黒字倒産対策にはファクタリング!なぜ有効なのかをわかりやすく紹介!

黒字倒産とはどのような状況なのかが知りたいと思っていませんか。

赤字倒産なら理解できるけれど、黒字なのに会社が倒産するのはイメージできない人も多いでしょう。

黒字倒産とは帳簿を見たときには売上があって利益も出ているのに、支払いができなくなって倒産することを指します。

なぜ黒字倒産が起こるのでしょうか。

黒字倒産が起こる原因について詳しく解説した上で、解決策としてのファクタリングを紹介します。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

黒字倒産はなぜ起こるのかを考えてみよう

黒字倒産は帳簿を見る限りでは利益が出ているのに、キャッシュが不足して倒産することです。

利益が出ているならキャッシュが不足することはないはずだと思うかもしれませんが、実際には起こり得る現象なので詳細を考えてみましょう。

帳簿上で利益が出ているときには資産が増えているというだけで、必ずしもキャッシュが増えているとは限りません。

帳簿では製造された製品の在庫も資産として計上されています。

また、企業間の取引では必ずしもモノやサービスと現金をその場で交換しているわけではありません。

翌月払いの取引で製品を販売したり、資材を仕入れたりすることもあります。

そのため、キャッシュの出入りと資産の増減は必ずしも一致しません。

帳簿上は利益が出ていてもキャッシュは減っているということもあり得るので、黒字倒産になるケースもあります。

黒字倒産になってしまう原因は何なのでしょうか。

黒字倒産の原因はキャッシュフローが問題のことは多い

黒字倒産になる原因として多いのはキャッシュフローが悪くてうまくキャッシュをコントロールできていなかったことです。

キャッシュフローとは帳簿上の損益とは別で、純粋に現金の出入りのことを指します。

帳簿上は利益が出ていてもキャッシュは減っていく状況になると黒字倒産に向かっていきます。

例えば、仕入れをしすぎてしまって製品の在庫が余り過ぎてしまったというケースがあります。

また、製品が一度にまとめて売れたものの、支払いサイトがある影響でキャッシュが入ってこない場合にもキャッシュが不足するでしょう。

このようなキャッシュフローが悪い状況に陥ったときに黒字倒産になる場合があります。

いつもキャッシュフローが安定していれば売掛債権があったとしても、在庫を抱えていたとしても大きな問題はありません。

キャッシュの出入りに波が生じると黒字倒産をするリスクが高くなります。

黒字倒産の原因は人手不足に起因している場合もある

黒字倒産の原因は人手不足が原因のことがあります。

帳簿上は黒字になっていたとしても今後も売上を出して利益を生み出し続けなければ企業は存続できません。

そのための仕事をしているのは人なので、従業員として適性がある人が揃っていないと事業継続は困難になります。

例えば、昨年度までは優秀な人がいたけれど、定年退職や転職によって現場を離れてしまったとしたらどうなるでしょうか。

事業に不可欠な人だった場合には今までの業績は良くても今後は売上が出ずに困る状況になります。

また、他社からの依頼を多数受けたのは良いものの、人手不足ですべての案件を的確にこなせなくなることもあります。

採用をしようとしても想定していたように人材が集まらず、依頼をキャンセルせざるを得ない状況に陥るケースも少なくありません。
契約解除に伴ってペナルティを強いられると事業継続が困難になります。

黒字倒産の原因は資金繰りのやり方が適切ではないケースも多い

黒字倒産の原因として資金繰りのやり方がうまくないこともあります。

売掛債権があるときには帳簿上は利益が出ていてもキャッシュが少ない状況になりがちです。

特に多数の案件を受注している下請け企業では、帳簿だけ見ると莫大な資産があっても、キャッシュで見ると給料を払えるかどうかわからないという状況のこともあります。

資金繰りを少し見誤っただけで支払いができなくなり、倒産の危機に陥るというケースもあるのが実情です。

資金繰りは期間を考えて安定させるのが重要ですが、取引先の都合や社会情勢による売れ行きの変動によって大きな影響を受けます。
状況に応じて最善の方法を選んでいかなければならないため、資金繰りが問題で黒字倒産になっているケースは決して少なくありません。

社会の動きが激しい現代では資金繰りの課題を解決するのが黒字倒産にならないための対策として重要でしょう。

黒字倒産を防ぐにはファクタリングが有効

黒字倒産を防ぐにはさまざまなアプローチがありますが、まずはファクタリングによる資金調達を検討してみましょう。

黒字倒産の原因として大きいキャッシュフローと資金繰りの課題を同時に解決できる方法だからです。

ファクタリングは売掛債権を早期資金化する方法で、一か月か二か月後に支払われるはずの現金を最短即日で手に入れることができます。

ファクタリング会社に立て替えてもらう形になるので手数料はかかりますが、キャッシュがすぐに手に入るのでキャッシュフローが改善されます。

資金の回転を速められるため、さらに事業を加速させて利益を生み出すことも可能です。

資金繰りをする上でも支払いが必要なタイミングキャッシュを用意できる点で優れています。

ファクタリングを活用すれば資金を調達して人材不足の解消に乗り出すことも可能です。

黒字倒産になる原因を一通り克服できる方法なので、ファクタリングを積極的に活用していきましょう。

黒字倒産にならないためのファクタリングの活用についてまとめ

黒字倒産になるのはキャッシュフロー、人材不足、資金繰りのいずれかの問題が深刻になったのが主な原因です。

複数の原因が重なってしまうことも多く、キャッシュフローが悪いために資金繰りができない、資金繰りが適切でないために人材を新規雇用できるキャッシュができないといったケースもあります。

このような状況に陥らないようにするには、資金の回転をできるだけ加速させるのが大切です。

黒字倒産の対策としてはファクタリングの活用が有効なので前向きに検討してみましょう。

ファクタリングは売掛債権の現金化を加速させることを通してキャッシュフローも資金繰りも改善させられます。

資金不足で人材を雇用できない状況からも脱却できる可能性があるのが魅力です。

売掛金が入るのが遅いのが問題になっているなら、ファクタリングを活用して経営改善を図りましょう。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、黒字倒産とは?黒字経営なのに倒産する3つの原因について詳しく解説!…でした。

タイトルとURLをコピーしました