ファクタリングは建設業にとって数多くのメリットがある注目のサービス

売掛金を現金にできるファクタリングは、建設業で注目されているサービスです。

「ファクタリングは建設業に欠かせない」ともいわれるほど相性が良いため、これからさらにサービスは浸透していくでしょう。

いったいなぜそこまでファクタリングが建設業に必要なのか、それにはもちろん理由があります。

そこで、ファクタリングが建設業でよくおこなわれる理由について詳しく紹介します。

建設業は売掛金が多く発生する業界だからファクタリングが役立つ

建設業は各業者同士で受発注することが非常に多い業界なので、その分売掛金も発生しやすいです。

たとえば下請けに外注したり、逆に元請けから受注したりなどです。

このような取引のたびに売掛金が発生するため、他の業界と比べて売掛金の発生する機会が頻繁にあります。

ファクタリングは売掛金を現金にするサービスなので、売掛金が多いと必然的に役立ちます。

しかも、建設業は業界の性質上、1回の取引で動く金額が大きいです。

かなりの額になることもめずらしくないため、その金額に比例してファクタリングの額も大きくなります。

建設業者が資金のやり繰りに手を焼いている時は、売掛金の現金化を真っ先に検討することがめずらしくありません。

売掛金はいずれ現金化できますが、それだと遅くて間に合わない場合があります。

売掛金を早く現金化するのに、ファクタリングは最適な手段です。

建設業は売掛金が多く発生する業界なので、ファクタリングに興味を持つ建設業者が少なくないのです。

早くお金を用意できるのがありがたい建設業のファクタリング

建設業のファクタリングは、早くお金を用意できることも魅力の1つです。

建設業は仕事の受発注のタイミングでお金を必要としますが、そのお金を用意するのに大切なのは早さです。

もちろん長期的な経営資金も必要ですが、それよりも目の前の仕事に費やすお金を早く用意することが大事です。

早くお金を用意したい場合、銀行など金融機関から融資を受けるのをのんびりと待っていられません。

銀行などの金融機関は貸し渋る傾向がありますし、そうではなくても手続きや審査には短くない期間を要します。

融資が受けられなくて手をこまねいている間に、ビジネスチャンスを逃してしまう恐れがあります。

その点ファクタリングなら、それほど待たされることなく早くお金を用意することが可能です。

申し込んでからほとんど日が経たないうちにお金を用意できるケースもめずらしくありません。

融資を受けるよりも早くお金を用意できるため、建設業者にとってはありがたいサービスです。

審査の心配がほぼないファクタリングは建設業向き

銀行など金融機関から融資を受けるのと決定的に違うのは、審査に対する心配がほぼないことです。

ファクタリングに審査がないわけではありませんが、審査されるのは自社ではなく売掛先です。

そのためたとえ申し込んだ自社が赤字でも、それを理由にファクタリングを利用できないことはほとんどありません。

あくまでファクタリングは売掛金の売買なので、自社の経営状態は審査に関係しません。

中小の建設業者は経営に苦しむことがよくあるため、お金が必要でも金融機関から融資を断られるケースがあります。

それだといつまで経ってもお金を用意できませんが、ファクタリングなら安心です。

なぜなら自社の経営状態に左右されることなく、ファクタリングを利用できるからです。

そのため審査の心配がほぼないファクタリングは、建設業向きのサービスだといえるでしょう。

建設業は売掛金の支払いサイトが長いのでファクタリングが効果的

お金を受け取る側にとって売掛金の支払いサイトは短いに越したことありませんが、建設業は支払いサイトが長いことで有名です。

たとえばお金を受け取るまで、約3ヶ月かかってしまうケースもあるほどです。

資金繰りが順調なら売掛金の支払いサイトが長くてもそれほど困りませんが、そうではないとあっという間に窮してしまいかねません。

他業界と比較しても、売掛金の支払いサイトは長い傾向です。

支払いサイトが長いことが影響して資金不足に陥ってしまうのは、正直納得できないでしょう。

そんな建設業の支払いサイトが長い問題を解決するのが、ファクタリングのサービスです。

支払いサイトが長い売掛金をファクタリングで早々にお金に換えてしまえば、支払いが原因の資金不足に悩みません。

あらかじめリスクに備えられるため、建設業者の間でファクタリングが注目されています。

ファクタリングは建設業にとってのメリットが多い

ファクタリングは業界に関係なくメリットがありますが、建設業にとっては特にメリットが多いです。

そもそも建設業は売掛金が発生しやすい業界なので、その分ファクタリングの機会も少なくありません。

また、建設業は短期的に資金を必要とすることが多いため、早くお金を用意できる点もメリットです。

しかも、ファクタリングを利用するにあたり審査の心配がほぼない点も、資金繰りに苦しむ建設業の中小企業にとってありがたいことです。

ファクタリングが建設業で注目されよく利用されるようになってきたのは、これらのメリットがあるからです。

建設業専門のファクタリング会社があることからも、需要が徐々に高まっているとわかります。

人手不足や資材の高騰など建設業は非常に厳しい状況に置かれているので、ファクタリングはますます注目される見込みです。

以上、ファクタリングは建設業にとって数多くのメリットがある注目のサービス…でした。

タイトルとURLをコピーしました