担保にした資産を失ったりするのが一般的です。

取引相手についてのファクタリングと借金の違い

ファクタリングと借金では取引をする相手が異なります。

正確に言えば、銀行ではファクタリングも借金もできる場合がありますが、他の場合には取引相手が違います。

ファクタリングではファクタリングを専門とする会社や地方ビジネスなどの総合支援をしているコンサルティング会社、サービサーと呼ばれる債権回収を専門とする会社が候補です。

しかし、借金の場合には銀行や信用金庫、消費者金融などの金融機関が主な取引先になります。

場合によっては個人との取引をすることも可能で、親や友人からお金を借りているケースもたくさんあります。

ソーシャルレンディングによって不特定多数の人からお金を借りることも可能です。

このように取引先についてはファクタリングと借金の違いとして大きい点です。

基本的にファクタリングは個人との取引は難しいですが、借金の場合には個人を相手にすることもできる可能性があります。

利用審査におけるファクタリングと借金の違い

利用審査はファクタリングと借金の違いとして大きい点の一つです。

ファクタリングと借金では審査基準がまるで異なります。

ファクタリングでは売掛債権を買い取ってもらうので、相手がその売掛債権に興味があるかどうかが重要です。

売掛債権は債権回収をしやすいほど魅力が大きくなります。

優良企業の売掛債権であればほぼ確実に債権回収が可能なので、利用審査が通りやすいでしょう。

しかし、借金の場合には借りた企業が返済できるかどうかが大きな問題です。

返済能力があるかどうかを事業状況や財務状況から審査することになります。

ファクタリングでは利益がほとんど上がっていない状況だったとしても、優良な売掛債権があれば利用可能です。

しかし、銀行や消費者金融からお金を借りようとすると売掛債権があっても審査が通らないことがあります。

金額についてのファクタリングと借金の違い

ファクタリングと借金の違いとして金額があります。

ファクタリングは売掛債権が複数あるときには、どれを売却することも可能です。

100万円の売掛債権と500万円の売掛債権があったときに、必要なのが400万円だったとしたら500万円の方だけを買い取ってもらうこともできます。

借金の場合には審査を受けると上限額が決まり、その枠内で金額を決めて借りることが可能です。

ただ、上限額が300万円だったとしたら必要な金額を手に入れられないでしょう。

逆に売掛債権として100万円の方しか持っていなかったとしたら、ファクタリングでは400万円を調達することはできません。

このように売掛債権の金額によって調達できる金額が決まるか、審査によって決定されるかがファクタリングと借金の違いです。

大きな売掛債権を持っていても借金の限度額は低いということもよくあるので注意しましょう。

ファクタリングと借金の違いを総まとめ

ファクタリングと借金はどちらも資金調達に使える点は同じですが、いろいろな点でファクタリングと借金の違いがあることがわかったでしょうか。

ファクタリングは売掛債権を売却することで現金を手に入れるため、借金のように債務を負うことはありません。

借金をした場合には毎月返済をしなければならなくなります。

そして、支払えなかったときには延滞金が付いてしまい、信用情報機関にも記録が残るのが問題点でしょう。

取引相手の豊富さでは借金に軍配が上がります。

一方、利用審査はファクタリングと借金の違いが大きく、自社の支払い能力があるなら借金、売掛先の信用が大きいならファクタリングが適しています。

このようにファクタリングと借金の違いは大きいので、状況に応じて使い分けるのが大切です。

ファクタリングは優良な売掛債権があれば気軽に資金調達ができる点で注目されています。

借金をしようとしたときにも比較検討してみましょう。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、ファクタリングと借金の違いはある?詳細まで徹底比較した結果を紹介!…でした。

タイトルとURLをコピーしました