給料ファクタリングは誰でも気軽に利用することができるサービスなの?

急に現金を用意しなければいけなくなった時に使えるサービスが、給料ファクタリングです。

給料ファクタリングとは、給料日に支払われる予定の給料の一部を債権として買い取って貰うことで、現金を手にできるサービスです。

利用をする際には審査を受ける必要がありますが、審査をクリアできれば最短5分など素早く現金を振り込んで貰えることで人気となっています。

そんな給料ファクタリングの仕組みや、利用をするための条件などを簡単に説明していきましょう。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

給料ファクタリングはどんな仕組みで現金を用立てるサービスなの?

ファクタリングとは、将来的に現金となる売掛金を売却し現金を作る手段です。

売掛金を使ったファクタリングは、企業や事業者向けのサービスとなっています。

そんなファクタリングを個人でも利用できるようにしたサービスが、売掛金の代わりに給料を使って行う給料ファクタリングです。

給料日になると振り込まれる給料の一部をファクタリング業者に売却することで、すぐに現金を入手することができます。

給料の前借りをしたくても、勤務先が前借りを認めていないということは珍しくありません。

そんな人でも、業者を通して行う給料ファクタリングであれば、前借りのような感覚で手軽に現金を手にすることができます。

給料ファクタリングを利用した際に、振り込まれる金額は手数料を差し引いた金額です。

そのため、手にする金額は多少少なくなりますが、どうしてもお金がないという時や、今すぐ現金が必要な時にはとても頼りになるサービスです。

給料ファクタリングを利用するためにはどんな条件が必要になるの?

給料ファクタリングを利用するために必要となるのは、仕事をして給与収入を得ていることです。

仕事をしていない人や、給料収入がない人は利用をすることができません。

この時に重要となるのは、安定した収入があることです。

正規雇用でしっかりと働いている人しか利用できないのではないかと考える人もいますが、契約社員や派遣社員は勿論、アルバイトやパートでも利用できることが殆どです。

利用をするために重要となるのは、雇用形態や年収よりも安定感です。

短期アルバイトを転々としている場合は、安定した給料を得ているとはいえないため、利用は難しくなります。

それに対し、毎月の収入は少なめでも、同じ職場で長く働き続けている人であれば、給料ファクタリングを利用できる可能性が高くなります。

ただ、利用条件や審査基準は業者によって異なるものです。

雇用形態や勤続年数に不安がある場合は、現在のステータスでも利用可能な業者がないか探すところからスタートすると良いでしょう。

給料ファクタリングならブラックリスト入りしている人でも利用できるって本当?

給料ファクタリングの特徴は、信用情報の照会を行わないことです。

消費者金融などを利用する場合は、審査の段階で信用情報の照会が行われます。

借入の返済やクレジットカードの支払いに遅れがあれば、そのことで審査落ちしてしまうことは珍しくありません。

多少の遅延は多めに見て貰えることもありますが、債務整理などの金融事故を起こしている人は、審査が甘いという業者を選んでも落ちてしまう可能性が高くなるものです。

そんな信用情報に問題がある人であっても、信用情報の照会がない給料ファクタリングであれば、審査に通る可能性があります。

ブラックリスト状態で、消費者金融を利用できないと悩んでいる人は、給料ファクタリングの利用を考えてみると良いでしょう。

給料ファクタリングは、信用情報の照会を行わないだけでなく、利用をしてもその記録が残らないというメリットもあります。

そのため、信用情報をこれ以上汚したくないという場合にも、最適なサービスとなっています。

給料ファクタリングでの審査落ちを防ぐために有効な対策法とは?

信用情報に問題があっても利用可能など、ハードルの低さで人気となっている給料ファクタリングですが、審査落ちをしてしまう人というのも意外と多いものです。

審査落ちに対し不安を感じる場合は、複数の業者で審査を受けるという方法もありますが、利用したい業者が既に決まっている場合は書類の準備に力を入れておくと良いでしょう。

給料ファクタリングでは、運転免許証などの本人確認書類と保険証・給与明細などの書類提出が必要となります。

保険証に関しては、国民健康保険よりも社会保険の方が審査に通りやすくなりますが、雇用形態によっては社会保険加入ができないということもあるでしょう。

社会保険加入ができないなど条件が弱い人であっても、3ヶ月分の給与明細を求められているのであれば半年分を用意するなど、書類を多めに用意すれば審査落ちしにくい状態を作れます。

もしくは、希望金額を少なめにしておくという方法も良いでしょう。

困った時には給料ファクタリングの活用を考えることがおすすめ

給料日前に給料の一部を買取して貰える給料ファクタリングは、今すぐに現金が必要になった時や、事情があって消費者金融などを利用できない時に頼りになるサービスの一つです。

給与収入を得られる仕事をしていることが条件となりますが、アルバイトやパートのような雇用形態であっても業者によっては利用可能です。

雇用形態などの問題で、審査に対する不安がある場合は、給与明細など提出書類を多めに用意しておく、希望金額を少なめに設定するなどの対策で審査に通りやすい状態を作ることができます。

そんな給料ファクタリングの特徴が、信用情報に影響を与えないことです。

審査の際に信用情報の照会が行われないだけでなく、利用をした記録が信用情報に記載される心配もありません。

そのため、大きな金融事故を起こした人であっても、給料ファクタリングであっても利用ができる可能性があります。

手数料は必要となりますが、メリットも多いため、困った時には給料ファクタリングの利用を検討しておくと良いでしょう。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、給料ファクタリングなら突然現金が必要になった時などに頼りになる…でした。

タイトルとURLをコピーしました