ファクタリングで資金化したい!何があれば資金を手に入れられるのかを解説

資金不足に陥っているときには何らかの方法で資金調達をしなければ経営を継続できません。

ファクタリングは資産を資金化する方法としてよく用いられるようになりました。

ファクタリングによってできる資金化とはどのような特徴があるのでしょうか。

ここではファクタリングによる資金化の概要と必要な書類について紹介します。

ファクタリングを利用するときの注意点も詳しく解説するので参考にしてください。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

ファクタリングによる資金化とは何か

ファクタリングによる資金化とは売掛債権を買い取ってもらう方法です。

ファクタリングとは売掛取引をして手に入れた売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらって即時資金化する方法です。

売掛債権は資産にはなりますが、キャッシュが手元から失われている状況になります。

100万円の製品を販売して翌月末の支払いで契約をすると、100万円相当の製品が手元からなくなったのに、キャッシュは増えていません。

このような状況下で給料の支払いをしたり、次の製品を製造するための仕入れをしたりするのが困難になることがよくあります。

ファクタリングは売掛債権を買い取ってもらう代わりに手数料を支払うという形の取引です。

本来は翌月末まで手に入らないはずのキャッシュがすぐに手に入るので、現金による支払いが必要な手続きや取引を進められます。

事業を加速する上でも、資金不足を解消する上でも有効な方法です。

ファクタリングによって資金化できる資産

ファクタリングをするときには資金化する資産が必要になります。

一般的にはファクタリングでは売掛債権が必要です。

発行した請求書や取引契約書などの書類をベースにして売掛債権があることを示し、ファクタリング会社が審査をして買い取るという流れが一般的になっています。

資産として利用できるのは基本的に売掛債権だけで、資金化できる可能性がある他の債権についてはファクタリング会社では取り扱っていない場合がほとんどです。

固定資産なども同様で、ファクタリングという形では資金化することはできません。

資産の種類によって対応しているサービスに違いがあるので気を付けましょう。

パソコンや各種設備の場合には専門の買取業者を利用すれば資金化することができます。

ファクタリングは売掛債権に特化した買取サービスだと考えるとわかりやすいでしょう。

ファクタリングで資金化に使える書類は会社によって違う

ファクタリングで売掛債権を資金化するときには書類を用意する必要があります。

ファクタリングで必要な書類には自社の決算書や通帳などもありますが、最も重要な役割を果たすのが売掛債権の証明となる書類です。

実はファクタリングで資金化に使える売掛債権の証拠書類として何が使えるかはファクタリング会社ごとに異なります。

最も信頼性があるのは取引の契約書、見積書、発注書、納品書、請求書がすべて揃っている場合です。

明らかに売掛先が支払いをしなければならない状況が整っていることがわかるからです。

しかし、ファクタリング会社の中には発注書ベースでファクタリングに対応していることもあります。

契約書も内容によっては個別の発注書を作らないことがあるので、契約書ベースで対応してもらえることもあります。

会社によっては請求書ベースでなければ対応していないこともあるので注意が必要です。

ファクタリングで資金化をするときの注意点

ファクタリングで売掛債権を資金化するときには注意点があります。

ファクタリングをしたときには必ず手数料がかかり、売掛金として本来手に入れられるはずだった金額よりも数パーセント程度少なくなります。

売掛金が減ったことによって事業継続が難しくなるリスクがどの程度あるかを見積もってから契約するようにしましょう。

ファクタリング会社による審査を受けて手数料が決まる仕組みになっているため、複数社で見積もりを取得するとロスを最小限に抑えることができます。

相見積もりをしても特に費用が発生するわけではないので、時間に余裕があるなら複数のファクタリング会社に相談してみましょう。

2社間ファクタリングに比べると3社間ファクタリングは手数料が低くなる傾向があります。

3社間ファクタリングは売掛先に連絡する必要があるというデメリットはありますが、ロスを減らすのには有効なので検討してみましょう。

ファクタリングによって資金化する方法のまとめ

ファクタリングによる資金化は売掛債権の資産を使用するのが特徴です。

売掛金が入るのは翌月のことが多いので、キャッシュ不足によって事業が滞ってしまったり、従業員への給与支払いができなくなったりすることがあります。

しかし、ファクタリングをすれば売掛債権をすぐにキャッシュにすることが可能です。

流動性の高い資金を手に入れる手段としてファクタリングは優れています。

ただ、ファクタリングをすると手数料がかかる点には注意した方が良いでしょう。

売掛債権の信用度の高さによって手数料には違いが生じます。

その解釈によってファクタリング会社ごとに手数料にも違いが生まれます。

ファクタリングによる資金化は有用な方法ですが、ロスがあることを考慮してうまく使っていくのが大切です。

時間に余裕があるなら相見積もりをして、できるだけロスを減らせるようにしましょう。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、ファクタリングによる資金化とは?取引における注意点とやり方を紹介…でした。

タイトルとURLをコピーしました