ファクタリングはどんな企業で有用?種類による違いを分かりやすく解説!

ファクタリングが有用で利用すべき企業とは

ファクタリングは資金調達方法として着目されるようになりましたが、本当に有用なのかどうかが気になっていることも多いでしょう。

企業が資金調達をする方法は融資や株式発行、社債発行など、他にも多数の選択肢があります。

ファクタリングが有用で利用すべき企業とはどのような企業なのでしょうか。

この記事ではファクタリングを有効活用できる企業について、企業の規模などによる種類別に考察して紹介します。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

ファクタリングを中小企業が利用する魅力と注意点

中小企業はファクタリングを有効活用できる企業として代表的です。

中小企業庁でも資金繰りの改善や経営改革、事業拡張などの目的で中小企業がファクタリングを利用することを推奨しています。

これは中小企業が大手企業や上場企業などから依頼を受けて下請けとしての役割を果たしていることが多いからです。

また、中小企業には卸業者や仲介業者も多く、売掛債権が発生するケースが多くなっています。

ファクタリングでは優良な売掛債権があれば低い手数料で資金調達をすることが可能です。

中小企業にとっては銀行融資による資金調達が難しいという実情もあるため、早期に資金が必要なときにはファクタリングを活用するメリットが大きいでしょう。

ただし、他の企業についても同様ですが、ファクタリングをすると手数料の負担がある点には注意しなければなりません。

収益が低下する原因になる点を考慮して適切に活用する必要があります。

ファクタリングを上場企業が利用する魅力と注意点

ファクタリングは上場企業が利用しているケースもありますが、中小企業に比べるとあまり活発に使われているわけではありません。

上場企業になると株式を発行したり、銀行から融資を受けたりして資金調達をする方法を比較的簡単に使えるからです。

ただ、ファクタリングにも魅力があるのでポイントを押さえておいた方が良いでしょう。

上場企業にもさまざまな種類があり、他社からの依頼を受けてサービスを提供していたり、加工による製品製造をしていたりすることがよくあります。

売掛金が発生する事業をしている場合には、資金調達の方法としてファクタリングを利用することが可能です。

ただ、融資と違って売掛先の経営が優良かどうかが重要になる点には注意しましょう。

自社の経営が安定していても、売掛先の経営が不安定な場合にはファクタリングをするのが難しくなります。

ファクタリングを優良企業が利用するメリット

上場しているかどうかにかかわらず、優良企業として認められるくらいに安定した経営をしている企業もたくさんあります。

優良企業の場合にはファクタリングをしやすいかというとそうではありません。

大手企業の場合と同様に、売掛先の企業が安定経営をしていて確実に売掛金を支払えるかどうかがファクタリングのしやすさに影響します。

ただ、2社間ファクタリングの場合には優良企業の資金調達方法として有利になります。

2社間ファクタリングでは売掛先から債権回収をするのが自社になり、期日までにファクタリング会社に支払いをする必要があるからです。

優良企業であれば売掛先との信頼関係があって債権回収をおこなえる可能性が高くなります。

また、もし売掛金を回収できなかったとしても、事業を通して得られた利益から支払いができると期待してもらえます。

そのため、一般的に優良企業はファクタリングを使いやすいのが魅力です。

ファクタリングにかかわる大企業とはどのような意味があるのか

ファクタリングでは大企業の存在が重要な意味を持っています。

大企業は銀行融資を受けるのも比較的容易で、社債や株式発行による資金調達もできます。

業種によって違いはあるものの、下請けになることはあまりないので大企業はファクタリングをしづらいのが一般的です。

ただ、ファクタリングでは他社に依頼をして売掛金を発生させているケースが多く、他社にとっては信用性の高い取引先として重宝されています。

ファクタリングは大企業の売掛債権を使えば手数料が低く、審査も通りやすいからです。

大企業は中小企業を救うために取引をするという視点を持つことも重要です。

ただ、大企業もファクタリングをできないわけではありません。

売掛債権を売却して資金調達をおこない、事業を広げるのも重要でしょう。

大企業はファクタリングに関して二面的に考えていくことが大切です。

ファクタリングに関連する企業のまとめ

ファクタリングには関連する企業がたくさんあります。

企業規模や経営状況によってファクタリングによる資金調達に大きなメリットがあるかどうかが異なります。

また、売掛先としての役割も大手企業や優良企業の場合には重要です。

中小企業にとっては大手企業のように売掛金を確実に支払ってくれる売掛債権を持っているとファクタリングをしやすくなるからです。

中小企業にとっては自社のファクタリングによる資金調達を検討するのが重要でしょう。

中小企業は他の資金調達をするのが難しいことが多いからです。

下請けや仲介をしているときに売掛債権を持っていることが多くてファクタリングをしやすいでしょう。

しかし、上場企業や優良企業、大手企業の場合にはベストかどうかをよく吟味する必要があります。

銀行融資や株式発行などの選択肢も加味してファクタリングをすべきかどうかを考えましょう。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、企業にとってファクタリングは魅力があるの?規模による実態を紹介!…でした。

タイトルとURLをコピーしました