売掛債権を売却するファクタリング活用で融資よりも早期に資金を集められる

ファクタリングは、融資とは異なる企業の事業資金を調達する為の手段です。

売掛債権がある場合、それをファクタリング事業会社に売却する事で現金にする事ができます。

事業会社は、日本国内で増えつつあります。

その背景は、2020年に民法が改正された事で売掛金を売却し易い環境が整ったためです。

権利を売却し易くなった事で、特に中小企業は銀行からの融資の結果を待つ時間を大幅に削減する事が可能になり、売掛金さえあれば、事業に必要な資金をいつでも得られる点でメリットが大きいです。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

ファクタリングで売却ができる売掛金とは

企業が取引先に製品や原材料を売る場合、掛取引によって販売する事ができます。

この時に将来取引先企業が購入した物の代金を受け取る事ができる権利の事を売掛金と言います。

受取手形と売掛金の違いは、手形があるかどうかの違いです。

手形を保有しているのであれば、受取手形と言います。

売掛金は、信用取引における未収分を計上する際に勘定科目にもなります。

事業会社に債権を売りたい場合、回収ができない状態になっている売掛金は売る事ができません。

その為、期日が来ていない債権を売却するようにする必要があります。

その価値は、取引先の信用情報に依存します。

信用情報機関で評価が悪い企業の売掛金は貸倒れになる恐れがあります。

事業会社の中には、審査の過程で債権の対象である企業の信用情報を調べる事もあり、一定の水準をクリアしていなければ、買い取ってくれないケースもあります。

取引先の信用情報は、売掛金を専門の会社に売却する際には重要な要素となってきます。

売掛債権は、売却を行う企業の信用情報とは関係がない

ファクタリングで債権の売買を行う際に審査が行われる時には、売掛金の企業の信用情報が確認されます。

権利を売った企業の信用に関する情報まで審査される事はありません。

この辺りは、金融機関から受ける融資サービスの審査とは事情が異なります。

企業の情報が重視されないので、特に中小企業や個人事業主が資金調達し易くなります。

金融機関でなかなか融資の審査が通過せず、資金繰りが苦しくなるという時には、有効な売掛金の有無を確認して、債権を持っているのであれば、それを売却する事を考えていきましょう。

事業資金の調達は短期間に行った方が、精神的に安心です。

余裕が生まれれば、次の事業展開の事を考える時間を割く事ができます。

売掛金は取引先との信用で成り立つものであり、取引先に信用が無ければ、代金を支払ってもらえずに焦げ付いてしまいます。

税金の申告時にある程度は貸倒として計上する事が可能ですが、全ての債権を貸倒に計上する事はできません。

普段から信用ができる取引先のみに商品を売るようにしておくと、売掛金が不良債権化する事はないでしょう。

ファクタリングには2つの契約方法がある

ファクタリングには、2つの契約方法があります。

2社間ファクタリングは、売主と買主の2社間で取引を行う契約です。

これは、売掛先に知られる危険性を減らし、今後の商取引においても影響が少ないのが特徴です。

2社間で契約ができるのでスムーズな資金調達ができるのが魅力ですが、一方で売掛先からの入金を確認次第、ファクタリング事業会社に送金する手間が発生します。

分割での送金をすると、貸付になってしまうので一括で送金をしなければいけません。

3社間ファクタリングは、売主・買主・売掛先の3社で契約をします。

こちらは、売掛先に支払先を買主に変更してもらう事になります。

買主のメリットが大きく、売掛先に連絡をする事が可能になり、貸倒れが起こりにくくする事ができます。

売主にとってのメリットは手数料を安くできる事です。

この契約では、2社間契約と比較して資金調達額を大きくする事もでき、一括での買主への送金の手間が無くなります。

但し、デメリットは売掛先との今後の取引に影響が出たり、資金繰りに関して他者に勘ぐられる恐れがある事です。

売掛債権を売却するファクタリングを使うと何が良いのか

ファクタリングを使うと、企業にとっては最短で資金調達ができるようになります。

売掛先が入金を行う期日よりも早く資金にする事ができるので、入金の期日ギリギリまで待つ必要がありません。

また、担保が不要というところも強みです。

融資の場合は、事業計画案をまとめて提出したり、担保が求められたりするケースが多いですが、ファクタリングは企業が持つ売掛金を売る事で資金を調達できるので、担保を取られるという不安がありません。

有効な担保が乏しい個人事業主や中小企業にとっては大きな利点です。

自社が赤字に陥っていてもサービスを使えるのは、金融機関の融資サービスにはない魅力でしょう。

融資サービスでなく、会社の信用情報は売掛先の情報が重視されるので、自社の情報には何の影響もありません。

債権の売却契約が終われば、債権の権利は事業会社に移ります。

売掛金の回収をしなくて済み、未回収によるリスクを軽減させられるようになります。

ファクタリングを使って事業資金を集める為の手段のまとめ

ファクタリングを使って事業資金を集めるのは一般的な手段になってきています。

銀行の融資は企業の信用の尺度になりますが、企業にとっては早期に資金調達をしたいという願望もあります。

金融機関で融資を借りるには審査に時間がかかり、審査をしてもらう為に事業計画案を練らなければいけません。

また、担保も必要になってきます。

手間と時間がかかる割に、必要な時に資金が調達できるかどうか分からないのであれば、企業が今後事業を展開するのに不安を抱える事になりかねません。

金融機関や金融会社が提供する融資サービスを使うよりも、ファクタリングは短期間で資金調達をする事が可能です。

条件は、不良債権ではない売掛金を保有している事だけです。

売掛先が入金してくれるまで資金を待つのでは心許ないというのであれば、ファクタリングを使って売掛金売却を図った方が確実に資金を調達ができます。

手数料は事業会社によって違い、契約プロセスや事業の運用実績にも違いがあるので、事業会社の選び方はしっかりと行う必要があります。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、売掛債権を売却するファクタリング活用で融資よりも早期に資金を集められる…でした。

タイトルとURLをコピーしました