ファクタリングは資金繰りに有効なの?使い方のポイントを知っておこう!

ファクタリングによって資金繰りをする方法は中小企業庁でも推奨しています。

中小企業にとって資金繰りは大きな経営課題ですが、融資を受けられなくて困っていることもあるでしょう。

ファクタリングはどのようにして資金繰りを達成できる方法なのでしょうか。

この記事ではファクタリングによる資金繰りの特徴と、メリットやデメリットをわかりやすく比較して解説します。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

ファクタリングで資金繰りをする方法

ファクタリングによる資金繰りとは売掛債権を早期現金化する方法です。

製品を販売したときや、業務委託を受けたときには売掛債権が発生することがよくあります。

支払いサイトが設けられていて製品の代金は翌月払いになる、業務委託の報酬が成功後の支払いになるというのが典型例です。

しかし、製品を販売できたら再生産するために原料の仕入れをしたいでしょう。

業務委託を受けたときには業務を遂行するために人材を確保したり、資材を調達したりしなければならない場合があります。

その資金を即時調達できるのがファクタリングです。

ファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらうことで現金化できます。

本来は翌月以降に手に入れるはずだった現金が手元に入るため、キャッシュフローを改善することが可能です。

キャッシュフローの改善は資金繰りで重要なポイントなので、ファクタリングを活用すると財務状況を改善できる可能性があります。

ファクタリングで資金繰りをするメリット

ファクタリングで資金繰りをすると売掛債権の早期現金化ができるのがメリットです。

取引先によって支払いサイトが決まっていて、すぐに現金が欲しかったとしても翌月末日払いなどになってしまうことはよくあります。

業務委託を受けるときにも前払い金を受け取ることができず、納品してから支払いになることがあるでしょう。

このようなときにキャッシュの回収を加速させて、事業資金として速やかに活用できるのがファクタリングをするメリットです。

目下の課題として融資の返済や従業員の給与支払いなどが必要な場合にも有効活用できます。

また、ファクタリングは借り入れではないので自社の経営状況や信用情報の影響があまり大きくありません。

融資を断られてしまった場合でもファクタリングなら資金調達できる可能性が十分にあります。

資金繰りに欠かせない資金調達の方法として、特に融資を断られがちな中小企業にとって大きなメリットです。

ファクタリングで資金繰りをするデメリット

ファクタリングで資金繰りをすると収益が減少するのがデメリットです。

ファクタリングをするときにはファクタリング会社に手数料を支払う必要があります。

少なくとも売掛金の1%~2%くらいは負担が必要で、売掛債権の内容によっては10%以上の手数料がかかることもあります。

ファクタリングをすると売掛金の一部が手数料として失われることになるため、収益が減って経営が困難になるリスクがあるのがデメリットです。

ファクタリングを資金繰りに活用するときには、手数料分も利益を生み出すという視点を持つのが大切です。

また、ファクタリングによる資金繰りができるかどうかは自社よりも売掛先に依存する部分が大きいのが注意点です。

売掛先の経営状況が良好でないとファクタリング会社が売掛債権を買い取ってくれません。

資金繰りに使いたいと思っても、手持ちの売掛債権では対応してもらえないこともあるので気を付けましょう。

ファクタリングは資金繰りの改善に使うのが魅力的

ファクタリングを資金繰りに活用するときには根本的な対策をして改善を目指すのが魅力的です。

継続的にファクタリングをして資金不足にならないように対処することもできます。

しかし、毎回必ず手数料の負担があるので、収益が減って経営が困難な状況になるリスクがあります。

ファクタリングを通して早期現金化をすれば設備投資をしたり、人材を採用したり、インフラの改善をしたりすることが可能です。

このような投資資金の調達の目的でファクタリングを利用すると売上を伸ばして資金繰りを改善できます。

目の前に迫っている支払いに対応するためにファクタリングを利用することももちろん可能です。

しかし、最終的に資金繰りを改善する施策を進めなければ収益面で厳しい状況になるということは念頭に置いておきましょう。

ファクタリングを生かす資金繰りのまとめ

ファクタリングは売掛債権の早期現金化によって資金繰りを良くすることができるのが特徴です。

ファクタリング会社に売掛債権を即時買取してもらうことで現金を手に入れられるため、キャッシュフローが良好になります。

ただ、資金繰りの方法としてファクタリングを使い続けてしまうと、手数料が積み重なっていって経営破綻に陥るリスクがあるので注意しましょう。

一時しのぎとしてファクタリングを利用することもできますが、資金繰りの改善をする目的でファクタリングをするという視点が重要です。

設備や人材などの社内投資をするための資金獲得にファクタリングを利用すると資金繰りを改善できます。

ファクタリングを生かすには目の前の支払いに対応することだけにこだわらずに、中長期的な視野で資金繰りを改善するための手段として活用するのが大切です。

ファクタリングは現金の調達を早期化できるのがメリットだという点を念頭に置いて使い方を考えましょう。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、ファクタリングによる資金繰りのメリットとデメリットを比較して紹介!…でした。

タイトルとURLをコピーしました