融資を受けられなくてもファクタリングはできるのかどうかを詳しく紹介!

融資とファクタリングは何が違うのかがよくわからずに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

融資とファクタリングは金融の面から見るとまったく異なるサービスです。

しかし、資金調達という角度から見ると似ている部分も持っています。

この記事では融資とファクタリングの類似点と相違点についてまとめました。

資金調達をするときに使い分けると有用なので、詳しい事情を確認しておきましょう。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

融資とファクタリングの決定的な違い

融資とファクタリングの決定的な違いをまずは理解しておきましょう。

融資は借り入れなのに対して、ファクタリングは権利の売却なのが違いです。

融資は金融機関との契約によってお金を借ります。

借りたお金は契約に基づいて返済していかなければなりません。

一般的には毎月元本の一部と利子を支払っていく必要があります。

しかし、ファクタリングでは売掛債権の権利を譲渡する代わりに代金を受け取る仕組みになっています。

売掛債権があれば売掛金を支払期日には手に入れることが可能ですが、早急に現金が必要なこともあるでしょう。

ファクタリングは売掛債権の早期現金化をするための手段です。

売掛債権をファクタリング会社に売却し、すぐに現金を調達できる仕組みになっています。

ファクタリングでは債務を負うことはなく、継続的な返済も必要がありません。

一括して取引できる点でファクタリングはシンプルになっています。

融資とファクタリングが似ているところ

融資とファクタリングでは似ているところもあります。

類似点としてよく話題になるのは現金を調達できることです。

融資でもファクタリングでも審査を受けることになり、審査が通ったら現金を手に入れられます。

資金調達方法として融資とファクタリングのどちらが良いのかが悩みになってしまう原因は、どちらも審査さえ通ればすぐに現金が手に入るという類似点があるからです。

ただ、融資とファクタリングは性質が違うのは上述の通りです。

融資は借り入れなので、今後返済を続けられる事業状況かどうかを厳しく審査されます。

ファクタリングの場合には売掛債権の売却なので、売掛債権の信用度についての審査がおこなわれるのが特徴です。

どちらの場合にも資金調達ができるのは同じですが、他には共通点があまりありません。

融資の際に売掛債権があるから売上が入る見込みがあるという根拠で審査が通る可能性があるというくらいです。

融資を断られてもファクタリングはできる

融資を断られてしまって資金調達が難しくなったということはよくあります。

銀行はシビアな視点で融資をしているので、今後の事業展望が明るくて確実に支払えるという根拠がないとなかなか融資をしてくれません。

しかし、融資を断られたとしてもファクタリングはできることがよくあります。

ファクタリングの場合には事業状況よりも売掛先の支払能力が重要だからです。

極端に言えば、ファクタリングを申し込んだ会社が倒産したとしても、売掛先が売掛金をきちんと支払ってくれればファクタリング会社は損をしません。

そのため、融資をしても返済できないという判断になった会社でも、優良な売掛債権があればファクタリングをすることが可能です。
実際には融資と断られて途方に暮れていたときに、ファクタリングを知って申し込んだという事例もたくさんあります。

融資を受けられてもファクタリングができないこともある

ファクタリングはいつでもどのような会社でも利用できるというわけでもないので注意しましょう。

たとえ融資を受けられる会社だったとしても、ファクタリングの審査が通らずに利用できない場合があります。

融資とファクタリングでは審査している点がまったく異なるからです。

融資を受けられる会社は経営が安定していて利益を確保できています。

その利益を返済に使えるという判断で銀行は融資を実行しています。

しかし、ファクタリングではどれだけ経営が安定していたとしても、売掛先が支払いをおこなえなければ意味がありません。

売掛先が安定経営で利益を得ていることが重要です。

そのため、融資を簡単に受けられる会社でも、売掛先に不安がある債権ではファクタリングができません。

融資とファクタリングではまったく性質が異なるので、資金調達をするときにはそれぞれの特性を考慮しましょう。

融資とファクタリングの関係性についてのまとめ

融資とファクタリングでは類似点も相違点もあるため、使い方はよく吟味して決める必要があります。

資金で困ったときに現金を調達する手段になるという点では融資もファクタリングも同じです。

ただ、融資の場合には自社の売上利益があって返済できるかに着目して審査しているのに対して、ファクタリングでは売掛先が安定経営をしていて売掛金を支払えるかを審査基準として重視しています。

お金を借りるか、売掛債権を売却するかという性質の違いがあるからです。

そのため、融資を断られてもファクタリングはできる、ファクタリングを断られても融資は受けられるということもよくあります。

資金調達をしたいときにはこのような融資とファクタリングの違いを認識するのが大切です。

類似性を持ちながらも大きく異なる性質を持っている融資とファクタリングをうまく使い分けていくのがおすすめです。

どちらか一方が優れているというわけではないので、状況に応じて活用していきましょう。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、融資はファクタリングとは違う?類似点と相違点をわかりやすく解説!…でした。

タイトルとURLをコピーしました