運送業は資金繰りで苦労する場合が多いためファクタリングの利用に適している

運送業を営む企業の中には、ファクタリングを利用している場合も多く見られます。

では運送業でファクタリングが多く利用されている背景には、どのような理由があげられるのでしょうか。

そこには運送業ならではの事情があることを理解して、どのようにビジネスを展開していくべきなのか考えていくことが大切です。

実際にファクタリングを利用する場合には、状況に合わせてより良い形で利用できるように考えていくことを忘れないようにしましょう。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

運送業ファクタリングでどれだけ多くのドライバーが助かるのか?

運送業でファクタリングが多く行われている理由の1つが、資金繰りで苦労するケースが多いという点です。

実際に事業を請け負ったとしても、すぐに利益が出るわけではなく、売掛金は月末締めで2ヶ月後に入金される場合が多いのが運送業ならではの特徴です。

月末締めの2ヶ月後に入金されるということは、月初めに請け負った仕事であれば実際に利益が出るのは3ヵ月近く後になってしまいます。

売り上げから入金までの期間が長いため、資金繰りに苦労するケースが多いと押さえておきましょう。

ですが支払いが3ヵ月近く先の売掛金があったとしても、ファクタリングを利用すれば早期に資金化が可能です。

期日より早く資金を得ることによって、経費や給与の支払いを滞りなく行うことにもつながります。

実際に利用する場合には、ファクタリングの特徴をよく確認して状況に合わせて利用することが大切です。

手数料や資金化までのスピードを比較することも忘れてはいけません。

運送業 ファクタリング②

運送業でファクタリングが多く利用される理由には、輸送費が変動しやすいという事情もあげられます。

事業用のトラックには軽油が使われているケースが多く、軽油は価格が変動しやすくなっています。

安い時期にまとめ買いができるようなものではないため、軽油などの燃料費の高騰は運送業にとって常に気を付けなければならない出費の1つです。

値動きが大きい場合には、想定より多くの出費が出てしまって資金繰りで大変な思いをする場合も珍しくありません。

急な燃料費高騰で資金繰りが大変になった場合でも、ファクタリングを利用して必要な資金を早期に確保することが可能です。

実際にファクタリングで得た資金は、用途が指定されているものではありません。

そのため燃料費の高騰への対応など、資金繰りで苦労している理由に合わせた形で利用できます。

また燃料費は常に変化しているため、状況を見極めてどのような対応が必要か考えていくことを忘れないようにしましょう。

運送業 ファクタリング③

運送業で注意が必要なポイントの1つが、毎月のように固定の支払いだけではなく、突発的な支払いが発生するリスクもあるという点です。

例えば車両が故障してしまった場合、修理費や新たな車両の手配などでお金がかかります。

また事故が起きてしまった場合、運転手の治療費、相手への賠償などの費用が発生するリスクもあります。

運送中に運んでいる荷物に何らかのトラブルがあった場合、荷物の弁償をしなければならないケースも見られます。

このように運送業は突発的な支払いが発生することもありますが、突発的な支払いに対して銀行融資を利用しようと思っても、審査などで時間がかかるかもしれません。

そこでスピーディーな対応が可能なファクタリングを利用するのも1つの手です。

ファクタリングを利用するメリットの1つが、申し込み当日の資金調達も可能だという点です。

急な出費が必要な場合でも、即日の資金調達が可能なファクタリングを利用すれば、トラブルを早期解決できる可能性があります。

運送業 ファクタリング④

ファクタリングは売掛金を早期に現金化できる資金調達方法です。

期日まで待たなくても売掛金を現金化できるというメリットがある一方、手数料などの支払いで損をするから利用するかどうか迷っているという場合もあるでしょう。

実際に利用するか迷っている場合であれば、運送業におけるファクタリングの活用例を参考にしながら検討していくのも1つの手です。

実際に運送業でファクタリングを活用したケースには、車両の修理費を工面したという事例もあれば、外注費の支払いに利用したという場合もあります。

同じ運送業でもファクタリングを利用したケースにはさまざまな例が存在し、特定の用途で使わなければならないという決まりはありません。

そのため運送業でファクタリングを利用するか迷っているなら、状況を整理して考えることも必要です。

銀行融資の審査を待っていたら支払いに間に合わないというような状況なら、ファクタリングが適している可能性もあります。

運送業 ファクタリングまとめ

運送業でファクタリングが活用されることが多い主な理由は、資金繰りで苦労することが多いというものです。

業務を請け負ったとしても、運送業では支払いが月末締めの2ヶ月後となるケースも多く見られます。

月初めの仕事だと3ヶ月後の支払いになるため、資金繰りで苦労するケースも見られます。

また燃料費の高騰や事故などが原因の突発的な支払いが発生する可能性があるのも運送業ならではの特徴です。

さまざまな理由から資金繰りに苦労することが多い運送業では、ファクタリングを利用して売掛金を早期現金化するのも1つの手です。

実際にファクタリングを利用する場合、資金の用途に指定はありません。

そのため個々の状況に合わせて、必要な支払いに利用できます。

融資よりスピーディーな資金化が可能などのメリットを活かして、状況に合った形でファクタリングを利用しましょう。

手数料などの問題も考慮したうえで、どのような形で利用するか検討していくことも大切です。

  • プロテクトワン
    詳細はコチラ
  • ベストファクター
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ

以上、燃料費の高騰や事故などの急な支払いにも運送業ファクタリングで対応できる…でした。

タイトルとURLをコピーしました