請求書買取サービスとは?ファクタリングとの関係をわかりやすく紹介!

請求書買取サービスとはどのような対応をしてくれるサービスなのか、興味を持っている人もいるでしょう。

事業を進める上で必要な資金がなくて苦しんでいる状況にある場合には、請求書買取サービスは魅力があります。

今後の事業拡大のために現金の調達が必要な場合にも有効活用できるサービスです。

この記事では請求書買取サービスの概要とメリットデメリットを紹介します。

ファクタリングとの関係について解説するので参考にしてください。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

請求書買取サービスは請求書を現金化できるサービス

請求書買取サービスとは請求書を現金にすることができる買取サービスです。

他社との取引では製品を販売したり、サービスを提供したりしたときには代金を受け取れます。

そのために請求書を発行しますが、一般的には支払いサイトを設けてしばらく先に支払い期日儲けます。

取引先としてはキャッシュをできるだけ手元に置いておきたいので、支払い期日のギリギリになってから代金を支払うのが常套手段です。

しかし、事業を進める上ではすぐに現金を手に入れたい場合があります。

その際に請求書買取サービスを利用すると、発行済みの請求書を利用して現金を調達することが可能です。

請求書が発行されていれば取引先から支払いがあるはずだと考えられるでしょう。

そのため、請求書買取サービスでは請求書に基づく請求の権利を買い取る代わりに、請求額の一部を提供するという仕組みでサービスを提供しています。

請求書買取サービスを利用するメリット

請求書買取サービスを利用すると現金を早い段階で調達できるのがメリットです。

請求書を発行しても1ヶ月くらい入金してもらえないことが多いでしょう。

月末締め、翌月末場払いというのが典型的なので、製品を販売したりサービスを提供したりしたのに現金が手に入らない状況がしばらく続きます。

財務上は経営状況が良好だったとしても、現金がなくて従業員に給与を出せないといった問題が起こることもあります。

しかし、請求書買取サービスを利用すれば、請求書が発行済みならすぐに現金にすることが可能です。

請求書買取サービスは迅速に対応してくれることが多いため、早ければ申し込んだ日のうちに現金を手に入れられるのもメリットです。

また、請求書を買い取ってもらう形になるので、融資とは違って返済をする必要もありません。

あくまで請求書に記載されている通りの金額が請求先からサービス会社の手に渡る仕組みの取引になっています。

請求書買取サービスを利用するデメリット

請求書買取サービスはデメリットも考慮して利用する必要があります。

請求書買取サービスを利用すると必ず手数料を負担しなければなりません。

業者によって手数料の提示の仕方には違いがありますが、買取率が95%あるいは手数料が5%といった表現をしているのが一般的です。

つまり、買い取ってもらう請求書の金額に比例する手数料を業者に支払わなければなりません。

本来、請求先から直接支払いを受けていれば、この手数料は支払う必要がないものです。

請求書買取サービスを利用して先に現金を手に入れられるようにしたために発生したコストです。

請求書買取サービスを利用して多額の調達をすると手数料が大きくなり、収益に大きな影響を与える可能性があります。

一般的には少額のときの方が手数料率が高くなるため、請求書買取サービスを少額で多用するとさらに負担が大きくなってしまうのがデメリットです。

請求書買取サービスとファクタリングの関係は?

請求書買取サービスファクタリングと何が違うのかが気になった人もいるでしょう。

ファクタリングは一般的に売掛債権を買い取ってもらって、現金を手に入れる取引です。

結論としては請求書買取サービスはファクタリングの一部ですが、まったく同じというわけではありません。

ファクタリングでは売掛債権の根拠を何にするかが会社によって異なります。

請求書買取サービスは発行済みの請求書を根拠書類として提供しているファクタリングです。

しかし、ファクタリングでは請求書だけでなく契約書や注文書、発注書などを根拠にして買い取っていることもよくあります。

請求書を発行できる段階になっていれば売掛金が支払われる可能性が高いため、一般的に手数料が少なくて済みます。

しかし、発注を受けた時点で資金がないと資材を調達できないといった問題が起こることもあるでしょう。

このような際にも対応できるファクタリングもあります。

請求書買取サービスとファクタリングの関係のまとめ

請求書買取サービスは発行済みの請求書を買い取ってくれるサービスです。

請求書を発行してから支払われるまでには長い期間がある場合が多く、支払いサイトが長いとなかなか現金が手に入らないという問題があります。

従業員の給料の支払いなどのように現金が必要なシーンで手持ちがないと対応が困難です。

請求書買取サービスはこのような際に支払い期日になっていない請求書を買い取ってくれるのが魅力です。

請求書買取サービスを利用するときには手数料がかかるデメリットがありますが、現金で困っているときに最短即日で現金を調達できるのは大きなメリットです。

請求書買取サービスはファクタリングの一種で、ファクタリングなら請求書を発行していない段階でも現金化ができる可能性があります。

発注書や注文書などを証拠書類として売掛債権を買い取ってくれるサービスもあるので、併せて検討してみましょう。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、請求書買取サービスを活用しよう!メリットもデメリットも徹底解説!…でした。

タイトルとURLをコピーしました