診療報酬ファクタリングとは?医療機関にとって救済になるサービスを紹介!

診療報酬ファクタリングについて聞いて気になっている人もいるでしょう。

ファクタリングは資金調達の方法として注目されています。

診療報酬ファクタリングはその一種で、診療報酬を活用することができるのが特徴です。

医療機関にとっては救済になる可能性があるサービスなので、詳しい仕組みと必要なものを知っておくと役に立つでしょう。

この記事では診療報酬ファクタリングの概要とメリット・デメリットを詳しく解説します。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

診療報酬ファクタリングの特徴と取引の仕組み

診療報酬ファクタリングは診療報酬制度に基づいて請求をして資金を得ている病院やクリニックを対象とするファクタリングサービスです。

広い意味では介護報酬制度によって請求をしている特別養護老人ホームやデイケアセンターなどの介護施設も対象としています。

診療報酬制度や介護報酬制度では患者や高齢者に対してサービスを提供した時点で、費用の全額を手に入れられるわけではありません。

利用者は3割負担や2割負担といった形になっているため、現金としてすぐに手に入れられる金額はわずかです。

そのため、医療機関や介護施設が運営を続ける上で現金不足が起こることがあります。

診療報酬ファクタリングはこのような際に現金を調達する方法として活用されています。

診療報酬の根拠となる書類を示し、診療報酬を受け取ったときにファクタリング会社に渡すという前提ですぐに現金を提供してもらえるというのが診療報酬ファクタリングの仕組みです。

診療報酬ファクタリングをするのに必要なもの

診療報酬ファクタリングを利用して現金を調達するときには書類を揃える必要があります。

最も重要なのは診療報酬等決定通知書です。

診療報酬等決定通知書に記載されている金額に基づいて、診療報酬ファクタリングによって調達できる金額が決まるからです。

基本的に診療報酬請求が正しくおこなわれていれば診療報酬は支払われます。

そのため、診療報酬等決定通知書が出ているかどうかが重視されています。

診療報酬ファクタリングを申し込むときには医療機関として認められているかどうかも重視されるため、関連書類の提出も必要です。

保険医療機関指定通知書、病院開設許可証、医師免許証が一般的に必要とされています。

履歴事項全部証明書、決算書、納税証明書、印鑑証明書についても提出を求められることがあります。

必要書類はファクタリング会社によって違うので、問い合わせて確認しましょう。

診療報酬ファクタリングを利用するメリット

診療報酬ファクタリングを利用するメリットは現金の不足を解消できることです。

病院やクリニックの経営では従業員の給料の支払額が大きいことがよくあります。

医師や薬剤師のように高い給料で働いている人も多いからです。

診療報酬制度では診療報酬の支払いが治療や診療を実施したタイミングよりも大きく遅れます。

3割しか現金が手に入らないと給料の支払いが困難になりがちです。

また、医薬品や医療機器などの代金の支払いも必要になるため、現金が不足してしまう状況は決して少なくありません。

診療報酬ファクタリングを利用すれば診療報酬等決定通知書に基づいてすぐに現金を調達できます。

ファクタリングでは手数料がかかるのが一般的ですが、診療報酬は国によって支払われるのが確定しているので信頼性が高く、手数料が低いのもメリットです。

最小限の手数料で現金を早く手に入れることができるのが診療報酬ファクタリングを利用する魅力です。

診療報酬ファクタリングを利用するデメリット

診療報酬ファクタリングを利用するデメリットは手続きの準備の労力がかかることと、手数料が少ないとはいえ負担しなければならないことです。

診療報酬ファクタリングを利用するときには用意しなければならない書類が多いのは上述の通りです。

書類に不備があるとすぐに現金を調達できません。

クリニックの場合には決算書を作成していない場合もあるでしょう。

代替書類として何を使えるかをファクタリング会社に問い合わせるなどの手間もかかります。

病院やクリニックでは業務があまりにも忙しく、診療報酬ファクタリングに必要な書類を準備するのが難しいということもあります。

医療機関の経営ではトータルとしての資金がギリギリになっていることが多く、わずかな手数料でも大きな負担になりがちです。

診療報酬ファクタリングの手数料を支払ったために経営破綻になるリスクもあるので気を付けましょう。

診療報酬ファクタリングの仕組みと特徴のまとめ

診療報酬ファクタリングは医療機関が利用できる診療報酬債権に基づくファクタリングサービスです。

ファクタリングでは売掛債権を根拠にして現金を調達できるのが特徴で、診療報酬ファクタリングでは診療報酬等決定通知書に基づいて現金を受け取ることができます。

広い意味では介護報酬によるファクタリングも含まれていて、介護施設でも介護報酬等決定通知書に基づいてファクタリングをすることが可能です。

医療機関では患者の本人負担が少ないにもかかわらず、給料が高い専門職が多いので現金不足に悩まされることがよくあるので救済策になります。

経営が厳しい状況に陥ったときには診療報酬ファクタリングを使ってみましょう。

診療報酬ファクタリングには手数料がかかることも考慮して、中長期的に経営を続けられるかも試算してから利用するのがおすすめです。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、診療報酬ファクタリングのメリット・デメリットを仕組みと併せて解説!…でした。

タイトルとURLをコピーしました