債権回収とは?サービサーの役割や利用するメリット・デメリットを紹介!

債権回収とは何かを詳しく知りたいと思っていませんか。

債権を持っているときには知っておかなければならないのが債権回収の方法です。

債権回収をする努力をせずに済むのが理想的ですが、現実的には必要なケースも多々あります。

この記事では債権回収をしなければならないときがいつなのかを説明した上で、債権回収をする方法について解説します。

企業が債権回収の負担を減らす方法としてファクタリングも紹介するので参考にしてください。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

債権回収をしなければならないときとは

企業が債権回収をしなければならないのは、債権を持っているときに期日までに債務者が支払いをしてくれなかったときです。

取引先にサービスを提供して納品したら、翌月末までに支払いをするという契約をしていたとしましょう。

納品の翌月末までは支払いを待つことになりますが、その時点で支払いがなかったとしたら延滞になっている状況です。

このまま待っていても支払いがない可能性があるので、積極的に債権回収に乗り出さなければならない状況だと言えます。

銀行や消費者金融がお金を個人や法人に貸しているときに返済が遅れて債権回収をするというケースもありますが、企業間の取引でもこのような状況は珍しいことではありません。

ここで債権回収をせずに目を瞑ってしまうと支払いがなくて自社の損失になってしまうリスクがあるので気を付けましょう。

支払いが期日までにおこなわれなかったら債権回収をするのが重要です。

債権回収をするときに選べる方法

債権回収をするときにはどのような方法を選べるのでしょうか。

一般的に選ばれている方法は2つあります。

1つ目は債務者に対して直接連絡をして支払いを催促する方法です。

単純に支払い期日を忘れていただけで、リマインドのメールを送るだけですぐに対応してくれることもあります。

個人事業のようなケースでは病気になっていて支払いの対応ができなかったというケースもあるので、まずは連絡してみるのが良いでしょう。

ただ、確信犯的に支払っていない場合もあり、電話やメールで連絡をしても音沙汰がないこともあります。

2つ目はサービサーを利用する方法です。

サービサーとは債権回収を専門とする業者で、依頼を受けたら徹底して債権回収を進めてくれます。

直接連絡をしても音沙汰がなかったときには効果的な方法でしょう。

手数料はかかるものの、回収できたかどうかにかかわらず売掛金を支払ってもらうこともできます。

債権回収を担当するサービサーの役割とは

債権回収を専門業務としているサービサーはどのような役割を果たしているのでしょうか。

債権回収は取引先に対して連絡をすれば解決するのが理想的ですが、なかなか期待通りにはなりません。

取引先の経営が苦しくてどうしても払えない状況があり、長い付き合いだから話を切り出せないといったこともあります。

しかし、債権を持っている企業にとってはすぐにでも現金がないと支払いができないといった切実な状況に立たされている場合もあるでしょう。

サービサーはこのようなときに間に立ってくれるのが特徴です。

サービサーの役割は債権回収を引き受けて債権者の資金不足を解消することがまず挙げられます。

さらに債務者に対して事情のヒアリングをして、支払いができるように相談に乗ってくれます。

サービサーによって債務者への対応は異なり、強制的に回収しようとするケースもあるので一概には言えませんが、両社にとってメリットになる形を作る役割を果たしているのが一般的です。

債権回収をせずに済むファクタリングとは

債権回収では取引先に何度も支払いを求めたり、サービサーに相談して取引をしたりするのが大きな負担になります。

時間も手間もかかるので、できることなら債権回収をせずに済むように対処するのが理想的でしょう。

企業において債権回収が必要になるケースとして多いのは、売掛債権の回収ができなかったときです。

この際にはファクタリングを利用すれば債権回収の負担をなくすことができます。

ファクタリングをすると売掛債権をファクタリング会社に売ってしまうことができるので、債権回収をする必要がなくなります。

債権を譲渡する登記手続きをする仕組みになっていて、取引先の企業が売掛金を支払う先がファクタリング会社になるのが特徴です。

この方法は3社間ファクタリングと呼ばれていて、契約の時点で売掛先の企業に確認を取るか通知をすることが必要になります。

3社間ファクタリングをすれば債権回収で苦労することはなくなるので安心です。

債権回収の困難さとファクタリングの魅力のまとめ

売掛債権などの債権を持っているときに債務者が支払ってくれなかったときには債権回収をしなければ損失になってしまいます。

しかし、債権回収の方法は限られていて、債務者に催促をして支払ってもらおうとしても音沙汰がなくて困ってしまうことも稀ではありません。

このような際の打開策として活用できるのがサービサーで、債権回収の専門会社として対応してくれます。

サービサーに依頼すれば売掛債権の回収をスムーズにおこなってくれるだけでなく、必要に応じて先払いで売掛金から手数料を引いた分を払ってもらうことも可能です。

ただ、サービサーに依頼するのも大きな手間がかかり、資金回収を急がなければならないときには大変になりがちです。

債権回収で厳しい状況にならないためには、早めにファクタリング会社に相談して手を打ちましょう。

3社間ファクタリングにすれば債権回収はファクタリング会社が担当してくれるので安心です。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、債権回収にはどのような方法がある?ファクタリングとの関係を知ろう!…でした。

タイトルとURLをコピーしました