ファクタリングの市場規模はどのくらい?現状を踏まえた戦略を考えよう!

ファクタリングの市場規模とはどのくらいなのでしょうか。

ファクタリングの市場での取引額はどの程度なのかがわかると、他社の利用状況も推察できるでしょう。

結論としてはファクタリングの市場規模は近年では拡大してきています。

この記事では市場規模の推移と現状について紹介した上で、今後の展望についてわかりやすく解説します。

この状況を踏まえて資金戦略として何を考えたら良いかも紹介するので参考にしてください。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

ファクタリングの市場規模の推移と現状

ファクタリングの市場規模は世界的には伸びてきています。

世界市場では2020年の時点で3343億ドルに到達し、2026年までの間に6%程度のCAGRで上昇すると予想されています。

日本に着目するとややファクタリングの市場動向は異なり、低迷する時期が続いていました。

2011年をピークとして2017年まではファクタリングの市場規模は縮小の一途をたどっていました。

高額な手数料を取るファクタリング会社がいたり、得体の知れない資金調達方法だという印象があったりしたのが主な原因です。

中小企業庁でも詐欺の被害に遭わないように注意喚起をしているので、手を付けたくないという企業が増えたのは確かでしょう。

しかし、2017年以降は市場規模が拡大してきています。

2017年に3.7万ドル規模だった市場が2018年には4.8万ドル、2019年には4.9万ドルというように上昇傾向が生まれています。

ファクタリングの市場規模が拡大してきている理由

ファクタリングの市場規模が拡大してきているのはなぜなのでしょうか。

最も大きいインパクトになったと言われているのがクラウドファクタリングの登場です。

オンラインで完結するファクタリングができるようになりました。

以前はファクタリング会社に訪問するか、出張を依頼して来てもらわなければなりませんでした。

出張対応の範囲も限られていたので、地方企業にとっては利用するのが難しい状況が続いていました。

ファクタリングを有効活用できる企業は都会に近い企業だけだったのです。

しかし、クラウドファクタリングによってオンライン完結になり、さらにクラウドサインに対応する企業が増えて契約も容易になりました。

迅速な資金調達ができる方法としての価値が高まり、あらためてファクタリングを利用しようと検討する企業が増えています。

ファクタリングの市場規模の今後の展望

ファクタリングの市場規模は今後も拡大していくのかどうかが気になるでしょう。

結論としては、市場規模は今後も加速度的に拡大していくと考えられています。

世界市場規模についてもファクタリングは拡大が予想されていますが、日本でも働き方改革や新しい生活様式への対応に追われて中小企業が悲鳴を上げる状況が生まれています。

その状況を見て中小企業庁では中小企業にファクタリングによる資金調達を進めることを推奨しています。

ファクタリングによる詐欺などもありましたが、法整備による対応も進められていて、2020年には民法改正によって債権譲渡特約が使えなくなりました。

ファクタリングを利用する企業にとってはメリットが大きく、安心して利用できる体制が整っています。

さらにIT化の進行によってクラウドファクタリングを利用しやすい企業環境が整ってきました。

このような追い風があるため、世界だけでなく日本でもファクタリングの市場規模は拡大していくと言えます。

ファクタリングの市場規模を考慮して検討すべき資金戦略とは

ファクタリングの市場規模の今後を考えると、今後は資金戦略としてどのような考え方を持つと良いのでしょうか。

健全な経営ができている場合には資金調達の必要はないと思うかもしれませんが、ファクタリングは経営状況によらずに活用できる有用なサービスです。

資金繰りが苦しくなったときにファクタリングをするのももちろん合理的な戦略です。

しかし、資金が厳しくて経営継続がつらくなる前に手を打つのが理想的でしょう。

働き方改革や新しい生活様式に対応して従業員が満足する対応をするのには資金が必要になります。

早めに手を打たなければ優秀な人材が流出して事業継続が困難になるリスクもあります。

ファクタリングをすれば資金の回転を速めることができるため、投資スピードを加速することが可能です。

今後の資金戦略としてファクタリングを取り入れ、新たな社内投資をする際にも活用していくのが大切です。

ファクタリングの市場規模の現状と今後の展望のまとめ

ファクタリングの市場規模は世界に登場した当初からだんだんと伸びてきています。

世界市場では安定した成長をしてきていて、今後も伸びるという予想が立てられています。

日本市場では2011年をピークにして低迷していましたが、2017年から盛り返し始めました。

オンライン完結のクラウドファクタリングを利用できるようになり、以前はファクタリングを利用するのが難しかった企業も資金調達に使える環境が整ったからです。

今後もITかが進められていき、クラウドファクタリングが使いやすい環境ができていくでしょう。

働き方改革や新しい生活様式に対応することも企業に求められているため、いかに早く資金を得るかが大きな課題になっています。

ファクタリングに着目して資金調達をしていき、できる限り早くニーズに応えられる社内対応の投資をしていくのが今後の戦略として重要です。

ファクタリングのメリットを最大限に生かして事業を継続・拡大させていきましょう。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、ファクタリングは市場規模が拡大中!なぜなのかをわかりやすく解説!…でした。

タイトルとURLをコピーしました