資金ショートにならないためには?ファクタリングによる調達を考えよう!

資金ショートになってしまって会社が倒産するという話を聞いて不安になっている人もいるでしょう。

資金ショートとはどのような状態か具体的なイメージがあるでしょうか。

資金ショートとは端的に言えば運転資金が不足してしまい、仕入れをしたり従業員の給料の支払いをしたりすることができなくなった状態です。

このような状態にならないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。

この記事では資金ショートの原因と対策について解説します。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

資金ショートになると陥りやすい状況

資金ショートにならないように経営をしていくのが理想的だと聞いたことがあっても、顛末がどうなるかを詳しく聞いたことがない人も多いでしょう。

資金ショートになったときには最終的に適切な対策を取れないと倒産します。

しかし、資金ショートになったら即座に倒産するというわけではありません。

一般的には運転資金が不足すると銀行などの融資を受けたり、社債を発行したり、ベンチャーキャピタルからの投資を受けたりして資金調達をします。

その資金を使って何とか運転資金を確保して事業を進められていたとしても、だんだんと厳しい状況に陥ります。

利子の支払いが必要になってしまい、結果的には資金負担が大きくなってしまうからです。

結果としては債務超過になり、経営継続が困難になる場合がほとんどです。

資金ショートと気が付いた初期に経営改善ができなかったときにはやはり倒産に向かっていってしまいます。

資金ショートになってしまう典型的な原因

資金ショートになってしまう原因は何なのでしょうか。

事業状況による違いがあるのは確かですが、典型的な原因はよく知られています。

一般的に製品を販売したり、サービスを提供したりするときにすぐに現金が手に入らないからです。

例えば、製品を販売したときには翌月末の支払いになることがよくあります。

依頼を受けてサービスを提供するときにも、サービスが完了した翌月に支払いになるという取引方法が一般的です。

支払いサイトとして30日~60日が設けられていることが多いため、現金が手に入るまでには時間がかかります。

十分な現金の資産がある企業であれば問題はありませんが、中小企業にとっては従業員の給料などの現金でなければならない支払いで苦労しがちです。

支払いサイトが長いことによって現金が不足してしまって資金ショートになるというのがよくあるパターンです。

資金ショート対策にはファクタリングが有効

資金ショートになってしまうのは日本あるいは世界の取引の仕組み上、避けられないとあきらめてしまうかもしれません。

しかり、ファクタリングを活用すれば資金ショートに対策できます。

資金ショートが製品やサービス提供のタイミングに比べて支払いが遅いことが原因になって起こっているなら、提供後にすぐに現金を手に入れられれば問題ないでしょう。

ファクタリングはこの目的に適っているサービスです。

ファクタリングは請求書などを根拠として売掛債権をすぐに買い取ってもらえるのが特徴です。

例えば、来月末日の支払い予定になっている売掛債権を持っているときに、ファクタリング会社に相談すると最短即日で現金にできます。

ファクタリングをするときには手数料を負担しなければなりませんが、売掛金の大半を即時で入手できるのはファクタリングのメリットです。

資金ショートになりそうなタイミングで利用すれば窮地を切り抜けられるでしょう。

資金ショート対策でファクタリングをするときのコツ

資金ショート対策としてファクタリングを活用してみようと思ったときにはコツが2つあります。

1つは取引先との交渉をすることです。

自社を貴重な取引先として認めてくれているところがあるなら、資金繰りが厳しくて資金ショートを起こしそうになっていることを伝えてみましょう。

そして、ファクタリングをしようとしていると相談してみるのがおすすめです。

このような相談を持ちかけることでファクタリングの手数料分を取引先が負担しようと考えてくれることもあります。

また、手数料が少なくて済む3社間ファクタリングをスムーズに進められるのもメリットです。

もう1つのコツは資金ショートの状況を取引先に知られないようにしたいときの方法です。

2社間ファクタリングに対応しているファクタリング会社を選べば取引先に知られることはありません。

付き合いの関係上、経営状況を知られた区内場合には2社間ファクタリングを活用しましょう。

資金ショートとファクタリングの関係のまとめ

資金ショートが起こるのは製品やサービスを提供した後に現金が手に入るまでの期間が長いのが主な原因です。

企業間の取引では支払いサイトを設けて翌月の支払いになるのが一般的になっています。

その間にも従業員の給料の支払いのように現金が必要になるときがあるため、資金不足に陥って倒産するリスクがあります。

資金ショート対策としてはファクタリングを利用するのがおすすめです。

製品やサービスの提供をしたときには売掛債権が手に入るので、ファクタリングを利用して即日での資金調達ができます。

資金ショート対策にファクタリングを利用するときには取引先と話をしておくのがベストです。

ただ、資金ショートになっていることを知られたくない場合もあります。

その際には2社間ファクタリングを利用して、取引先に知られないようにしながら売掛債権を活用して資金調達をしましょう。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、資金ショートとは?具体的な状況と失敗しない対策をわかりやすく解説!…でした。

タイトルとURLをコピーしました